♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50
0sony_rec_00.jpg

SONY製品ですから公式には、MSと云うマイナーなメモリだけの対応ってのは古い機種だから仕方無い部分もありますが現在では殆ど死んでいるメディアですからねぇ〜ハード自体の創りは、とても良い感じです。以前、購入していたRolandのEDIROL R-09 も機能的には、そこそこなんですが安っぽいんですよね!まあ値段がそのまま反映されているから仕方ない?デジタル機器って、その点が手抜きなんだよなぁ〜一緒に並んでいるThe Nagra SNは、3DでもIllustrator(2004)でも作成済みです。そしてweadmire.net Nagra SNとしてTシャツとしても販売されています。

0sony_rec_01.jpg

PCM-D50の内蔵マイクが調整可能なのも良いんです。外部マイクを使えば済む事ですが機材が増えると携帯性が失われます。その点、R-09 にも不満がありました。そしてスイッチ類など安っぽいんですよね...R-09 は...結局長く使うことなく手放しています。機能自体は十分なんですけどね^^;それと電池が使えるのは○です。

0sony_rec_02.jpg

その後、KORGのMR-1 1-Bit MOBILE RECORDERに買い替えたんです。こちらは創りが、しっかりしていて高級感がりました。ただ付属のマイクがイマイチ。MR-1000って選択もあったんですが、こちらは少々お値段が高くて!標準価格147,000円この半額なら買いなんですけど中古でも見かけません。でも外部マイクを使って本格的な収録なら揃え得ておきたい一品です。

0sony_00.jpg

そんな価格だったもので当時は対象になりませんでしたが、現在ではMR-1000、すでに生産終了しているので、入手困難。しかもオークションで出ても、かなりのお値段です。あ〜買っておけばよかった...でも、このPCM-D50も、なかなかのマシンで、PCM-D50を越える機種は、多くはありません。そういった意味でも、そこそこの価格で手に入れられれば揃えておくのも一興です。MR-1000は40GB HDDが内蔵され、5.6448MHzでのDSDレコーディングを行なった場合でも約6時間の音声が収録可能なのも魅力です。しかも汎用性の高い単3電池が利用できるのは重要!

0sony_rec_03.jpg

インプット関連も必要十分です。PCとの接続もUSB端子にて行います。創りや端子類も、しっかりしています。やはり、デンスケの血統ってのはあるんですね!まだ、この機種にはSONYの良さが残っています。今回手に出来たのは安く調達できたって事が大きいです^^;毎度のことですね!

0sony_rec_04.jpg

そしてやっぱり電池が使えるのは有り難い!コルグのMR-1は充電池のみなので外出する予定があるのなら準備も可能ですが思い立って、それから充電では使えません。外出先でも電池がなくなったらアウト!それでは意味無いですよね?電池が使えるのは絶対です!

0sony_rec_05.jpg

しかもバッテリーは劣化します。次第に充電期間が短くなり使える期間が減少。それでは困ります。そんな理由から、このマシンに切り変えました。安定感があります。持っている満足感も高いです。

0sony_rec_06.jpg

ただ、残念なのが、このメモリーなんですね。メモリースティック PRO-HG デュオ HX 32GBは使用可能との事で、これを使っています。容量的には十分です。足りなければ複数のメモリーを持てばいいのですから!その点ローランドも○。コルグは×

0sony_rec_07.jpg

それにしてもメモリーも安くなりましたよね。これだからデジタルは素晴らしい!高機能、高集積データなど日進月歩で進歩していく。アッと言う間に手に届く価格帯になる。リニアPCM 96kHz 24ビット録音が手軽にできるなんて夢のような話です。なんてったって2.5万円で手に入れていますから^^;安いのも魅力!

0sony_02.jpg

やはり重装備機材も、それなりに高品質の音を収録可能ですが機動力を持った機種も揃えておきたいものです。そう言う意味でもマイク一体型ってのは小回りが利きます。外部マイクとなると、どうしても装備セッティングと携帯性で二の足を踏んでしまうことがあります。また内蔵マイクも、有る程度の品質でないと困ります。そういう意味でも、この機器はバランスが取れています。

0sony_rec_08.jpg

デジタル機器でも、こういった頻繁に切り変える可能性のある機能はハード的な切り変えは重要です。これをソフト制御にされると面倒。

0sony_rec_09.jpg

また、こういったスタンドもマイク内蔵機器ではありがたい!

0sony_rec_10.jpg

ただ、こういった小物も取り揃えると馬鹿にならない出費になるんですよね^^;折角本体を安く手に入れても周辺アクセサリーで散財してしまいました。

0sony_rec_11.jpg

アナログマシンのナグラと比べると、ワウフラッターとは無縁で録音時間もダイナミックレンジなど飛躍的に向上したデジタル機器。大きさだって相当にコンパクトになっています。

0sony_rec_12.jpg

単純に小型化すれば言い訳ではなく、有る程度操作感を維持しながら適度な大きさと使い勝手を両立させる必要があるのは言うまでもありません。

0sony_rec_13.jpg

それにしていもアナログ時代のマシンも、この時代に、これだけの機能を実現していた事は驚きですがデジタルマシンは、その垣根を軽く跳び越えてしまうってのも凄い事です。

0sony_rec_14.jpg

外へ行くときのセット。これにウインドスクリーンが追加されます。

0WindScreen_01.jpg

そのウインドスクリーンのパッケージが、これ。

0WindScreen_03.jpg

張りぼてのPCM-D50が付いています。

0WindScreen_04.jpg

このウインドスクリーンは、こんな収納袋が付いています。

0WindScreen_05.jpg

吹かれは耳障りなので極力、使わないと!大昔、PCM録音するって大変だったんですよ!まだ、こんな機器も所有しています。そういえば私はDATを使う時代はありませんでした。その頃は設計関連の仕事で音とは無縁だったからなぁ〜




テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する