♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



我が家の Mac][ 1987年
macii_001.jpg

写真を撮ったのがプリンタが新しくなったばかりです。
最初は初代レーザーライターがありました。
キーボードの奥にペンマックがあります。
たぶん日本で最初にマックでペンタブを使っていると思います。
19インチディスプレイは重量級なので机の脚は補強してありました。
 
macii_002.jpg

左にシグマ・デザインのLASERVIEW(白黒)右にSUPERMAC19があります。
どれも日本では高価なディスプレイでしたが、アメリカでの購入なので
1/3ほどで手に入れる事ができました。いずれにしても情報が殆ど無い時代です。
マック関連の雑誌が、ちらほら出てきた時代ですから・・・

macii_003.jpg

本体とディスプレイは当時から離して使っています。
目に入るのはディスプレイのみが理想だったからです。
MAC][の上にはバックアップ用のベルヌーイ5インチディスクがあります。
Wドライブで、これも日本の1/3程度で購入できました。
机の上にマックレコダーがありますね!これが楽しかったんですよ!
本格的にオーディオメディアそしてサンプルシェルに繋がります。

macii_004.jpg


macii_005.jpg

これらが日本で売られていた価格です。随分高い事言ってますよね。
マックは最初からディスプレイはデュアル仕様です^^;
ディスプレイは広ければ広いほど良いというのが持論です。
幸いなことに購入した機材全て、故障することなく使えました。
一番心配なHDは内蔵でしたが、外して機内に手荷物として持ち込みました。

macii_006.jpg

PenMacは筆圧感知など無く、どちらかと言うとデジタイザに毛が生えた
程度の内容でしたが、基本的に現在のペンタブと同じ機能を有しました。
これでバーサーキャドの入力をしています。
当時はワコムさんのペンタブは、ありませんでした。

macii_007.jpg

アメリカで購入した店でのショットです。ある程度自分で稼げるように
なり貯金ができるまで、とても購入出来る金額ではありませんでした。
特に私の両親は理解が全くなかったどころか、文句ばかりで妨害すら
あったほどです^^;特に父親には困ったもんです。
アメリカの友人には随分励まされました。左が友人の父親です。

まあ、漫画、モデル制作、音楽等々、私が興味を持つ対象を
ことごとく邪魔し、幼い頃は目の前でぶち壊したり破かれたりしたものです。
なので親の理解が少しでもある家庭は、それだけで羨ましかったもんです。
当然、大きなハンディをしょわされることになるのですが、もっと酷い
親もいるので食べさせて生活させて頂いた事に感謝していますが・・・
普通の家庭で育った方には理解を超える事が沢山あったのです。
それにしても随分遠回りさせられたよな・・・

父親の望む職種以外、選択は無い状態でしたから・・・
それ以外の音楽や絵などの教育は皆無!全て独学です。やりたくても
やれなかったのが非常に辛かった;;それでも隠れてやっていました。
見つかれば壊され、破かれ、青年になってもコンテスト入賞などの
郵便物は全て知らされることなく破棄されるのは日常茶飯事でした。

ニックさま
はじめめまして、宮本です。
コメントありがとうございました。
追記-07/04/16
ニックさんへ
今、思うと親からの虐待だったんだ^^;
と、思うことが多いです。でも当時の私は
これが普通の家庭だと思っていました。

父が倒れて少しの間、毎日病院通いをし
その時、父が、よくグレなかったな・・・
と、言ったとき、なんだ自分がやったこと
判っていたのか!と思いました。
現在、父は、年相応に良くなりました。

恨み辛みは沢山ありますが、今まで
それなりに生きて来られて、もっと酷い
親もいるし(他人と比べる事では無いですが・・・)
非常に遠回りな人生ですが、生きてこれたことに
感謝しています。この先は不明ですけど^^;

マックは128K、いやリサを観たときから
一目惚れ、これしか自分には使えないと直感しました。
また、アメリカの底時からを見せつけられた気がしました。
当時、私には買えるような価格ではありませんでしたが・・・

それだけ揃っていると、さぞ御曹司と思われそうですが、
音楽機材も全て自分で稼いで、生活しながら手に入れています。
小さい頃から親が小金持ちだったのでボンボンの様に言われ
その実は、他の子供の方が、よほど豊かな生活をしていたんです。

見栄っ張りな父は、知り合いには、いかにも自分が、
やってやった様な態度をとっていましたけどね・・・
やりたい事を、やらせてもらえないのは地獄でした。
なので、絵、漫画、プラモデル等、今は何一つ残っていません。
全て当時見つかり破棄されているからです。

最近、アメリカで有名なケビン氏と会って話しましたが、
幼少の頃から親の理解が有ったそうで、羨ましい限りでした。
多分、前世、私は、相当、思い上がった人間だったのでしょう。
自分だけの力では、どうにもならないことが有るのは
十分理解しました^^;

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント
歴代マック壮観ですねぇ。私も前の職場でパフォーマシリーズやiMacを使っていたので懐かしいです。レーザーライターもかなりのボロを使ってました。

Yukioさんも若い頃に色々苦労されたんですね。今時の若い人達に自由は自分で勝ち取るものだと言うことを言ってあげたくなることが時々あります。まぁ、自分が年取ったからなんでしょうけど。(苦笑)
【2006/10/04 00:36】 URL | じん #- [ 編集]

じんさん、そうですね。自分の努力で勝ち取るものだと思います。
そう言いながら・・・幼い頃は親の影響が大きいです。
子供の可能性を潰す親では、どうあがいても所詮子供の力では無理です。
やりたいことを含め、子供の才能を開花させてくれる環境って大切です。
全てを否定的にされれば萎縮してしまい能力以下の成果しか出せません。

人生、無駄と感じることでも大切な事が有るのかも知れませんが、
こういったことは理不尽に感じます。子供は親の従属物ではないのに・・・
才能や能力も重要ですが、それを育てる環境は、もっと大切です。
幼い子供は無力です。その痛手は大人になっても引きずります。
物質的な豊かさと精神の豊かさとは別の物ですよね。

現在は父が自分の愚かさを認識し反省したので和解しましたが、
それまでは苦しかったです。でも傷は一生癒えません。
育てられる環境って大切です。そんな恵まれた方達を見ると
どれほど遠回りさせられたか、悔しくて仕方有りません。
【2006/10/04 10:30】 URL | Yukio #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/266-4dea7f50