FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QuicTake
0PB_02.jpg


QuicTakeをインストールしてあるマシンはディスクトップだったので三階に行かないとダメ!そこでノートにインストールしようと考えました。時代的に同じ頃のマシン。そしてシリアルポートを装備していないとダメ!って事で、幾つか出してきました。それにしても懐かしいPowerBookDUO 280c DuoDock です。まだ動きますよ!

0PB_03.jpg

こちらも古くてもイーサーによるネット接続可能です。なんと発売開始 94年6月ですから!液晶が9インチってのも時代ですね。でも当時カラーで、この小ささは画期的!純正ドックもあります。

0PB_04.jpg

良く使うのはサードパーティ製の、このドッグですけどね。これでネット接続が可能になるわけですが...

0PB_05.jpg

ブラウザーの制約で、現在では殆使えないのが現状。なので最近のマシンでDLして転送しています。HTMLも日々進歩しているんですね。なので最新の環境がないとネット閲覧も困難になってしまいます。御本家Appleのサイトなんて新しい手法を導入されているので、とても観られるような状況ではありませんでした。

0PB_01.jpg

実際にインストールしたのはPowerBook2400cになります。このマシンも、かなり古いですがご健在です。G3も出してきましたが、こちらはシリアルポートが無いので接続できませんよね!このように接続端子も時代と共に変わってしまう。それは仕方ない事ではありますが今回のように古い機器を使おうとすると必ず障害になる場合が多いです。

0QuicTake_001.jpg

さてフロッピー時代ですが、ソフトを探してくるのも面倒!なのでネットで検索する...「The Mac Driver Museum」というところにありました。助かります。その場所は...「Scanner / Camera Drivers」インストールダイアログも懐かしい^^;

0QuicTake_002.jpg

無事インストール完了!これで準備ができました。

0QuicTake_005.jpg

カメラをシリアルポートに接続し電源を入れてQuicTakeを起動させます。

0QuicTake_004.jpg

ソフトを立ち上げたら接続させます。これでQuickTake100がディスクトップに表示されます。まさにバーチャルディスクトップに置いた感じです。そして切り離しはソフトからもできますが、フロッピーや他のデバイス同様ゴミ箱にドラッグインさせることで切り離しができるのが昔からのApple流。Mac128kの頃、フロッピーディスクをゴミ箱にドロップインさせて取り出せるってのには驚かされました。なにせ取り出しボタン俗に言うイジェクトボタンが無かったのですから...そう殆の操作をソフト的にコントロール。その方法は、あくまで現実を模倣しています。

0QuicTake_006.jpg

こんな感じの状態でデスクトップに表示されます。画像をクリックすると実物大の画角で表示されます。勿論好きな場所に移動可能なのは当たり前。そんな自由度は今では当たり前ですがMac128kの当時からMacでは当然の行為。それが今では当たり前なんです。その当たり前の事が重要だったんですけどね!

0QuicTake_007.jpg

ダブルクリックすればフォルダの様に開き中身を確認できます。

0QuicTake_008.jpg

当然、QuicTakeから開くことも可能です。

0QuicTake_009.jpg

こんな感じでイメージを編集する事ができました。もっと深く編集するには...

0QuicTake00.jpg

PhotoFlashを使っていました。今でもDLできますよ!J-PhotoFlash 2.0to2.0.1としてQuickTake用PhotoFlash V2.0.1アップデータがあります。


テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2473-8a652e9d