♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Adobe Illustrator Version1.0 全てはここから始まった!1987
0Illustrator_01_20130214232154.jpg

Illustratorの初代は、1987年に発表されたバージョン1.1しかし、このパッケージは、なんとバージョン1.0 このソフトを始めて使ったのは私が始めてMacintoshを手にした時に購入しています。当時はモンスターマシンと呼ばれた Macintosh IIしかもカラー表示可能な最速マシン。アメリカまで購入しに行ったのでした。「我が家の Mac][ 1987年」やっとの思いで発掘できました!なんと、この時代。ベクタードローイングツールは殆ど認知されていない道具です。


0Illustrator_02_20130214232155.jpg

そしてマニュアルも分厚く、しかも使い方を1982年 Adobe Systems 設立者のJohn Warnock氏が出演、Illustratorを操作説明しているVHSビデオテープが同梱されていたのです!当時はビットマップ画像が殆どだった出力。PostScriptという言葉も知られていない時代です。だいたいプリンター自体がドットマトリックスが主流でレーザープリンタは、まだまだ高価でした。

なんたってデジカメなんて、まだまだヨチヨチ歩きだした頃。Pixar Animation Studiosがやっと産声をあげたのが 1986年2月3日。我らのMacは、やっとApple Macintosh Plus 1986の時代。128kが欲しかったけど、その時代には経済的に無理。やっとPlusの時代になって買えるように...でもMacIIの噂があったのでグッと我慢したのでした。そんな当時にIllustratorの噂を知ったのでした。この時代は、そういった意味でも私の人生に於いても転機でした。

0Illustrator_03_20130214232155.jpg

そんな、1987年と言えば「So Far」Appleコンピュータ社員にだけ配本された貴重な書籍も持っています。既に26年も前。四半世紀を超えてしまいました^^;歳をとるわけだ...そんな時代に私は初代IllustratorとAPPLEのMac][そしてレーザーライターをアメリカで購入したのでした。最初に使った感想は...こんなんで絵が描けるの?使えねぇ〜!!とんでもないゴミを大枚はたいて買ってしまった><という後悔...

0Illustrator_04_20130214232140.jpg

冷静になってビデオを観ると...なるほどレーザーライターで出力すれば素晴らしさが少しは実感できそうだ...と言う事に!確かに美しい!ドットインパクトプリンタしか知らなかった私には衝撃的でした。美しいグラデーション!細く均一な線。新時代の幕開けを実感できました。まあ日本語フォントは、まだ出回っていない時代。とにかくアドビの日本代理店すら存在しない時代でしたから...今のようなインターネットなど無く、各種ソフトのアップデートはアメリカから郵送されてくる時代です。

実は、このソフトを知る前にMacでCADを使う事を考えていたのです。そこで出力の美しいドローソフト系を模索。ベクターソフトを選定。ドットではない美しい直線、曲線が描ける道具がコンピュータなら可能なはずという信念を持っていました。今では当たり前ですけどね^^;そして選んだのがIllustratorなんです。Versa CADなんてのも同時に購入しています。こちらは純然たるCADで今でも存在しているソフトです。Microsoft Excel の初代などもこの頃購入しています。

0Illustrator_05_20130214232141.jpg

この立派な取扱説明書には、最初のページには、John Warnock氏のサインもあります。私にとってはIllustratorは、正に最初のグラフィックソフトでした。そもそもコンピュータ自体、購入したのもMacIIが最初!その前から欲しかったんですけどね...そして、この道具こそ自分が求めていたマシンだと確信していました。当時は建築関連の外注をして生計をたてていました。そして何時か時が来たらアメリカへ渡ろうと考えていました。それは、ある予想もしないキチガイによって阻まれるんですけどね...

