♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



EDIROL R-09
NAGRA_R09_01.jpg

アナログコンパクトレコーダーのナグラとR-09をの大きさ比べ。
半分以下というのも凄いものがあります。しかも音のクヲリティーは
比べ物にならないぐらい良くなっている。デジタルって凄い!

NAGRA_R09_02.jpg

蓋を閉めた状態で、これだけの違いがあります。録音時間だって
比較にならないほど長く録音でき、PCM録音ですからねぇ^^;
比べること自体意味は無いのですが、やはりデジタルの凄さって事です。

NAGRA_R09_03.jpg

ナグラも単三電池を2本使を使います。まあなんと言っても駆動部が
多いのと基盤までむき出しになるのは凄いですね。さすがプロ用

NAGRA_R09_04.jpg

R-09も同じ単三電池を2本使用しますが電池の交換が楽です。
電池の蓋を完全に開けるにはラッチを外す必要があります。
無理に開けようとすると壊れますから注意!

NAGRA_R09_05.jpg

ラッチを開ける手前の状態が、この写真。メディアの出し入れと
USB2.0端子が覗いています。通常はメディアごと読み込みますが、
もっと早いタイプにしておけばヨカッタかな?読み込みに時間がかかります。
記憶メディアにはSDカードを採用し、2Gバイトまでのカード容量に対応。
コンピュータのHDにコピーするのに結構時間がかかります。
メディアのスピードが早ければ劇的に短時間でコピーが終了できるのでしょうか?

NAGRA_R09_06.jpg

コンデンサマイクユニットをX-Y型のマイク配置し、外部マイク入力も
備えていますが、ステレオミニジャックなんですね。
キャノンタイプを使う場面は、そうそう無いので割り切った方が良いでしょう。
その反面、内蔵マイクに被せるウィンドスクリーンは欲しいところです。

NAGRA_R09_07.jpg

サンプリング周波数44.1/48kHz、16/24ビットの録音に対応。
また、MP3フォーマット時ではサンプリング周波数44.1/48kHz、
ビット・レートは64kbps~320kbpsまで7段階から選択することができます。

AGCはオート・ゲイン・コントロール自動録音ですね。それとHi/Loの
マイク・ゲイン調整、屋外の風の強い場所やライブ録音時の音割れを防止する
Lo-Cutスイッチなどが装備されています。
アナログ/デジタル回路それぞれ独立した専用の電源回路で構成されているので
やはり音質は、このタイプの器機にしては良いと思います。

汎用マイク・スタンドへの取り付けを可能にする専用ケース(別売)がありますが、
これも内蔵マイク用ウインドスクリーンと共に標準で付けて欲しかったですね。
小型で軽いのは歓迎されるのですが、器機としての高級感は、ありません。
これがデジタル機材の典型的な部分でもあります。まあ音が良ければ良いですけど・・・

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
なんかアナログレコーダーに機械としての魅力を感じてしまいました。ルックスはデジタルものよりアナログですね。
【2006/10/10 00:13】 URL | じん #- [ 編集]

そそ、そうなんですよ!所有欲を満足させると言うか、
触って愛でるというか・・・とにかくアナログは良いです。
でも、目的達成にはデジタル機器になってしまいますね。
【2006/10/10 01:02】 URL | Yukio #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/276-135b4142