♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Parrot AR Drone 2.0
0Drone_01.jpg

AR.Drone2.0はiPod/iPhone/iPad/Android アプリ経由にて送信機になるWi-Fiコントロールの4ローターヘリコプター。安定飛行とワンタッチ離着陸&自動ホバリングを実現。ハイビジョンカメラを搭載し、上空からの映像をカンタンに録画可能って事で空撮が、それほど簡単にできるのか!!と驚いた。例によって購入価格は送料込みで3万円を切ったので手に入れました!

0Drone_02.jpg

実際に、どれほどの映像が撮影可能なのかはyoutubeでの映像で確認は出来るのですが、やはり自分で撮影したい気持ちは抑えられず初代iPadでも操作可能という事もあって購入まで踏み切りました。やはり、やってみないと判らない!

0Drone_03.jpg

大きさは想像以上にデカイ!ボディは発砲スチロール製で非常に軽くまとめられています。驚くのがWi-Fiコントロールで操作をiPadに任せるって事!いやぁ〜素晴らしい!ソフトの方は、既にインストール済み!とか本当は遊んでいられないのですが^^;届いちゃったんだから初期不良も含めチェックしないとね!

0Drone_04.jpg

このボディは室内用でプロペラ部をガードするような形状になっています。そうそう回転しているから危ないですよね!リブメグにも注意!今は、軽くテスト。実際には野外で撮影する予定なので今回は動画は撮りません。

0Drone_09.jpg

世界各国で販売される事を想定して電源アダプターのコンセント際込み口は、前もって用意されているという周到さ!既に、そこまで売れている!こういう事なんだよね売れるって!「一生涯使い切り型人生モデル」を提唱、消費を促す税制に転換し、経済活性化を図る狙い。なんと幼稚な発想。驚いた。冗談かと思ったよ。何が消費に歯止めをかけているか?根本を理解できていない人達が多い国内事情...

0Drone_05_20120909174813.jpg

そういった人達って横文字が好きでグローバルに...とか言うんだろうけど、こういったコンセント部分のアクセサリーまで用意して販売している若い奴らのツメの皮でも煎じて勉強しろと言いたい!

0Drone_06.jpg

これが駆動の原動力になる11.1V-1000mAhリチウムポリマー・バッテリー。これで約12分間のフライトが可能。それでは少々寿命が短いので予備に、もう一つ調達してあります。願わくば連続して1時間のフライトが実現できると嬉しいなぁ〜そして画像が、より鮮明、高解像度になれば...取りあえず今はお手軽に実験!

0Drone_07.jpg

バッテリーを充電器に設置し、これから90分フルになるまで充電します。なかなか難しいんだろうけど一度の充電で1時間程度のフライト撮影が可能になると余裕なんだけどなぁ〜まあ時間が解決するだろうけど...結構、開封の儀をしていて暑くなり汗がしたたり落ちました。冷房ビンビンなんですけどね!

0Drone_08.jpg

充電が始まると御覧のように赤く光ります。完了すると緑の光に変わるそうです。それまで仕事を続けます...

0Drone_10.jpg

さて緑に変わり充電完了!AR.Drone2.0にセッティングし、テストフライの準備をします。

0Drone_12.jpg

一応、説明通りにアップデートをします。インストール中となっていも少々時間が掛かります。プロペラ部分のインジケーターが赤ライトから緑ライトに変わるまでは慌てず急がず、しばらく放置しておきましょう!



詳しくは、こちらのビデオで確認してください。アップデートの様子が動画で確認できます。見ておくと、どのような反応になるか知っておけるので安心して身守っていられます。

0Drone_13.jpg

今回は、開封の儀。ビデオ撮影し編集している余裕は無いので今回は写真だけ!

0Drone_16.jpg

机の上が仕事関連の資料で覆われている^^;まあ内容は判らないから良いけど...それにしても良い感じで浮き上がるものです。良い感じ!まさにフワッと離陸します。しかもカメラ内蔵なんですから恐れ入ります。そして常にAR.Drone2.0のカメラ映像がiPadに表示されています。そしてiPadコントロール側で録画スイッチを押せば撮影可能となります。

0Drone_17.jpg

こんな感じで一気に浮き上がります。流石プロペラ音は大きい!まだ操作も慣れていないので少々慌てます^^;

0Drone_18.jpg

なかなか良い感じ!部屋の中に小さな円盤が舞い降りたような...何度か壁に激突させましたが、壊れませんでしえた。やはり外の広い場所で練習したほうが良いです。それにしてもプロペラが勢いよく回転するとリブメグの毛が舞っていました^^;そういった意味でも掃除してからの飛行が良いでしょう!

0batt_01.jpg

まだ、この予備のバッテリーは開封していませんが、これも外での撮影には充電しておく必要があります。

0batt_02.jpg

と言っても2つのバッテリーでも30分持たず精々20分が良い所でしょうか...まあ、これも、そこそこの値段がするので幾つも用意はできないところ残念ですが仕方ないですね!


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する