♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



3D CAD デジタル アート 作品 Illustrator Photoshop
00gui_01.jpg

今は、こういった工作用、CADデータまでネットに出回っているんですね!三面図、四面図なども探すとあります。昔は、こういった資料を探すにも大変でした。特に有名どころのデータは手に入りやすくなりました。これは超有名な、Fender Telecasterのマシンヘッド部分です。実際の楽器を創る為に用意されたテンプレートのような図面。他にも探すと沢山ありました。

00gui_02.jpg

こちらも言わずもがな...Fender Stratocasterの図面です。ここまで図面も揃えば後は3D作成は力仕事。例えば,Gibson SG(Solid Guitar) ギターをモデリングするまでの過程を説明したページもあります。資料や、こういった解説が多い有名どころの楽器を作成するのはモデリングを勉強するには良い題材です。こういった3D CAD技術で複製する方法は、ソフトのオペレーターさんなら、有る程度可能。こんな話もあります。(ホントウカ?)

そして創られた 3D DATA 等も販売されています。例えば、このように「guitar 3d models, textures, and more in a variety of formats including .max, .3ds, .obj, .fbx, .ma 」そして又、ギブソンの有名どころも!「Gibson Les Paul electric guitar」いずれにしても関連資料が、これほどネットで簡単に入手できれば3D作成に関して腕に覚えがある方なら作れるのは当然でしょう!別に作れなくても、このように1作品、50ドル程度で手に入れることも可能です。良い時代になりました。

でも、それは有名どころの楽器だけです。幻の楽器珍しい楽器では自らが作成しなければなりません。そんな題材を選ぶセンスは、音楽や楽器への造形の深さが求められます。皆と同じような視点では、その他大勢と同じ。だれでも出来るとは言いませんがオペレーター仕事。ソフトを習熟すればできる内容です。とはいえ、3D CAD実務では非常に重要ですが...本格的な3D作品ではなければIllustratorでもお手軽に、このような表現が可能です。ちょい見、程度なら、なんちゃって3Dで十分ですかね^^;

0_yamaha_02.jpg

私は、仕事で、こういったテクニカルイラストも作成します。それは8年前、テクニカルイラストの仕事が急に来ました。そこまで「YAMAHA F250A」遡る必要があります。その後、仕事で必要になり、Illustratorの機能にパースペクティブ描写機能をリクエストしています。それまではガイド程度ならばフリーハンドという今は無きソフトにはありましたが...更にガイドとしての機能を推し進めたのがIllustratorのパースペクティブ描写ガイドです。以前からベータサイトであった時代に私自身が必要になったという理由で強くリクエストした過程があり。その結果、CS5から「遠近グリッド」が搭載されました。もともとテクニカルイラスト系の勉強はしていなかったのに急遽やることになったからです。

35564_489184511115105_346652738_n.jpg

勿論、他のIllustratorユーザー様もリクエストしていたかも知れませんが...私には仕事に使うという明確な用途がありました。勿論、3Dソフトの流用も今から16年前の1997年に出版されている「Illustratorスーパーガイド7.0J Mac版」の当時から御紹介済みです。ですが完全3Dではなくテクニカルイラスト作成に便利な道具としてIllustratorを使っていたからなのです。Photoshopを使って描ける人は多いでしょう。しかしIllustratorだけで、テクニカルイラストを作成できる人材は少ないはずです。そんな下地があったのでテクニカルイラストの仕事が来ても慌てません。

644069_489184544448435_714169882_n.jpg

こういった画像も作品とは言えません。あくまで仕事の一環として作成しているのですから...ただ3Dでの作成も、私は出来ますが、どうしても没個性になりがちです。やはり2Dでのテクニカルイラストでは作者の味が多少は現れます。実際にはお客の要望を具体化させる訳で、個性は出すべきではないのですが...写実的ではあっても3Dの表現とは、又、感じが違います。また、Photoshopでは完成した時点での解像度が最高品質になりますがIllustratorの場合はベクターデータですから出力機器の最高解像度に追従できる利点があります。それほどまでの作品だからといって、このような盗用は困ったモノです。それもアジアではなくアメリカでの話。まあ、欧米で盗作や真似されるのは、それだけ品質が高いという裏付けにもなりますし、何より私の作品で商売になるという事です。

3Dでのレンダリング画像もPhotoshopと同様、解像度を高くすればデータ量が肥大化するのは同じです。Illustratorにて最後までベクターデータとして貫けば、Illustrator作品なら大きなメリットがあります。しかもデーター容量は同程度のラスター画像データ容量より遙かに低く抑えることができるのです。そのような作業は、単にオペレータ的センスでは描く事はできません。私は、どの道具でも世界に通用する一流の対処ができます。基本3Dモデリングはオペレータ的にな作業です。(楽しいけど^^)ソフト熟知しているかどうかってのがありモデリング品質に多少影響はあるものの、それはやはりオペレータ仕事。テクスチャ、レンダリングも含めてもリアルを追求すればするほど、どんなに頑張ってもオペレーター作業なんだよね。

その点2Dは、多少状況が違ってきます。そして仕事でも、Illustrator作画を要求していくる所は多いです。今後3D関連は、より扱い易くなり敷居はドンドン低くなり、扱う人も増えてくることでしょう。それに今は、ネットでのtutorialが主流になりつつあるので私も今後は書籍は出すことは無いと思います。それまでは多くの書籍も執筆しています。海外でも多くの作品が採用されています。ホントにネットでの教えたがりが増えましたね^^;

実は、私のイラストレーター歴なんて短いんです。「 Adobe Illustrator Version1.0 全てはここから始まった!1987」から少し後ぐらいから仕事としては始まったと言って良いでしょう。それまでは、社会人になってからは、音楽系から始まり、土木工学での設計。そして建築設計等を経て徐々にコンピュータ業界へ...。土木図面も実際に描いていただけあって理解できます。建築図面は、土木図面と比べると安易です。そんな訳で随分遠回りしています。それもこれも自分のやりたい事が許される家庭環境ではなかったという事が大きいのですが...そんな事情は、渦中にいないと理解し難い事が多いとは思います。まずは資金を調達したかった訳です。経済的に自立しないと生活は無理。あらゆる意味で親の理解や経済的援助が当たり前といった人生しか知らない人達には到底理解されません。

世界的なテクニカルイラストで活躍している人達とも知り合う事ができましたが、猪本巨匠以外、全ての方達は、親の全面的な援助が得られたそうです。羨ましい限りです。与えられた環境は人それぞれ、他人を羨んでも何も解決しません。私は、自力での道を選ばざるを得ませんでした。それ以外に選択の余地が無かったからです。大病もせず普通に寝食でき、生活できた環境を感謝すべきという事も重々理解しています。有る程度大人になってからなら当然の事でも子供の頃から進みたい道を閉ざされる悲しさは受けた者しか理解できないでしょう。生まれてから、これまで死んでも仕方無いほどの事が3度ほどありましたが...次は逝けるのか^^;まだ死にたくはないけどw 生かされている以上、まだまだ頑張りたいと思います。



テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する