♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Steadicam 芸術 クールジャパン
0Steadicam_01.jpg

いやぁ〜素晴らしい!必要から生まれた道具の表現力は凄まじい!日本の撮影レベルは未だに、足下にも及ばない。音楽に至っては全然相手にならないのが悲しい。それが現実。こういった表現、そして道具の開発は何時も欧米産だ!音楽でもマルチトラックレコーダーからコンピュミックス関連そしてデジタルに至る主力ソフトまで、その殆どが欧米産。アナログ時代から継承されたノウハウは勿論、現場で鍛えられ更にデジタル時代には新しい発想を常に備えつつ展開しているのが本当のプロの現場であり道具!そういった道具の1つに数えられるのが、この「Steadicam

大仰な装置じゃない簡易版「 Tiffen brings Steadicam to iPhone 3GS」も既に御紹介済み!「The Steadicam Merlin」もシリーズ2に成長していますね!にも関わらず関連大学で学生が撮影する映像の面白く無い事。それは教える側にも大きな問題が!そのようなセンスを持ち合わせていない、いや、探求心、追求心、そしてプレゼンテーション能力の欠如といえるでしょう!どのように表現を高めていくかの努力、競争を怠っている証拠です。そんな状況で、この国の文化・芸術の水準が進化するとは、とても思えません。

0Steadicam_02.jpg

ショービジネスでは更に魅力的な展開を追求!そのショーアップやライティング、カメラワークに至るまで様々な知恵を絞って演出している。日本の学芸会レベルとは問題にならないくらいに本格的であり、かつ常に最先端で有り続ける為に様々な手法を模索、開発している。それだけ競争原理が働いていると言う事。権威主義に、かまけていれば即、現場から引きずり下ろされる実力主義社会で生き残るには良い結果を残す!それが全て!日本とは、そもそも土壌が違い過ぎる。国内の関係者は、その上澄みを利用している(真似ている)に過ぎない。猿真似ニッポン!それにしても上の写真。頭が大きい人だな。格好付けている割に、バランス悪!

The Art of Steadicam from Refocused Media on Vimeo.

最近では素人的な手持ち映像を採り入れたりしているが奇を衒った底の浅い作品が多い。やはり王道は見易い安定した映像で迫力ある連続的なカメラワークだろう!この「The Art of Steadicam」では、多くの作品で、どれだけ効果的な映像作成に貢献しているかが良く判る!どうしても見易く、かつ、あたかも自分が、その現場に居るような錯覚を持てる臨場感溢れるカメラワークを追求していった結果、このような素晴らしい道具を開発した!何故、私は、何度もシャイニングを観たいという衝動にかられるかといえば、作品と共に、この映像の魅力に他ならない。

0Steadicam_03.jpg

日本では、こういった芸術系の大学を出たとしても...「芸大を出たら待ち受けるもの」こんな記事があるように、創作活動を成就できる環境に到達できる者は少数。結局はお金持ちのお坊ちゃま、お嬢様が闊歩するTV関連、二世、三世としての芸術家、似たいような受け皿に流れる。そう根本的に競争原理が殆ど働いていない土壌が多い。だいたい邦画や日本のTVドラマが如何に程度が低いかは、その成果品を知れば、惨憺たる状況を即、理解できるはず。確かに売れた漫画作家はいる。それは厳しい競争原理の中から生まれていると言う事を忘れてはならない。また、日本独特な土壌だからという注釈が必要な作品もある。

そもそも戦後、日本で世界に誇れるような「芸術」ってどれだけあるの?世代、国境を越えた作品って?無知な俺でも知っているようなのあるのか?欧米産の発想から着想して素晴らしい製品に育ったってのは沢山知っているけど...特に音楽は酷いよな...糞ばかり。救いようがない。欧米人が鍛えた道具。その上澄みを使っているのがアジア。この公図は全く変わっていない。発想力も基本は欧米産。日本の伝統?芸能?を何時までも利用しているつもり?そんなのを誇示しないと世界に立ち向かえないような程度。国籍とか意識しないくらいの人材を育てられるような環境なのか?普段から耳にする似非芸術?(音楽)じゃ到底無理に決まっている。大人達、自称プロや学者が、どの程度の力量を持っている?

