♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Zenmuse Z15


な、なんですか?これ!例え原理的に以前からあったとしても、こういった道具として成就させるのは並大抵の事ではないはず!元々、こういった撮影には現場で鍛えられている歴史があり、更に改良を加えられた結果。やはりこれまでの限界を理解した上での新しい発想ってのが新しい道具の誕生に繋がるんだろうね。



以前、こんなオモチャを買っていましたが...まだ満足に使ってもいませんが^^;この手の機器と空撮を合体すれば素晴らしい映像が撮れるって事に...やはり迫力あるカメラワークを常に求められる最前線ではの必然性。日本の土壌では元々無理。例え映像系大学の学生ですら考えもしないでしょう。何故ならセンスの欠片も無い教授群に毒されているお坊ちゃまやお嬢様では土台無理。それにしても進化の度合いが凄すぎる。



そして何?!この動き!いやぁ〜ビックリ!機材や最新の情報を追っかけても、それはあくまで情報収集。想像に欠かせない発想は無い。単なる機材オタクになったところで映像的に進化させらる訳でもなく単に知っているだけで終わる。常に消費する側を驚かせるような表現を模索していない土壌では能書きばかり...それでは創造的な土壌にはなり得ません。邦画業界も放送業界も同じような土壌

MōVI from Vincent Laforet on Vimeo.

手持ちでの撮影でも、こんな機材が有ったり!その名は「MōVI」ジャイロ・スタビライザーは新しい技術ではないとは言え機材として新しい発想と実現力が無ければ、こんな機器は開発できません。Steadicamは流れるような映像を実現させましたが更に映像表現として次の高みに押し上げるべくして生まれた機材でしょう!



こういった機材が誕生する土壌について考えるべきですよね…日本は…こういった機器を教育関係者にデモ機器を貸し出したところで精々オモチャ扱い、話のネタ程度。単なる物珍しさと機材自慢で終わる。元々、彼等は貪欲に迫力ある映像を追求する発想が無い。貸し出しするならスポーツ系の映像を専門に扱っているような企業が良いだろう。と言うより、自腹て買うような所でないと使いこなさない。なにせ工夫や発想は限りなくゼロだから...

撮影機材は民生用でしかも古いため画質は悪いが、Steadicamが高価で重量があるという理由で私は、こんな方法を試している!素晴らしい機材も、どのように撮りたいかというイメージがあって始めて生きてくる。漠然と新しい撮影方法を導入、或いは機材を借りたところで元々カメラワークの発想が貧弱なのだから有効活用に至る訳が無い。自慢話が精々だろう!新しい方法を試すのは意味は有るが、それは下敷きがあるからやれることで自らの発想は無いのだから…単に知っている程度では、アマチュアと同程度。とはいて国内TVドラマで観るプロの仕事も酷いものも多いが...それが実情か...




なんとSteadicamと比べ、このMōVIは、重さが1.6kg程度!Steadicamの重量は腰にもろに来ますよ!しかも使用の際に発生する雑音が皆無…らしい…モデルM10は4.5kgまでの重量に対応。価格は…145万程度。使い勝手も簡単なのは映像を観ても判ります。欲しいとか使いたい!なんて言う前に、やはり、こういった機材が求められる背景を我々は考えるべきなんです。なんでも欧米からの上澄みを利用することばかりに奔走する前に...必要とされる表現を求める為に道具は開発される世界と日本の土壌を比べれば根本的に劣っている事をまず認識すべきでしょう。

テーマ:とっても気になる事 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する