♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Eclipse TD508 mk2, mk3
0sp_01_20130628020047.jpg

やっと念願の、イクリプス Eclipse TD508 mk3 ホワイト・ペアが新品同様 67,000 円という値段で手に入れられました!そして、この最新の mk3 はディスクトップ用スピーカーとして設置する予定です。そして mk2 を以前から設置してあるサラウンド用フロントスピーカーのボーズから変更する予定です。メインスピーカーは、ECLIPSE TD712Zを使っているので揃えたいところなんです!

0sp_02_20130628020045.jpg

そう、前面スピーカーに関しては全てイクリプス・シリーズに統一する事にしました。吊る予定なので本来は大きいTD510MK2モデルを考えていたのですが安全の為、小型タイプに決定しました。設置とか後々の危険性も考えると大型のは重量が心配です。

0sp_03_20130628020044.jpg

ペアで新品同様で、この価格は安い!ちなみにEclipse TD508 mk2の方は天吊り用金具付きで46,500 円にて手に入れています。この天吊り金具もペアだと1万円近くするんですよね!その金具込みだと旧モデルとは言え、お買い得!

0sp_04_20130628020042.jpg

さて、梱包から出します!コーン紙がむき出し状態なので注意して取り出します。

0sp_05_20130628020041.jpg

旧モデルと比べると若干大きくなった感じ!音質も更に向上したとの評価が出ていますね!

0sp_06.jpg

メグと比べると、ドッコイドッコイです^^;

0sp_07.jpg

リブは発砲スチロールの方に興味があるのか?

0sp_08.jpg

こちらの最新モデルTD508 mk3は、使う頻度が高いディスクトップ用。この上のモデルも考えたのですが流石に机の上に設置するには大き過ぎるようなので諦めました。しかも耳元に近すぎますw

0SP_00.jpg

机に常備するスピーカーは、やはりこのクラスまででしょう!これ以上大きいと威圧感有り過ぎます。これより小さいと少々力不足ではないでしょうか?デザイン的にも美しくお気に入りです。勿論、音質も!近くで鳴らしていますが、耳当たりが良く長時間、仕事をしながら聞いていても心地よいのです。

0sp_09.jpg

さて今度はサラウンド用スピーカ。これまで天井に設置してあったボーズを外して来ると...埃の山!!14年間一度も掃除らしい掃除はしていなかったからなぁ〜^^;

0sp_11.jpg

ボーズを外して掃除。埃が凄かった^^;他にも埃があるところを発見したので、そこも掃除しました。予定外の掃除が入って少々時間が掛かりすぎ!

0sp_12.jpg

天吊り用、金具は用意してあるのでサッサと設置作業に進みます。

0sp_13.jpg

カバーを外して、脱落防止用ワイヤーも外します。取説が少々判りづらいんですよね...

0sp_14.jpg

天吊りし易いように一旦スタンドからスピーカー本体を外します。コーン紙には注意!

0sp_15.jpg

ばらした状態です。

0sp_16.jpg

取り付け金具を天井に...ただ想定外の問題が発生!何故ならボーズの天吊り用金具を外すと裏板が遊んでしまい、新しい金具を取り付ける事が出来ません!裏板が固定されていないので固定できなくなってしまいました!そこで...

0sp_10.jpg

近くにあるダウンライトを外し、そこから手を入れて補強木っ端をカマします。これは最初に工事したリフォーム業者の手抜きです。天井の、この部分は、それ相応の範囲でコンパネがあると想定していました...確か、そのように頼んであったはず!他にも結構、駄目工事が後から発覚したんだよな...

0sp_18.jpg

ダウンライトの穴からカメラを入れて撮影してみると...案の定...なんで、こんな所を手抜きするんだろう?工事中はちょくちょく視察していたんだけれど...これは気がつかなかった。骨格にコンパネ止めとけば済んだ事なのに馬鹿者!と言っても解決にはならず...

0sp_17.jpg

それでも、なんとか手を入れて木っ端を噛ませてベース金具を取り付ける事ができました。なんと左右共に、この作業が必要になりました!まったく酷いものです。下らない所で手抜きをするもんだ...だから後々困る事になる。リフォーム業者に関わらず、やっつけ仕事、その場仕事が多いんですよね...

0sp_19.jpg

スタンド部分は無事ガッチリ取り付ける事ができたので次は重たいスピーカー部分です。作業中、一番緊張する場面です。落とさないように!慎重に作業を進めます。不安を感じたら一次中断して休み焦らず的確に...

0sp_20.jpg

しっかり補強したの強度を十分にして取り付けられました。それにしても、この上のモデルにしなくて良かった!TD510MK2だったら更にしっかりした補強工事が必要になるところです...それはチョットしんどいwまた強度的に不安が残ったでしょう...天井に吊ってあるのですから多少の事では落ちてきては困ります。危険!シッカリ吊り付けます。

0sp_21.jpg

この状態なら最悪は天井の骨と一緒に落ちる事になるでしょう!スピーカー部分がポロッと落ちてくることは、まず無いはずです。それにしても取扱説明書、もう少し判りやすく解説できるはずです。ミヤモト・デザインなら完璧な取説が創れます。取説にある図解と方法展開のイラスト、説明文の表現が甘いです。できるだけ要所の図解を多くしないと!

0sp_22.jpg

反対側のスピーカーも同様な作業をし、これで前方サラウンド用スピーカーの設置が完了しました。書くと簡単ですが面倒!でも、それなりに楽しかった^^作業する前は、いちもつの不安がありましたが、なんとか設置できてホットしております。何事も、やってみないと判らないですねぇ〜業者に頼めば数万円はかかる作業でしょう^^;しかも良い運動になりました。次の日...身体や指先が痛いw

_Audirvana_Plus01.jpg

丁度、 Audirvana_Plusのバージョンアップのお知らせが!スピーカーも変えたので早速バージョンアップして聴いてみる事に...

_Audirvana_Plus02.jpg

_Audirvana_Plus03.jpg

_Audirvana_Plus04.jpg

なかなか良い感じでなっています!いやぁ〜嬉しい♪


   

テーマ:ホームシアター&AV機器 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する