FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



The Nagra SN comming soon!
006_20111126161332.jpg

幾度となく話題に出している「The Nagra SN」既にこちらは2004年にIllustratorでも作成していますが、今回は3Dで作成しました。とは言え、まだモデリング段階です。でもこの状態は、私は好きです。バンプもディスプレイスメントも使用していない純粋なモデリング状態ってのが^^;2Dの時とは異なる視点で創る事ができるのも楽しい作業です。やはり創るのなら世界一の性能と機能美を併せ持った機器が良いです。画像をクリックすると若干大きく表示されます。

005_20111126161326.jpg

2D、まあ私の場合Illustratorでの作品の方が知られていますが、写実は出来て当たり前!何度もこれは書いているのですが、基本ですから写実的描写は、ことさら誇る事でも何でもありません。絵を描く事を生業としているのなら描けて当たり前なんです。Illustratorで写実をやって、回りに(Adobeさんにも!セミナーでは何度も作品を使ってくださって、ありがとうございます。)ビックリされた。驚かされたのは逆に私の方でした。まあ最近では高密度グラデーションを利用したドット=メッシュポイントっていう愚行までも持てはやされているのには笑ってしまいます。糞も味噌も一緒って、まさにその事。

001_20111126161316.jpg

何故、Illustratorで写実を提唱していたか?取りも直さず基本だからです。アナログで当然出来る事ならデジタル、それも例えIllustratorであっても出来なければアナログの水準にすら到達していない証しになってしまうからです。そう、描けて当たり前なんです。それも通常のグラデーションだけで。高密度メッシュの乱用は愚行です。それを理解できない小僧が多いってのが哀れ。勘違い天狗を生みだしている(笑)。基本的な技術なんだからそれがどうした?って水準にならないと駄目なんです。何度も書きますリアルに描けるのは当たり前の技術です。

002_20111126161309.jpg

そして描く題材も、思い上がっている若者の作品は、その殆どが人が撮影した画像を単に見栄えが良いからといって機械的にその画像をトレースする。なにも考えずに^^;幼いよね。人の目を集められれば御他人様が撮影した画像でも何でも良いんだよね^^;私は極力、対象物は購入して自ら撮影した画像を使います。結果、こうやって3D作成する場合も役にたっています。実物がないと細部までは確認しようがありません。機能的構造だって理解できません。

003_20111126161303.jpg

写実は、注意力と観察力を養ってくれます。例えばデフォルメする前に、モノの本質を把握していないデフォルメでは説得力が無いのです。やはり本質を理解したうえでのデフォルメなんです。だからデズニーのキャラクターは生き生きしているのです。その反面、日本のゆるキャラの醜いこと。とても観ていられません。そんな品質の汚物を日本では小さい子供にも影響するってことです。これは音楽にも言えます。ジャニーズ系やAKB系の粗末な芸の無い素人を見聞きする事になるんですから...未だに、それで食っている大人達が大勢いるって事です。子供を食い物にしている...それじゃ洗練された感覚など養われるはずもない。しかも、そんな大人達に我が子を提供する親もいるって事です。

004_20111126161254.jpg

繰り返しになりますが、デフォルメキャラもデズニーなど欧米のデザインは非常に優れていると思うけど日本のゆるキャラは、邦楽同様、安易なデザインの寄せ集め的な印象がある。そんな洗礼を日本の子供達は幼い頃に受けているから嗜好が統一されてしまうのかな(笑)変なデフォルメでも受け容れてしまう感覚。これは笑い事じゃないと思っている。デズニーのデフォルメは外観的なデザインだけじゃないのよね^^;そして写実作品も素晴らしい!って写実は大切な基本!それはUIにも及ぶ。現実をシュミレートできて初めて操作性の気持ちよさに磨きが掛かる。アイデアだけでは駄目!それを日本の技術者は理解していない。それが写実の真骨頂!そこをApple、スティーブジョブスさんは理解している。

007_20111126161239.jpg

発想、実現させるための様々な仕組みは欧米が考え、具体化する。それに磨きをかけるのがアジア的なのかな?2Dアニメーションが、そうだったよに3Dアニメーションも同じ道を辿るのは必然。しかし基本的な土壌は変わりようがない。そこが歯がゆい。でも変われないんだろうね...実際、日本の漫画家が憧れたデズニーアニメ。それを追って日本のアニメ業界は進歩してきたけど、今度も同じ事が3Dアニメにも起こりつつあるよね。これの繰り返し。でも肝心の基本的な発想は全て欧米って事をキモに念じておこう。これは何もアニメ業界に限った事じゃないけどね。

008_20111126161225.jpg

話を写実に戻すけど、写真のように^^;描けたからって天狗になっているのはガキ。客観性の無い程度に低いガキだからね。私がIllustratorで写実を提唱した意味も理解できないメッシュ野郎が多く出て来た次期があったけど、もうそろそろ気がつこうよ。そんな高密度メッシュ(ドット=メッシュポイント)って愚行を。しかも写実はできて当たり前なんだから。そこから何を学ぶ?そんな事まで手取足取り教えないと駄目な奴ばかりなのか?だから日本では、そのクラスの人材が有り余っているって事なんだろうな。

009_20111126161217.jpg

全ての業種に言える事ですね。日本は株式会社の体をなしていない企業が沢山あり、それを放置している体質があります。教育関連も同様の構造。世界に通用する人材育成なんて無理。単に社会的に安易にランク付けするためのラベルです。内容はお粗末でもラベルを見て人格までも判断する愚行がまかり通っている。そう内容を自ら確認する能力すら放棄している人達が一杯いるからテレビのコメンテイターやオピニオンリーダーが言うと右へならえ的にオウム返しに同じ事を自分の意見のように風潮する傾向がある。CM起用だって一極集中が当たり前。それが変だと企業も個人も感じない世の中って歪すぎます。ジャニーズ系やAKB系を観たくもないのに1日に一度は観てしまうような国って北朝鮮と、どう違うんだよ!



テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2450-775337c3