♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Line 6 FBV Shortboard MKII FBVSB Guitar Amp Footswitch
0FVB_01.jpg

Line 6 POD HD Pro Guitar Multi-Effects Processorを目出度く手に入れたわけですが、やはりフットスイッチ、ボリュームペダル関連は押さえておきたいところ。しかも、このコントローラーGuitara Rigをも制御できていしまうという優れもの!実は、国内でHD Proを購入する値段で本体+コントローラーでお釣りが来る程度で購入出来ました。

0FVB_02.jpg

ボリューム/ワウ・ペダルってのは魅力です。ペダルを押し込むことで切り変えます。これが立ってだと体重をかければ簡単に切り替わるのですが座ってだと強く踏み込まないと切り替わらない!自宅では立って練習ってまずないからなぁ~^^;

0FVB_03.jpg

そうなんです直輸入なので新品を安く入手。なかなか国内価格では手賀でないです。メグ、新品の香りがするだろう?そう、滅多に新品なんて買わないからね...

0FVB_04.jpg

これが新品の証し^^;久しぶりに自分で開封するんだよね...

0FVB_05.jpg

これが新品の香りなんだよね!とメグもチェックしました。

0FVB_06.jpg

新品だと、こんな保証書関連やコードも全てシールされています。久しぶりだなぁ~

0FVB_07.jpg

って登録はネットでするから、こういった書類関連はもはや0FVB_08.jpg
必要無いと思うんですけどね!

これで即、音出し練習が可能になりました。夜はヘッドフォンでの練習!楽器専用PODだから良い感じで即、練習ができます。これがiPadを使った方法だとワンクッションあるからねぇ~

0FVB_09.jpg

さて、Line 6 POD HD Proに接続、USBはMacに接続します。

0FVB_10.jpg

まだLine 6 POD HD Proは電源を入れません。FBV Shortboard MKII だけを登録したり認識させるためにUSB接続をしておく必要があります。それが完了したらPOD HD Proとの接続だけでOK!

0FVB_14.jpg

Line 6 Monkeyを起動します。現在のバージョンは1.57に上がっています。

0FVB_15.jpg

Line 6 Monkey経由で登録します。しかし、このLine 6 Monkeyアイコン、なんとかならないのでしょうか?ハッキリ言ってダサイ!もう少し洗練されたイラストに変更して欲しいなぁ~かといって日本のキャラクターっぽいのは、もっと嫌いだけどね安っぽくて媚び売っているようで...

0FVB_16.jpg

ここでは「Connect to MIDI Device」ボタンをクリックします。

0FVB_17.jpg

「Line 6 Device」項目を「FBV Shortboad MkII」に切り変えます。こういった所が説明諸に書いていないんだよね。不親切。こんなくだらない事で悩んでしまいました。ちゃんと検証していない証拠だな。

0FVB_18.jpg

Line 6 FBV Controlを選択し「Update Selection」をクリックします。

0FVB_19.jpg

これで「Line 6 FBV Control」がインストールされます。

0FVB_20.jpg

Line 6 FBV Controlを起動したら「FBV Shortboard MKII」を選択し、OKボタンをクリック!

0FVB_21.jpg

0FVB_22.jpg

これでUSB経由でGuitar Regまでも「FBV Shortboard MKII」による制御が可能になるのでGuitar Regのコントローラーは不要になります。やはりコントローラーは1つに統一しておかないと使い勝手が身につかないですよね!

0FVB_11.jpg

設定が完了したらLine 6 POD HD Proだけで利用する場合は、USB接続は外します。おれでフットコントローラーで制御可能になりました。

0FVB_13.jpg

そうそう、ピックを取り出そうピックケースを出してきたら...振ったらプラスチックピックがぁ~!!なんと経年劣化で振っただけでご覧のようになりました。ビックリ!

0fender_02.jpg

そこでアマゾンでピックを調達。これは安い!そしてピックはハード、HEAVYじゃないと!軟弱なミディアムとかだとダメだよね!と、思う。

0FVB_12.jpg

それからコード!これも、どちらが良いと思います?上のコードは太くプラグもしっかりしています。でもノイズがやたらと出るんです。下のコードに変えたら、殆どノイズが出なくなりました。見た目じゃないんですね。いやぁ~コードも古いのはダメなんだぁ~!人間も^^;嫌だなぁ~








テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する