♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



24ビット/192kHz FLAC (フラック、Free Lossless Audio Codec)
0flac_14.jpg

最近、DSD、DACとPCオーディオなる分野が活況を呈してくるような勢いです。これまではメディアありき。CDよりアナログLPの方が音か良い!などデジタル世代になってもアナログの魅力は続いていますが、ここに来て少々状況が変わりつつあります。それはなっといってもDAコンバーター系の台頭ではないでしょうか?まだまだ、この分野は開拓が進んでいないので、これから様々な製品が現れるでしょう!そして音質は?以前話題にした「The Beatles」のアップル型USBメモリ。MP3は勿論の事、FLAC(フラック、Free Lossless Audio Codec) 44.1kHz 24bitで収録されています。

あと少しで仕事の方も一段落する所まで来て気がゆるんでいます^^;そんな時、こんな楽しそうな話!やっぱり、やっちゃいますよ!もともと好きな世界だし!なんたって一枚ベールが外された音を聴いたら...その麻薬的な魅力は絶大!お店にソフトや音源を買いに行く事無く集められる!そして直ぐに試せる!こんな誘惑を断れる訳が無い><そしてソフト的に実験を進める内にハードを物色...それまで知らなかった存在を確認させられる事に...そうなれば更に物欲を刺激され...そうやって、どんどん、はまっていくんですよ...

0flac_13.jpg

この製品、どうせなら48kHz、96kHzいや、可能な限り高音質で収録してくれれば...って思いますが、今後商売上、小出しにしてくるのでしょう^^;とはいえアナログ時代に、しこしこLPを購入してきたオジサン連中にとっては、こんな小さなUSBメモリーに殆どの曲が網羅されてしまうという事の方が脅威ですが^^;価格も価格: 38,740 円(税込) ってのも凄い!私はほぼ半額近い価格で手に入れていますが...

0flac_00.jpg

確かに24BIT Remasteredの音質は良いです。良い曲です。しかしながら既に何度も聞いているので新鮮みはありません。Apogee Ensemble はDACとしても優秀で24/192kHzもサポートしています。本来はDTM用のオーディオインターフェイスとして購入したのですが音楽再生にも活躍中です。次第に新しいDACにも触手が動きますが...まだ我慢の子でいるべきかなぁ〜^^;そんな時期が楽しいのですけどね...

0flac_01.jpg

FLAC音源は、どのように再生できるのでしょう?例えば、Adobe Audition等を使って編集も可能です。このソフトは映像用のMA作業ツールといった位置づけのソフトなので音楽製作ツールとは少々異なりますが...開いて聴くことは当然出来ます。必要の無い音を削ったり効果を付けたりするソフトですから!お試し版で使ってみる事はできます。あまり評判は良く無さそうですが^^;「Adobe Audition CS6 / レビュー

0flac_02.jpg

扱えるファイルの種類もFLACのみならず多岐に及んでいます。詳しくは、「Adobe Audition ヘルプ / ファイルの保存と書き出し(CS6)」をご覧ください。このソフトは、あくまで製作サイドの道具であって再生を目的としてはいませんから...一般的ではありません。ただFLACであっても編集可能な道具があるという事を覚えていて損はないでしょう。

0flac_03.jpg

他には、KorgさんのAudioGateがあります。私は、MR-1 1-Bit MOBILE RECORDERからのお付き合い。今では、MR-1000 とハードもバージョンアップしました。そして「DSDの可能性を、すべての人に。」と言う事でAudioGateが無料配信中です。このツールを使わない手はないでしょう!そしてDSDディスク・プレイヤー って身近にあったんですね!PlayStation® 3 も立派な再生対応プレヤーなんです。そしてSACDからFLACデータをリッピングする事も可能らしいです。但し初期バージョンのPS3に限ります。

0flac_04.jpg

再生可能にするためにApogee Ensemble Interfaceに設定しておきます。まだDSDデータを手軽に扱えるような環境にはなっていませんが次第にメディアは姿を消し、データだけが流通するようになれば一気に浸透するはずです。その時に慌ててしまう企業さんはダメですね。DSDファイルの再生はもとより高性能再生を目指すフォーマットも現れるでしょう...それに追従し扱い易いハード、ソフトは、これから益々、必要とされます。一度その魅力にはまったら...まあドップリ浸かるしかないでしょう?

0flac_05.jpg

そうなってくると実際にFLACを手に入れたくなりますよね!「HiRes Download」を訪問してください。多くのFLACデータをダウンロードできます。クラッシック音源ですが、さすがにStereo FLAC 24BIT/192kHz となると容量が大きいです。そして...再生すると...きっと貴方も、その魅力に溺れてしまうでしょう^^;そうならなかったら幸せかもw

0flac_09.jpg

さて、もっと手軽にハードに頼らずiTunesを使いつつ扱えないものでしょうか?それが有るんです!既に値上げされてしまっていますが「Audirvana Plus」が、それです。2つのソフトを起ち上げる必要がありますが比較的便利に使えるのでお奨めです。

0Audirvana00.jpg

現在のバージョンは1.4.4になります。iTunesではFLACはサポートしていないんです。そこで、このソフトを追加して扱えるようにするのです!それだけではなくアップサンプリング機能があるので音質向上に貢献してくれます。これまで同様にアプリのRemoteにも対応しています。ただ少々高いってのが残念感がありますが、使ってみれば納得できるだけの機能を備えています。まあ、ここまで読んで試したいと思っているMacユーザー様なら、その衝動を抑えることは難しいと思いますが...あくまで自己責任、自己判断で!

0flac_07.jpg

その使い方は簡単!「iTunes Integrated Mode」を選択し、図のように“Add files to iTunes…”を選択します。すると下図のようなウインドウが現れるので設定を進めます。

0flac_08.jpg

丁度説明に良いページを発見!こちらのページを参考にしてください。“1. Select the tracks to add to iTunes”の項目にある「+」をクリックして加えたいファイルを選択します。“2. Select the quality of the proxy files created for iTunes”。は初期設定である左、“Proxy only No Sound”のままに音源ファイルの位置だけを指定しておけば同じデータを重複させる必要は無いでしょう。“DSD converted PCM files sample rate:”は、私の場合176.4kHzにしました。設定が良ければ「Start」ボタンをクリック!

0flac_10.jpg

iTunesに反映されます。あれ?反映されたからと言って、この状態では再生されません。一度ソフトを終了。再起動させないと再生されませんのでご注意を!さて、こうやって耳が肥えてしまうと音源を物色したくなります。有料ですが..."2L-free form the strains of genre"など如何でしょう?日本なら「e-onkyo music」さんも良い感じです。"HD tracks"では名盤が揃っています。結局、音楽が主役ですから音質は良いのは当然ですが中身が肝心なんですよね!"LINN Music Store"は如何でしょう?最後に"KRIPTON HOM STORE"を御紹介して今日は終わります。

しかしデジタルになってオーディオメーカーも様変わりしました。日本企業には頑張って欲しいところですが既にイギリスに気になる企業がっ!「CHORD Electronics」です。結局、欧米主導って事になるのでしょうか?デジタル世代も...その機能、デザインの斬新さ!日本企業のハードはアナログ時代から変わり映えしません。発想が違うのでしょう。この発想こそが全てなんですけどね...あ〜仕事がもう少しなのに、遊んでしまいました^^;丁度良い息抜きになりました。





テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する