FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



tape sound
0tap_00.jpg

昭和47年6月20日発行ステレオサウンド別冊  B5サイズ 特集=レコーデング・テクニックのすべて 第一回はピアノ録音だった。宮沢明子さんと菅野沖彦氏によろレコーデング。なんで、こんな本を出してきたかというと、私の子供の頃、世界にはSONYよりNakamichiより凄い会社が有るって事をおしえてくれたのでした。録音テクニックとは言っても当時子供の私にとっては、知識だけで実際に録音する機材すら所有していませんでした。持っていたとしてもマイク2、3本にカセットデッキかモノラルのテープレコーダー程度^^;

0tap_01.jpg

この当時はテープ録音が主流で編集といえばテープをカットして繋げる!アナログですね~ぇミスは許されません。今は何度でも出来ますし、基のデータは安心ですよね^^;非破壊編集って言葉も懐かしいくらい!しかし1972年では、こんな編集をしていました。結局、その道に一時期でも入りましたが、この手の編集は上手かったです。マルチの2インチテープだってカット編集するんですから!

0tap_02.jpg

そして、こんなカセットデッキが登場した時代でもありました。当時は買えるような代物ではありませんでしたが、今ではNakamichi 1000IIも姉妹商品だったNakamichi 700 Tri-Tracerも持っています。なんとカセットテープの歪みまで吸収してしまうアジマスコントローラーってのが凄い発想でした。日本の技術って凄いなぁ~と思った時代です。

でも、これはカセットデッキ。音楽を作成するにはオープンテープが主流の時代。やはりオープンテープを探して見ると...ちなみに私が大手録音スタジオで使っていたのはStuderA-800MK1&MK3 24トラック-アナログマルチ です。SONY製品ではありません^^;そうプロ?の大手スタジオで使われている主要な機材は全て海外製が殆ど。音の入りのマイクから、ミックスるす機材そしてモニターするスピーカー全て海外製です。



0tap_03.jpg

確かにマルチオープンテープレコーダーも魅力でした。今はなきスカイリーとかも紹介されていました。アンペックス、ステューダが有名。日本製はオタリとか、ありましたが、やはりスタジオでは海外製品が主流です。そんな中にあって、この小型テープレコーダーは何!?2トラ38録音もできる!しかも必要なら10号リールも使えるアダプターも完備!なんじゃぁ~!って事でショックでした。それが、このNAGRA当時70万近くしています。

これも、今では所有し、Illustrator作品として残しています。そしてこれがnagra 10号リール です。当時のSONYは、どんな機器を世に送り出していたのでしょう。これです。デンスケ録音機「BTS」「EM-3(PT-5A)」見るからに貧しさ全開。世界レベルと比べるとオモチャの様ですらあります。当時から、これだけの差がありました。をれを目の当たりに見せてくれたのがナグラです。そして2005年にIllustrator作成したのが、この作品になります。

0tap_04.jpg

のみならず、もっと小型でシャープなデザインのステラボックス!何てことでしょう!小型と言えばSONYだと思っていた子供の私にはショックでした。これほど小型で精巧そして高性能なテープレコーダーが世の中には存在している!その機能たるやスタジオのテープレコーダーに引けを取らない!驚きでした。そして日本企業より数段凄い世界があるという事を知らしめてくれました。

STELLAVOX SP-7は所有しております。こちらも優れものです。時代が変わりSTELLAVOX 4SI7 PCMバージョン、4チャンネルのデータレコーダーって変わり種もあります。いずれにしても世界のSONYと言われた企業が作っていた機材と比べてもプロ用の世界では日本企業は歯が立ちません。それを知った子供の頃を思い出したました。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/07/15 10:01】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2389-15b14906