♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Fujitsu Ten ECLIPSE TD712Z 富士通テン
0_ECLIPSE_01.jpg

こちらECLIPSE TD712Zに買い替えて随分と経ちますが、更新を忘れていました。届いた時は大きな段ボール箱だらけになってしまい、取り敢えずセッティングしたものでした。既に、この頃、使っていてしばらく経った状態でした。実の所、買い替え予定は以前と同様JBLと思っていましたが、ディスクトップで富士通テン ECLIPSE エクリプス TD508 使用し非情に満足したもので^^;旧タイプでも音質に満足!Tilt Joint for TD508 も安く調達して現在に至っています。

0_ECLIPSE_02.jpg

このスピーカー、スタンドも一体になっていて、重要な役目を担っています。この標準装備のスピーカースタンド、構造的に音響工学的に本体スピーカー部が放出する音を最大限活かす設計になっておりしかも重たい!なのでSC-LX90 同様、安全な取り出し方法が箱に表示してあるんです。えっと!メグ、嘗めないように!

0_ECLIPSE_04.jpg

御覧のように殆ど新品同様です。これがスタンド部分。これだけ堅固なスタンドが標準装備というか一体構造になっているので設置も安心です。またデザイン的に未来的で同じタイムドメインで有名なyoshii9より好きです。また高級感もあります。実際にも、こちらのセットの方が高価ですし^^;

0_ECLIPSE_05.jpg

箱をひっくり返してスタンド部を床に出した状態です。なかなか良い感じ。スタンドは、シッカリしています。

0_ECLIPSE_06.jpg

脚の部分は全て金属製なので堅固で安定感があります。

0_ECLIPSE_09.jpg

メグと比べると如何に大きいかお判りになると思います。それにしてもガッシリした脚です。設置スペースは、これだけですから威圧感も最小限しかありません。それにメタリックでシャープ形状の金属製なのでオブジェとしても良い感じです。

0_ECLIPSE_22_20121202212723.jpg

それまで使っていたのが、このJBLのL-220です。1979年頃 1台、240,000円ペアで48万円もしていました。こちらは随分長い間、愛用しました。そうそう、これも中古で手に入れたのでした^^;今回も中古で半額以下での入手です。センタースピーカーも含めて、このシステムは、そうそう中古市場には出て来ませんのでラッキーでした。

0_ECLIPSE_23.jpg

ウレタンエッジは耐用年数が15年ほどで、ボロボロになってしまうのです。なので2回ほどエッジを交換して使い続けました。このパンチングメタルは、御猫様が居たときに保護用として自作して付けたものでオリジナルにはありません。ニャンズは、この高さも平気で登ってしまうのでした^^;そんな事をされたらスピーカーコーンはひとたまりもありません。当然、保護が必要になります。

0_ECLIPSE_08.jpg

閑話休題。ペアのスタンドが用意できました。とても美しいです。いよいよスピーカー本体を接合します。

0_ECLIPSE_07.jpg

御覧のように本体、スピーカーとの接合部はシッカリしています。点で支えるスパイク受けが見えます。

0_ECLIPSE_10.jpg


いよいよ本体スピーカー部を取り出します。

0_ECLIPSE_11.jpg

殆ど未使用状態。

0_ECLIPSE_12.jpg

こちらが本体スピーカー部のスパイク部分です。

0_ECLIPSE_13.jpg

本体スピーカー部を、ここに接合します。

0_ECLIPSE_14.jpg

2点のスパイクとボルト締めで、当然の事ながら接続はガッチリしています。

0_ECLIPSE_15.jpg

そうそう、未だにLPも聴くことがあり、このプレヤーを使っています。このプレーヤーも直線移動のアームが内蔵されていて操作が簡単なんです。曲間もセンサーが感知してくれます。