新たな道具を開発ってまでも無いとして、使い方だって欧米からの情報が頼り。結局、上澄みばかりを使って、あたかも自分達が創造したという勘違い。アニメーションも、同様。セルアニメからデジタルに移行。3Dアニメーションも含め、これは同じ流れ。そんな時代的な流れも認識できずに勘違いする日本。そもそも土壌が違い過ぎる。デジタル系、作家さん!貴方の普段お使いの道具の殆どは欧米産ですよね?そして、その多くの情報が欧米からなんです。二番煎じ三番煎じでも売れた者勝ちの社会が日本。開拓者には冷たいよ。というか敬意は全く無いと言っても良いです。欧米は、そこが違う!

国内クリエーター結集を=クールジャパン推進で―政府」日本の創造に対する基本的扱いが露呈。なんでも即席。国内での成功者?=世界に通用する人材?未だに理解できない自称大人達が多い。逆に言えば、そんな程度だからいつまで経っても創造はアジア品質。そんな人材では世代、国境を越える事は絶対無い。その証拠に国内の有名は世界では三流、四流以下。逆輸入評価?それって国内基準ではないって話だよね?国内では相手にされなかった...後に欧米で認められるという流れ。まあ、それだけの経済的体力があれば良いが...そう言えば富田勲さんも、その1人だが、やはり経済的に恵まれていたという背景も重要だ。そして国内では彼の名声を利用しようとする輩も大勢いる。要するに権威主義に弱い国民性と言える。自信の判断基準が無い!お粗末きわまりない愚民が多いって事か...クールじゃない、狂うジャパンの現状

Twitterから「世界から日本へ才能を集めるという方針の方がいいと思うな→坂井直樹の”デザインの深読み”」なんて記事をリツイートされていたから書いておくけど...客員教授なの、この人...それも絶句な記事だな...日本に来る外国人、特に欧米人の殆どが観光。少数だが宣教師とか...それ以外で日本に来るような人材は、ろくでもない。故に優秀な人材が集まるとか集めるのは土台無理。基本、欧米で成功するような人材は金儲けには来ても日本を拠点にするような酔狂な真似は絶対にしない。それだけ優秀ならアジアに来る必要無し。アメリカは能力主義社会。それはそれで歪みはあるが優秀な人材が集まる仕組みが用意されている。先を見た戦略。これは国益を見据えた強かな意思に基づいて いる。対する我が日本は戦略もなく目先の私利私欲を追う輩が多すぎる。有る意味そういった事が許される平和ボケ土壌とも言えるかもしれない。まあ、それ以前に売国奴が多いようだが...

だいたい医療、薬剤、IT業界、映画界、音楽業界どの業界も言うまでもなく創造や先進性を実現する為の環境や対価を考えれば当然、最高の待遇を受けられる場所を選ぶのが道理。そんな凄い人材達が満足できる国なのか日本は?と言う単純な話じゃないかな?若い時、LAに住んでいる友人の家へ遊びに行った事がある。彼の父親は麻酔の医師。そして住んでいる所が半端無く凄い!そんな豪邸、映画では観たけど日本では、どんなに金持ちでも住んでいないような邸宅!サンダーバード秘密基地にあるひょうたん型プールもあったし!とにかく豊かさのスケールが全て段違いだった!垣間見ただけでも格段のスケール違い!日本、普通しか知らない我々日本人が無知なだけさ...まあ富の分配が歪んでいるのもあるが売国奴の御蔭で、その富の大部分を、せしめられていると言った方が判りやすいか...Twitterって無知ぶりを発揮できるんだね。気をつけよう^^;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する