♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FLAC 24bit 192kHz IEEE1394 iLink
0_iLink_01.jpg

現在の接続は、Apogee Ensembleから光でSC-LX90になっているんですが!音が出ない!なんで?ちょっと前まで出ていたのに!まず疑うのは光での許容範囲!まさか192kHzでは受け付けない?となると iLink接続?っうんっも〜面倒だなぁ〜!!なんで、そんなに融通が利かないの?さすがデジタル;;ちなみにスピーカーは、ECLIPSE の最高峰TD712Zを使っています。センタースピーカーには短いスタンドが装備されている希少なTD712z-Sです。自宅ですからヘッドフォンなど使いません。ガンガン音を出します。建物は鉄筋コンクリート、窓は二重サッシで防音も万全。

0_iLink_02.jpg

取説を調べてみると...案の定...96 kHzまでかよ...となるとHDMIか iLinkって事になるけど、Apogee EnsembleはIEEE1394なんだけど、今度はIEEE1394変換アダプタ(6ピン→4ピン) 6ピンIEEE1394端子を4ピンのi.LINK(DV)端子に変換するアダプタが必要になる;;面倒くせぇ〜!!

0_iLink_05.jpg

いいやアナログで接続を変更すれば...どうせ消えゆく規格のために投資はもうしない。まあ、これが今度、将来的に44.1 kHz/ 384kHz-ready, 16-32-bit 対応となるんだろうから^^;切りがない!!映像も4Kから8Kそして16と、どんどん肥大化していくのは時代の流れ。先取り過ぎて過大な投資をするのは馬鹿げているし...

0_iLink_04.jpg

このアンプだって、そんなに古くはないのだが^^;その時代に必要となったときに大幅改革すれば良い。まあ、逃げ道が無い訳じゃない。とりあえず融通が利くアナログ接続に逆戻り。どちらが良いのか?ディスクトップでもApogee Ensembleからパワーアンプへはアナログ接続だし...

0_iLink_03.jpg

Apogee Ensemble側は192kHzまで行けるんだけど...将来的には44.1 kHz/ 384kHz-ready, 16-32-bit になるんだろう...そうなればDACとしての役割は終わるのか^^;それを生かせる音源が少ない現在は、それほど障害にはならないから関係ないけどね!

0_iLink_06.jpg

それに最近のアンプは設定がイロイロできるんですが、それだけでも使いこなしが大変^^;結線どころか内部での切り変えなんて普通の人、平気でやっているの?まあ、ここが日本企業が作ると技術者がやっているって設計なんだよね。使用者に優しくない。だからデジタルになった機器は扱いづらい。使い勝手は最低なんだよね。それを未だに気がつかない?いや判ってても、どう解決したら良いか判らないから逃げているんだよね...

0_iLink_07.jpg

Apogee Ensemble君は、しっかりFLAC 24bit 192kHzまで対応してくれているから、もうしばらくは行けそうだ^^;それより曲を創らないと!消費する側ばかりだもんなぁ〜最近...社会人になれば日々、仕事に追われ、なかなか趣味に、うつつを抜かすなんて出来ないからね...それでも人生、短いんだから、やりたい事は可能な限り努力して、やらないと!ただ、今回の様な事で思うんだけど技術の進歩は、それだけで楽しいけど、それに追いついていくのが精一杯ってのは、なんか違うよね...本質を忘れないようにしないと!と思うのでした。

0audio_00.jpg

早速、アナログで接続し直し。192kHzで認識しています。Ensemble君のアナログ回線がオーバー気味なのでMixer Masterで調整。Output Routingで出力を3から出しています。これが出来るのもEnsemble君の強み。普通のDACでは、そういった個々に細かい設定出力はできませんから...となると、おいそれとDACを買い替えられないって事にもなるなぁ〜、まあ必要に迫られたら方法を考えるだろうけど...







テーマ:コンピュータ関連 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する