FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



The Nagra SN comming soon!
Nagra_001_500.jpg

このNagra SN もIllustratorで作成しています。今回3Dでモデリングし、質感設定をしました。ソフトの挙動が問題有ったために拘りの材質設定とはいかなかったのが返す々も残念な事でしたが、とにかく完成させる事も仕事なので、なんとか終わらせました。この機器とは「tape sound」という雑誌で初めて知ったのでした。やはりプロの機材とアナログ的精密機器の機能美に一目惚れです。この2倍の画像をご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。

Nagra_002_500.jpg

特に超小型テープレコーダーは非常に魅力的に感じました。当時は、カセットテープが全盛になろうとしている時代ではありました。まだWALKMANすら存在していない時代にSONY TC-50を現在のWALKMANのように使っていました。まあ、この機器はモノラルなんですけどね^^;当時、このサイズでステレオ再生できる機器は、ありませんでした。

Nagra_003_500.jpg

それでも十分楽しんでいました。その時代にあって、このNagra SNを観た時の衝撃と驚きは今でもハッキリ覚えています。機器自体が「プロとはこういうモノなのだよ。」と自らが語っているのです...軽少短小で日本の製品は世界一素晴らしいのだ!と教え込まれた虚像が崩壊した瞬間です。それが子供の頃に体験した世界一とは、尋常では無い!

Nagra_004_500.jpg

全ての業種にわたって世界レベルの基準を観る眼が変わりました。故に日本特有の萌えや、安易なキャラクターとかには全く興味を持てなくなりました。それは特撮テレビ番組でも同様です。全て陳腐に写ったからです。まさに子供だまし。音楽だってドラマだって映画だって、その基準で視点を変える事の大切さを教えてくれた企業です。

Nagra_006_500.jpg

なので非常に敬意を払っています。日本のプロレベルは世界では、どのレベル?自分はどの立ち位置?ってのを常に客観的視点で考えるようになったキッカケがそこにあります。なので日本の報道機関やマスコミの流す情報には惑わされない感覚が養われたのだと自負しています。その代わり、日本特有の売れ線テイストから遠ざかる事になるのですが...なので「日本だって!」という感覚は殆ど持ち合わせていません。

Nagra_010_500.jpg

そういった意味では常に批判的な意見を発していますが、案の定、原発安全神話もそうですが、社会的にも株式会社ごっこ体質が露呈し、どれだけ世界の基準から逸脱している価値観が浸透しているか、図らずも徐々にその化けの皮が剥がれ落ちつつある日本社会の悪しき土壌があらわになりつつあります。これまでの大人社会が、そして大人達が三ザルを決め込んだ結果です。それが日本国内で生きていく為に暗に必要とされたのです。

Nagra_011_500.jpg

私は、このメーカーに、その重要な事を教わりました。世の中の基準は、自国の大人達がしたり顔で語りますが、本当の事は、自分で確かめるまで信じられないのです。SONYが如何に素晴らしい製品を生み出したかは知っています。しかし一般消費者、横文字で語られる時に良く聞く「コンシューマー」 consumer向けの製品に限るという事です。ミスを極力排除し結果を出すことが求められるプロの世界では、本当のPro機材やプロ専用の企業があるのです。日本国内は、それがゴッチャになって嘘くさい話で語られる事が多いのです。そう言えばSONYの製品名にProと名が付くのが多いと気がついたのも幼い頃だった...そのプロたる所以とは?

その1つに、今回の震災、人災で明らかになった事があります。それは日本はロボット大国と言われて久しいが実際に使えるようなロボットすら現存していなかったという事実です。財団法人原子力安全技術センターが2億円以上もかけて開発していたという防災モニタリングロボットは用をなさなかったという現実。欧米では「Pix4D turns your 2D aerial photographs into 3D maps 立体地図 作成」など実質的に機能する様々な提案がされているのに...無人ロボットがキーワードなっても日本の技術は実践では役立たず。愛嬌を振りまくのが精々。確かに想定されている使い方は違うかもしれませんが即戦力にならない。世界には軍事目的とはいえ既にここまで鍛えられているロボットも存在している。こういった現象は日本の教育から人材にも同じ事が言えます。

現状把握というだ一歩の上空からの調査はRQ-4 Global Hawk が担ってくれましたね...肝心の原発事故現場ではiRobot 510 PackBot‬ ‪iRobot 710 Warrior‬ が活躍しています。優秀と言われている無駄な人材に無駄な投資をし続けている結果です。いや、投資ではなく公金横領ですね。それこそが日本の土壌ではないでしょうか?教育の内容、そして社会に送り出す人材。そのいずれもが実践的なな観点から逸脱し過ぎています。肝心の土壌自体も悪しき風習から腐りきっています。そんな体質をも黒船がキッカケにならないと認識できない日本人の本質が情けない。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2458-60ba2a97