FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



LEICA SUMMICRON 50mm Leica M3 DRズミクロン50mmF2
0Leica_01_20120102173541.jpg

レンジファインダーカメラは、最短撮影距離が1mほどです。しかし、このSUMMICRON 50mmは、最短48cmからの撮影を可能にしてくれます。この状態が近接撮影用ファインダーアタッチメント(眼鏡)を装着時。 近接撮影方向にヘリコイドを回すと、眼鏡はロック!最短48cmまで近接撮影可能になります。確実、的確な機構、精度の高さ機能美はさすがライツ、所有欲も十分満たされます。


0Leica_02_20120102173527.jpg

このメガネ部分の形状も実際にモノがないと細部は判りません。いやぁ~細かく確認して創らないと...あれ?ここが、こんな状態になっているんだぁ~なるほど!だから組み合わせが...などと単なる思い込みでモデリングすると、やり直し!って事になります。

0Leica_03_20120102173521.jpg

そんな精巧な創りもドイツ人ならではの緻密な設計によります。しかも先進的な構造ってのも恐れ入ります。ズミタール50mmF2レンズの変形ガウス型4群7枚の構成を元に、第一群と第二群の貼り合わせ面を分離し、空気レンズの新方式が採用され、さらにランタン系の新種ガラスなど惜しげもなく投入!この高性能レンズは最初から完璧な構造でした。

0Leica_04_20120102173515.jpg

勿論、今回は、前回に引き続き、このモデルもモデリング予定になっています。同じM3ですが、細かい所が微妙に異なるのも実機を観察しなければ判りません。そんな違いも含め、個体の形状をキッチリ表現する予定です。実際に正確に部品を測ってモデリングとまではしませんが、個体の違いは表現します。

0Leica_05_20120102173506.jpg

Illustratorで作品を製作する場合も自ら撮影した画像を使用しますが、これは当然の事です。写実は出来て当然の表現です。そこに至る題材をも自ら作成しなければなりません。それは3Dでも同様の事が言えます。まあ構造まで表現するかしないか?は使われる用途によりますけどね^^;

0Leica_06_20120102173457.jpg

LEICA M3 + DR SUMMICRON 50mm F2の状態は非常に良い個体です。軍幹部分やボトム部分には保護シールが貼れていて非常に美しい状態が保たれています。入手価格もそれなりです。しかし、実機が手元に必要です。勿論、時間があればこのカメラで是非、撮りたいところです。

0Leica_07_20120102173447.jpg

そうそう、このレンズをエプソンR-D1でも使って撮影してみようと思っていますが、未だに実現していません^^;Leica M 50/2 Dual Range Summicronも併せてご覧ください。中古市場ではこの近接アタッチメントであるメガネ部品紛失した個体も数多くあり、その分安価に手に入れられますが、このメガネだけを探すのは至難。やはりセットされた状態を最初から手に入れるべきです。

11_20120102200311.jpg


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2478-462722a6