FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Amazon.com. で購入したCD
0amazon_07_20110909134335.jpg

気にはなっていたんですが、落ち着いて聞く時間が無かったので先送りしてきました。Yesのニュー・アルバム「Fly From Here」その前は10年ほどまえに出ていた「Magnification」なんですが、今回のYESはボーカリストがベノワ・ディヴィッドさんなんだよね。最初に聞いた感じは「DRAMA」の雰囲気。そして各メンバーの写真を見ると...うはぁ~皆、老けたよねぇ~でも音の方は若々しい。構成メンバーは、トレヴァー・ホーン、ジェフ・ダウンズ、クリス・スクワイア、スティーヴ・ハウ、アラン・ホワイト、ベノワ・ディヴィッドだから「DRAMA」をイメージしてしまうんだね。だから曲がYESらしいけど古さを感じてしまう。でもYESはジョンアンダーソンがいないとイマイチ馴染めない。

そのジョンアンダーソンの新作!「Survival And Other Stories」彼は、もう66才なんだぁ~アコースティックな内容は彼が目指していた世界でもあり共感して聴く事ができました。彼は、Simon & GarfunkelのアルバムBookendsが好きなんですよね。その中のAmericaって曲をYesでもやっていたって知っています?全盛時の声のハリは失っていますが精神は息づいています。ただ残念なのは、やはりバンゲリスが全編で参加していれば、もっと良くなったかもしれないと言うのは不謹慎?皆、歳を重ねて行くのね...自分も歳をとったわけだと考えにふけるのでした。

0amazon_08_20110909134326.jpg

Return to Foreverの久々のアルバムそれもライブです。Returns [Live]中期のアルバムRomantic Warrior、No Mysteryからの曲が中心に演奏されています。なんで聞いていて楽しい^^個人的に好きな時代の曲面子なので満足です。「Forever」こちらはChick Corea、Stanley Clarke, Lenny White、3人によるトリオのアルバムアルバム。有名スタンダードもあり、リターン・トゥ・フォーエヴァー初代ギタリストのビル・コナーズも参加していたりしています。Señor Mouseもトリオによるアコースティックバージョンで聞けます。個人的には満足なCDでした。








0amazon_09_20110909134320.jpg

こちらのJeff BeckさんのCDは、単にCDで持っていなかったので購入しました。そしてSteve HackettさんのLive Railsです。こちらは、どうも時代的な古さがモロ出ていてワンパターの曲調に残念感がありました。彼のファンならお勧めなのかもしれませんが、今回の失敗CDでした。

0amazon_10_20110909134312.jpg

今回のスマッシュヒット...いやホームランは、「Chris Botti in Boston」でした。なんとライブ演奏が観られるDVD付きってのが驚き!彼の音を一音聴いてノックアウトされました。そして気に入っています。やはりエンターテイメントの国です。上質のエンターテイメントとは?の答えが、ここに集約されています。日本とはレベルが全く違います。それほど上質な内容で、この価格。邦楽のCDの価格って何?展開される音楽の幅。邦楽とは天と地のほどの違いがあります。こうやって大人が鑑賞できる世界があるのに日本は幼稚なガキ文化が主流って現実が悲しい。音楽史の継続性が体験できます。日本では望めるべくも無い音楽観を堪能できます。







0amazon_11_20110909134306.jpg

そうそう、こちらも御紹介。これは買いそびれていたCD、Jon Anderson & Rick Wakemanによるアルバム。「Living Tree」同じキーボーディスJON AND VANGELISとは随分違うな~。導入は良い感じだったんですけど、どうも全体的に単調。やはりVANGELISとの相性が良いというか作曲、アレンジ、シンセサイザー、センス共にVANGELISの方が素晴らしいと感じてしまいました。

語弊があるのを承知で書けば、日本の音楽事情はお寒い限り。結局は欧米の後追いってのは変わりません。曲、演奏方法、スタジオワーク全てマネッコってのが多い。なによりオリジナリティに賭ける情熱や要求されるレベルが別物。だから本当のプロが育たない。これはどの業界も同じですね。やはり若者は海外で勝負して欲しい。国内市場相手では鍛えられない。それに体験しているレベルが欧米とは比較にならないほど国内レベルは低いって意識も無いと思う。幼い頃から目に、耳にしているレベルが違い過ぎるんだよね。なにせ皆と同じが安心なのか一極集中ってのが好き。それじゃ個性なんて育つわけがない。精々プチ個性止まり。土壌の違いを肌で感じるべき。

私は、これらのCDをアメリカのAmazonで購入しました。そちらで購入した方が安かったからです。詳しくは、こちらをご参考にしてください。こういった手の情報も大切だと思うので^^;





テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
David FosterのHit Man Returnsも良いですよ~
【2011/09/10 06:02】 URL | (=゚ω゚)ノ!! #- [ 編集]

おひさしぶり!
コメントありがとうございます。

> David FosterのHit Man Returnsも良いですよ~

ですよね!私の好みとして当然、選択したんですが、この当時は
日本には送れません!って例の駄目出しが出ちゃったんです。
なので、こちらは日本のアマゾンで購入予定です。
その前に、もう一度、US Amazonで挑戦してみますが...
【2011/09/10 08:00】 URL | YukioMiyamoto #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2387-a84440bd