0Illustrator_06_20130214232142.jpg

驚くことに初代のIllustratorは、1枚のフロッピーに収まる容量だったんです。2枚ありますが片方はバックアップでした。なんたって当時から高価なソフトでした。まだ日本ではMacは殆ど流通が少なく取り扱っている店も少なかったでした。それからしばらくするとMacを買うと違法コピーしたソフトが入って販売されるのが当たり前の時代が来るのですが...私は、その前から直接、アメリカから購入していました。そうそうMacworld も年間購読していました。その方が国内で買うより1/3と安かったんです。創刊号もありますが未だに何冊か持っています

0Illustrator_07_20130214232142.jpg

当時は沖、ビクター等、PostScript用プリンター印刷サンプルを数多く手がけていました。殆どのサンプルが、まだまだダサかった^^そしてIllustratorを使いこなせる人材が少なかった事もあります。沖さんは当時から多くの仕事を頂戴していました。プリンコムの最初からお手伝いさせて頂きました。そして初代の沖、沖データ、沖テックのホームページは全て私が製作しました。大きなイベント用のビデオも全て私が作成していました。その沖のイベントで、John Warnock氏とも会っています。



勿論、AdobeさんのセミナーでもIllustratorのサンプルとして使われています。これなどは2001年作で実際には1999年頃に書いた作品です。14年前には驚かれたものです^^;下手だな...最近の作品は、こちらをご覧ください。振り返れば...当時はIllustratorで写実は画期的だったんです。その時代にやったから評価が得られた訳で、今は出来るのは当たり前です。便利なツールも揃っていますから!誰もやらなかったから意味が有ったんです。そんな段階があって「Illustratorスーパーガイド」を出版する事になるわけです。

当時は、ちょっとお絵かきができ、ソフトを使える人材がマニュアル本を書いている場合が多かった!解説本ダメだねって言ったら妻が、いっその事、自分で書けば良いじゃない!って事で始まった^^;DTPの知識も経験もないのに...にわか仕込みのAldusのPageMakerを使って...当時、ベジェ曲線を扱ったイメージで、なんちゃってミシャが多かった^^;そこで欧州にあるミシャ財団に直接談判して世界で始めてのデジタルミシャを描く運びになったのでした。故に表紙をミシャの模写を使っているのです。Illustratorでも技術的に、ここまでの表現が可能だと言う事を知らしめる為に...

0Illustrator_08_20130214232142.jpg


なので私にとっては正に、グラフィック世界に足を踏み入れるキッカケを作ってくれた大切なソフトなのです。私にとっても名実共にに全てはここから始まった!と言えるソフトなのです。付け加えるならば、私は、この手の教育は一切受けていません。全て独学です。専門も土木工学でしたから^^;本来は芸術関連に進みたかったのですが叶わぬ願いでした。結局は自力で実現しているんですけどね...当時、非常に高価だったApple Macintosh II と共に!

非常に遠回りでした。今では英国で自分のブランドのTシャツを販売させて頂いております。最新作は、こちらです。同じく英国、Saatchi-gallery SaatchiStore サーチ・ギャラリー サーチ・ストアーでも販売されています。返す返すも残念だったのはアメリカ、デズニー入社、目前まで行けたのに実現できなかった事でしょうか...この事も全て自力でやっていたんですが限界がありました。当時は、あらゆる意味で自力ってのは限界がありました。経済的に自立しつつ道を開拓するってのは大変!親の理解、協力って皆、無意識でいるけど大きいんだよね。大いに感謝しましょう!

デズニーでの入社では、日系の方達に大変、お世話になりましたm(_ _)m そこで教えられた事。「例え貴方が、どれほど優秀でも、この地で貴方と同じように、この職種に憧れ、働きたいと思っていいる若者は沢山いらっしゃいます。極東の端から来て、即、この仕事に就けると思ったら大間違い。ここでは優秀な人材は沢山います。そして皆、チャンスを待っているのです。忍耐を持って数週間、数ヶ月の辛抱ができなければなりません。直ぐに答えが出ないからと言って諦めるようなら即刻、帰国しなさい。時間を持て余したからといってアルバイトをしてはダメです。常に準備をしてください。等々」御蔭で、殆ど決まりかけていましたが;;残念でした。






テーマ:Macintosh - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する