♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Teuffel Guitars birdfish
100.jpg

Teuffel Guitars birdfish 以前、作成したモデルのレンダリングです。アップするのが面倒で放置していました。高解像度は、こちらをご覧ください。既に随分前にIllustratorでも作成済みですが今回は3Dにて作成しました。このIllustratorでのリゾネーター部分はメッシュなど使うほどの内容ではありません。この程度の描写は描画モードで十分です。何でもメッシュに頼れば良いというものではありません。

102.jpg

The popular guitars, by Fender, Gibson and Les Paul would be the best sellers on t shirts but we have room for all guitars, we have a distorted illustration of an acoustic Taylor that sells quite well.

そんな話があった。そうだよね!ギターやベースと言えば、 Fender, Gibson が有名どころだよね。でも、それじゃ、ありきたり。発想が普通過ぎる。それに3Dで作るってのは、有る意味、今なら少々立体作成ができる人なら、そこそこ似たようなレベルで作れるしね!このサンプルは3Dで作成しているけど、私はIllustratorでも写実的に表現できたりする。Photoshopなら、これまた今なら比較的簡単に描写できる人は多いよね!でも、これら、どの道具でも表現できるっていう人材は少ないのです。

103_20130426004823.jpg

そして題材も重要。Illustratorの得意な表現方法を引き出せる題材もさることながら誰でもが発想するような題材じゃ面白さはないです。例えば、私はギターのみならず有名どころのベースも所有しています。でも題材としては選びません。題材として選ぶとしたら、「John McLaughlin Rex Bogue Double Rainbow guitar Doubleneck Guitar」のような幻のギターです。ありきたりの題材では3Dで作成する必要性は少ないでしょう。現存しない楽器だから意味が出てくる訳です。

104.jpg

勿論、現存するカメラマイクも3Dで作成しています。しかし、そのどれもが既に古い機器。新しい状態では既に存在し得ないのです。それを新品のように表現するのには3Dが打って付け。古い機材をPhotoshopでチマチマ修正なんて発想は愚の骨頂。しかも3Dなら様々な角度で見せられます。そういった題材はIllustratorでも作成している事も多いです。敢えて朽ちた感じにする必要はありません。逆に現存しない機器を如何にも古く見せるのは有りですが...そこなんですよね。どの道具で作成、何を表現するか?その視点がなければ単なる作業になってしまいます。特に3Dではオペレーターとしての存在理由しかない。

105.jpg

ざっと色違いモデルを^^;そんな設定は3Dだと簡単!既にIllustrator作品ではTシャツとして販売されています。このギター、フレーム形状が複雑な曲線で成り立っていて思ったより面倒でした。制作中は、このギターで、ばかりスケール練習をしていましたが、とても弾きやすいモデルです。音もなかなか素晴らしい!独特な形状ですが音質の方は至って普通過ぎるほど優等生。最近もモデルは大夫、改良されているようです。

106.jpg

有名どころの Fender, Gibson 各モデルは、装飾的にも、それほど面白く無く既にデータも多く出回っています。それをどんなに本物のように作成したところで3DならCAD的に作れば良いわけで...精々テクスチャと照明程度が個性を出せる部分になるのでしょうか^^;そんな理由で私は題材的に幻のギターや、個性的なデザインを選択しているのです。そんな題材を選ぶのにもセンスが必要かと思います。普通の題材では面白さはありません。そう誰でも出来る程度の表現に収まる事になるのは火を見るよりも明らかです。それに写真でも良いわけですよね?それなら本物アーティストが使った実際の楽器を撮影したほうが作品的に深みがでると言うものです。

107.jpg

このように題材を選ぶにあたっても作者のセンスが現れます。有る意味、3Dのモデリングは、力仕事です。如何に早く仕上げるかってのも実仕事では大切な要素ではありますが、作品という観点から見ればそれほど意味を成しません。どんなに短期間に仕上げても...逆に、どんなに時間を掛けても同じ様な作品が出来ます。作品となれば制作時間を競ような話ではありません。だから題材選択って最初の段階が大切なんですね!そういった視点を持っていない人はソフト・オペレータの域を出ないって事だと思います。特に3Dでは、オリジナルデザインでない限り、現存する形を仮想空間で再現する技術者ですから...となれば題材選択が如何に重要なのかは誰でも理解できますよね!

108.jpg

このギターは、そういった意味で画材として、Illustratorを使っても作成しています。そして3Dでは造形の面白さを引き立てています。この楽器自体が、ありきたりのギターデザインでは無いですから^^;レスポール、ストラットキャスターを立体で作ったって面白くないでしょ?まあ何かには使えるでしょうけど...エリック・クラプトンのブラッキーを3Dで使い古された状態をリアルに作っても面白みはありません。それなら実物を撮影した画像のほうが雄弁に楽器自体が語ってくれる事でしょう。そうなんです本物を語るにはバーチャルではいけません。そんな時は本物が必要なのです。作品を創るには、そんな視点や発想が大切なんです。

109.jpg

音楽や楽器への造形の深さってのも大切な訳です。楽器だって有名どころを羅列すれば良いってものではありません。何故、それを題材にしているか?作品となれば、そのような視点は特に重要。まあ合成用のオブジェクトとして使う用途であれば逆に自己主張させるべきではなく情景に溶け込ませる事が第一になるわけです。3Dでリアルに作成するとなれば、そんな用途が主になります。それってアート的な意味合いは持たせる必要性は無いですよね?

110.jpg

今日では3Dで如何に実物のように作れたからといって映画などの映像を見つけている素人さんでも、それほどの驚きは持ってもらえません。あくまで道具であってバーチャルで立体を作るのは技術者的としての仕事。表現するとなると別次元で勝負できないとね!

111_20130426005840.jpg

113_20130426005841.jpg

114_20130426005844.jpg

115_20130426005843.jpg

116_20130426005943.jpg

117_20130426005945.jpg

個々の部品と構造は、それほど難しくはないのですが形状の曲線、そしてネックの角度。構成された部品も微妙に角度が付くので、その調整やモデリングに手間取りました。個々の部品をモデリング、それを組み立てると...あれ違う感じ^^;組み上げてから形状が微妙に違っていることに気が付いたり...まあ早い話がモデリングが未熟という事なのでしょうけどw 実際に、このギターを設計って大変なんだなぁ〜と少しだけ理解できました。ホントは、その何十、何百倍も大変なんでしょう...いずれにしても創るのは、相応の情熱が必要ですね。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する