♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



LISA II Macintosh XL
0LISA_001.jpg

我が家のLisa2は、はMacintosh 128Kで使用したソニー製の3.5インチドライブに変更されたモデルです。この子は、キーボードの下にショットカットキーのテンプレートが納められているタイプですから比較的初期のモデルです。実際にはハードディスクドライブのProFileが本体の上に載っているのですが、この写真では接続していなかったため写っていません。倉庫の整理をしている途中で、あくまで掃除の途中^^;Lisaが生まれたのは、30年前の1983年。失敗作と言われたマシンですが、その後Macintosh XLとして販売。それでも在庫を抱えることに...その後紆余曲折、Sun Remarketing社が在庫を引き取り、Macマシンとして再開発、再販し、数年間、市場に流通していました。

0LISA_003.jpg


これが、その「Sun Remarketing」の広告に使われたカタログ。 MacWorks XLエミュレータを使う事でMacのソフトが使えました。Macintoshのソフトウェアも、実はLisa Workshop上で開発されていたのです。そして滅多にお目に掛かりませんが、5.25インチのフロッピーディスク「ツイギー」を搭載した LISA I は、オークションで非常に高値で取引されていますが、不売在庫による税金控除を受けるため、売れ残ったLisa約2700台を破砕しユタ州ローガン市の埋立処分場に埋立処分されたというのは有名な話。なんと勿体ない話なのでしょう...

0LISA_004.jpg

当時、アメリカにMac][を買いに行くときに、このMacintosh XLも購入してこようか?と随分悩んだものでした。何故なら、このLisaをアキバで見て一目惚れしていたからです。当時、日本円では約233万円もしたマシンでしたから稼ぎの少ない私には、とても買えるような金額ではありませんでした。だいたいサポート体制すら満足ではなかった当時では博打のようなものでしょう^^;それが、安く手に入る!って事で魅力的でした。しかもMacとして使える!Macintosh II は最新マシンなので古いソフトが使えない事も起きていましたから...まあ、その前にMac512kマシンをMac IIと同等のモンスターマシンに変貌させるLevco社のアクセラレーターなるモノも魅力的でしたが...

0LISA_005.jpg

そして、もう一つの売りが画面の広さ!オリジナルMacの画面は9インチ。今では信じられない事ですが、なんと狭い画角。でも当時はノンインターレースで鮮明な画面は他のパソコンとは、一線を画していました。正に始めてLisaやMac128kの画面を観た時の衝撃とは、この鮮明さだったのです。それが、このMac化したLisa2は9インチより大きい画面を装備していたのです。結局、Macintosh II 購入時にはSONYカラー・トリニトロン19インチとシグマ・デザインの白黒LASERVIEW19インチと豪華版で手に入れました。そう、最初からデュアルディスプレイを使っていました。SONYの方はディスプレイだけで100万円!グラフィックボードは別売!最初からGUIには大きなディスプレイは必修と当時は分析していました。

0LISA_006.jpg

手前にあるのがオリジナルMacintosh 128k用のモニターリペアーブラウン管です。手前にあるので大きさの比較にはなりませんが、Lisaのディスプレイの方が若干広いのです!単に横長に表示されるのではなく作業範囲が広がるように使えます。お察しのように高解像度のディスクトップが若干、横に広がります。そしてHDが使えるのですから!まあ、今となっては無用の長物ですが^^;しかし不遇のマシンと言われていますが、実は、Appleが手を引いた後もサードパーティの努力により8年間に渡ってバージョンアップを重ね寿命を延ばしたLisa2なのです。

0LISA_002.jpg

御覧のように、今でも我が家には歴代マシンとして飾ってあります。まだ整理の途中なので遊んではいられないので取り敢えず写真だけ!勿論、「我が家のapple ][」や「我が家の Macintosh マッキントッシュ 128k」等、多くの初代も鎮座しています。前述のようにLisa、Macの画面の緻密さには驚きがありました。何より感動したのが操作性です。マウスを介してではありますがバーチャル世界と直に繋がったような感覚。今では当然のような事ですが、これは当時は画期的な事でした。プラス、豊富なフォント(書体)の種類^^他のパソコンは黒やグリーンディスプレイで粗いギザギザ画像の汚い書体で変更、選択不可。全て呪いのようなコマンド指令!

そんな理由からジョブス氏復帰後、現れたiMacが「hello again!」と再び使われましたが、iPadの出現にも更に使うべきだったと思っています。そしてそれは全てに共通する言葉で言い表しています。それは...「The Computer For the Rest of Us」の精神です。「コマンドを打ち込んでコンピュータを操作する専門家ではなく、全ての人達に開放されたコンピュータなんだ!」という意味。分厚いマニュアルがなければ使えないのは道具に振り回されているだけ。というより使う為に努力を強いられる機械。マシンに人間が合わせる必要があるのと、マシンが人間に合わせ、使う事に喜びを感じる事ができる道具の違いを、マザマザと見せ付けられたのでした。その手法「magical & revolutionary device」を、再度iPhone、iPadで、我々は体験しているのです。

Appleの全ての製品に、その精神が宿っている...とは言い難い機器も正直ありましたが^^;基本的精神は、正に誰にでも扱える道具であるべきという信念が貫かれていました。なのでApple関連の製品はパッケージでさえも捨てられずため込んでしまいましたが...流石に、ソフトのパッケージは処分せざるを得ない状況になりました。でも、古いソフト特にApple][時代Mac関連の初代ソフトは保管しています。そして初代からクワドラ辺りの重要なマシンも手元に置いてあります。勿論、Nextマシンも!ただSteven Jobs氏が去った後のAppleは、その資産を食い潰すだけだったのが残念でした。そして、舞い戻ってきた後の快進撃!だが、そのSteven Paul Jobs氏はもういない...

どれだけそういった彼の残した精神を引き継げたかが重要な鍵になるのだが...良い部分だけが継承されれば良いのだが、悪部分も必ず有るわけで、先見性、絶妙なバランス感覚、強力な意思決定能力、全権全てを併せ持つ人材が育っているのだろうか?いや育つ土壌になっていたのだろうか?第2、第3のジョブスは、そう簡単には現れる訳が無いから...

テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する