0_ECLIPSE_18.jpg

アナログ技術全盛で既存技術の修練とも言える製品で世界を席巻した日本製品。未だに現役。でも、これで2台目なんです。昔、ニャンズがいた頃クロ君という破壊王に壊されたのが1台目でした。

0_ECLIPSE_19.jpg

ジャケットサイズのコンパクトでクオーツ制御のダイレクトドライブそしてゼロトラッキングのリニアトラッキングアームと当時の技術の粋を集めて作られたプレーヤーです。

0_ECLIPSE_17.jpg

御覧のように以前のJBL L-220 と比べるとコンパクトにまとまって、良い感じです。デザイン的にも色的にも圧迫感がありません。それでいながら存在感、高級感もあります。

ribumegu_111.jpg

L&Rとしてペア・ステレオ2本だけじゃないんです。同じ種類で、プロジェクタースクリーンの邪魔にならないよう、センタースピーカー用として脚の短いスタンドタイプも用意してあります。

0_ECLIPSE_16.jpg

それが、このタイプ。これは更に希少なモデルです。センタースピーカー用に使っているモデルです。他にサブウーハー用にTD725swというモデルがあるんですが必要性は感じていません。それほど重低音は鳴らない無いし近隣に迷惑になるような原因に金を出してまで欲しいとは思わないので^^;まあ鉄筋コンクリート、二重サッシの家ですので、よほど大音量で出さなければ問題ないはずです。

0_ECLIPSE_20.jpg

このスピーカー海外でも、それなりに評価されているようです。昔ほど大音量で聴くという事もしなくなりました。歳をとったからでしょう^^;重低音ズンズンというのも疲れます。そこそこのバランスで定位良く聴けるのが安心。

0_ECLIPSE_21.jpg

それでもサブウーファーが欲しくなったら?TD725SWが最適と言われていますが...そうですねデザイン的にB&W PV1Dが良いのでは?と思っています。音質は判りません^^;現状、この音で満足しております。アンプも一新していますし!


テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
富士通テンは大阪のオーディオショウでも必ずデモを見て帰るお気に入りのメーカーです。以前508の初期モデルを使ってました。場所と予算が許せばもう一度買い戻したいSPですね。
宮本さんがお使いの712は非常に仕上がりも綺麗で良いスピーカーですよね。本体とスタンドの取り付け部分と脚のスパイク部分ですが、点接地を実現しながら、外れてしまう事のない非常に良く考えられた造りになっていますね。この辺りの造りは流石大メーカーと言えると思います。
【2012/12/03 22:34】 URL | (=゚ω゚)ノ!! #BEdSOiGg [ 編集]

そうなんですお気に入りですw
TD712のデザイン良さとディスクトップで以前から使っていたTD508の音質の良さで決めました。
最近は年甲斐もなくV-Drumsなんぞを買い込んで場所が手狭になってしまいました^^;
楽器は練習していも、なかなか上達しません。歳だからしょうがないですが...

そうそうSoulnote SS1.0も候補にしていたんですけどデザインでTD712に決定しました。
【2012/12/03 23:23】 URL | YukioMiyamoto #- [ 編集]

お~、Soulnote SS1.0も候補だったのですね~!
デザインはね~・・・w音で勝負のメーカーさんですからw
スサノオと712の組み合わせか~。。。
次回上京する時は聴きに行ってもいいですか?!
【2012/12/04 21:55】 URL | (=゚ω゚)ノ!! #BEdSOiGg [ 編集]

やっぱり!
買ってしまったら、そうそう変更できないからデザイン的な要素って
大きいですよね。部屋の音響まで言い出すと切り無いし^^;

実は、最近、仕事以外の事で、なかなか時間が自由にならないので
残念ながら落ち着くまでお約束できない状態です。申し訳ございません。

試聴なら最新のTD712zMK2が話題になっているのでイベント関係多いですよね!
個人的には、TD712zMK2と1bitアンプの組み合わせも興味あります。
【2012/12/05 01:36】 URL | YukioMiyamoto #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する