♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



LaserLEDs Poly-Drive II W Neck
0alen_00.jpg

これは何でしょう?4弦じゃないし...5弦ベース?それでは何故フレットが光っているの?って、きっと、こういう演出ってステージでは映えるでしょうね^^;暗い所でもフレット位置を見失わないし!そんな発想って素晴らしい。何でも、そうなんですけど、こういった発想が大切だと常日頃思っています。そして良いだろうなぁ〜って空想するだけじゃなくて実際に創る実現力!それに価値を見いだす多くの人々。そうやって新しい商売が生まれる!

0laserLEDs.jpg

これが、その姿。元々は「Alembic Featured Custom 」の中にある「Flight of Fancy」そして、このギミックは確か、Alembic が最初だと思います。演奏方法も作曲手法、録音手法そして、こういった楽器など、やはり発想の源は殆どが海外、それも欧米。最近、日本でも、それなりに素晴らしい演奏技術を持っている若い音楽家が少しずつではありますが出て来ていると聞きます。でも創り出された音楽を聴くと...その元ネタ発想の元が見えてしまうような薄っぺらな感想を持ってしまう事が多いです。

そんな高価な、LaserLEDsを、もっと手軽に実現したのがこれ!L.E.D. Fret Markers なんと$91.95 で実現できちゃう!驚きのシステム。これなら即、やれそうな感じですね!ステージでは遠目だから高価なモデルかだって判らない!絶対カッコイイと思うぞ!まあ、これは光るのは、サイドのマーク位置になるけどね!

指板も光らせない?うん〜贅沢な...ならば、これなんかどうよ?「Auroraproject Fretlights」お値段は、こんな感じ!光り物が好きなのは女性だけではないって事でしょう!

0wwg.jpg

更に、美しいギターを発見!しかも、こちはダブルネックギター!感じは、ZEMAITIS Guitarの雰囲気が漂っていますが^^;良い感じです。「Electric Gypsy」のギターを御覧あれ!それにしてもダブルネックギターって、様々なモデルがあります。例えば...「Brian May's Guyton Double-Neck」これは知らなかった^^;「Minarik Wild Guitars」このインレイが、また派手。そんなダブルネックギター好きなギタリストは、こんなTシャツは如何?「The W-Neck shirt.. whuuuut??」そしてebayでも「DoubleNeck」で検索すると、出てくる出てくる^^;



ここまで来ると悪のり過ぎますが...少々真面目な機材では「Poly-Drive II」なども...このように実用的な機材から派手な見かけ重視のショーアップ用の機材まで、新しい発想で発案、生み出される多くは欧米産。新しい奏法の多くも同様。音楽の多様性、吸収力も彼等は貪欲。他との差別化も重要視している。そして開拓者を尊敬する土壌。リスペクトって横文字やたらと流行?だから使いたがる奴ら多いけどアジアにおいては先駆者を軽んずる土壌なんだよね。そこんところ勘違いしている。だからダメなんだけど...なんでも上澄みばかり...大人文化が定着していないから仕方無いんだけど、それにしても子供騙しが多すぎる!





テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する