♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Roland R-26
0R26_01.jpg

またもやお届け物、到着!箱を開けると...どうやら録音機のようだ!しかもRoland R-26と書いてある。え〜っと確か...遡ること7年前に、EDIROL R-09 を買っていたよね!まあ7年も前の話になっちゃうんだね...そして時は流れて...4年前には、MR-1 1-Bit MOBILE RECORDERってのも買ったんだよね!そして、比較的最近になって「SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50」を買ったよね?これは1年前だね。そして、そしてだ、近々では8ヶ月前に「KORG MR-1000」を手に入れたんじゃなかったっけ?

0R26_02.jpg

おっと、どうやら新品?いえ、新品同様の中古です。購入価格は2.8万円です^^;通常よりズーッと安いですwだから手を出しちゃいました(笑)。確かに録音機を、こんなに持っていても実際に使うのは多くの場合、1機種です。でもね...欲しいんです。しかも相場より安いとついつい...もう当分買いません><

0R26_03.jpg

普通なら4万円超えするのが2.8万円って我慢できませんでしたw 御覧のように新品同様なんですもの...それに6チャンネル同時録音できるのは、この機種だけなんですよ!持っている録音機では...

0R26_04.jpg

確かに、この機器で稼ぎは無いですから完全に趣味なんですけどね...今ならiPhone,iPadでだって、やろうと思えば96kHz/24bit録音は出来ちゃいますから...それには、それ相応の高音質で録音できたり、マイクを選んで使えたりしますから...と、苦しい良いわけを...

0R26_05.jpg

同時に最大6トラック、3ペアのステレオ録音が可能ってのが良いんです。指向性マイク(XY)と無指向性マイク(OMNI)は内蔵しています。それ以外に外部マイクが使える!これはマルチ録音と言っても同時録音のみ対応で、6トラック録音し録った音を後で欲しい結果を選択できるといった使い方。

0R26_06.jpg

しかもアナログ外部入力は、キャノンと標準プラグの両用!許容入力は24dBu。インピーダンスは5kΩ以上、ファンタム電源にも対応。録音待機状態にしておけば、録音ボタンを押したタイミングから2秒間さかのぼって録音される「プリ・レコーディング機能」も使えます。なにより大きなボリュームやタッチ液晶が感覚的に非常に使いやすい!これは、とても大切。

0R26_07.jpg

SONYの機器と比べると全体的にプラスチック素材が多いので高級感が乏しいのが残念。「KORG MR-1000」でもバランス接続可能なのですが録音できるのがステレオワンセットなのでバイノーラルと通常録音が欲しい時とかは辛い!やはり通常録音も必要な時があるんですよね。手間を考えると一度で済ませられるメリットは大きい!

0R26_08.jpg

USB接続可能、ストレージデバイス、オーディオインターフェース接続どちらかを選択します。オーディオインターフェース接続ならファントム電源電源対応ステレオ・マイクプリアンプ内蔵ステレオUSBマイクとして機能するので応用範囲は広いです。バッテリーも単三4本でSD/SDHCメモリーカード録音なので予備さえあれば長時間録音にも対応できます。ちなみにアルカリ電池で44.1kHz/2トラック、ファントム電源オフで連続使用10時間可能!

0R26_09.jpg

大型タッチパネルにより、直感的ができるので現場で慌てず使いこなせるのが○ どんなに高機能でも扱いが面倒だと...例えばインターフェースの階層が何段もあり即、目的の設定ができないとか...その点、この機種は非常に扱い易い!こういう所にもiPad的な影響があるんだよね!だからUI革命だって言っていたんだよ!

0R26_10.jpg

そんな最新で高機能な本機も材質的にプラスチック素材が多く使われているので高級感が乏しいのが残念。まあ、価格に跳ね返ってくる訳だから、そこに金を掛けるより安く手に入れられた方が良いのです!特にデジタル機器は!昔のアナログ機器、STELLAVOX SP-7もありますけど...デジタル黎明期の「ベータマックス F1 PCM-F1」も未だに持っています。その時代だと「Technics SV-P100」とかもレアですね。そうそう、この子も元気です。「NT4 RYCOTE ウィンドジャマー WJMNT4」も使います。

0R26_12.jpg

そんな訳で、現在、主要な録音機器は、御覧のような状態です。アナログの古い機種なら「PT-4型 肩掛録音機 SONY デンスケ」なんてのもあります。そして「EM-3 デンスケ」なども...やはり「カセットデンスケ TC-2850SD 生録」の体験は忘れられませんね!こんな時代から録音には興味を持っていました。昔は長時間録音となると、こんな機器も使ったんです。

0R26_11.jpg

三脚は使い回しできます。これだけ素晴らしい機材を持っているのだからバンバン録音もしないと!そうそう、凄いバイノーラルマイクだって持っていたりします。これ以上あり得ないという...といえば、これしかありませんよね!その記事は後日。ネタはイロイロあるんですけど撮影や映像そして記事を書いている時間が無いので、ついつい後回しに...携帯用には「Adphox バイノーラルマイク・イヤホン BME-200」を使います。



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する