FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



GoZ Update 1
0goz_001.jpg

やっとPhotoshopもGozの仲間に入れてもらえました。やはり方向性はこうじゃないと駄目でしょう!だからと言ってテクスチャ作成が簡単になったか?と言うと、まだそれは別の話です。それに全て問題が無いとは言えません。修正は必要になってきますし、テクスチャマップで丁寧に仕上げる必要性は同じですよね。この方向で複数のソフトの行き来が問題無くできるようになるのが理想です。こちらからDLできます。

0goz_003.jpg

ダウンロードし解凍すると「GoZ_Mac_April-11-2011」という名のフォルダが表示されています。中身はこんなの。まず「GoZ_Upgrade_steps」を読まれることをお勧めします。既にMaya や Cinema 4DをGoZにしてお使いの場合は関連スクリプトを削除しておきましょう!なんて事が事細かく書かれています。旧GoZを使われた方は是非、ご一読を!

0goz_005.jpg

上図にある「Pixologic」フォルダを、「Users/共有/Pixologic」に上書きします。但し、他のスクリプトをインストールしてあるる場合は旧フォルダの名前を変えて置いておきましょう。
次に「アプリケーション/ZBrushOSX 4.0/ZData/ZPlugs」にあるGoZ.zsc と GoZDLL.libをダウンロードしたファイルの中にある「GoZ_Mac_April-11-2011/ZBrush 4/ZData/ZPlugs」にある同様の名GoZ.zsc と GoZDLL.libで上書きしましょう。

0goz_004.jpg

同じく解凍したフォルダ「GoZ_Mac_April-11-2011/ZBrush 4/ZStartup/ExportTamplates」の中にあるGoZ Binary For Cinema4D.GoZ と GoZ Binary NoFlags.GoZを「アプレケーション/ZBrushOSX 4.0/ZStartup/ExportTamplates」にある旧ファイルを削除するか上書きします。

00goz00.jpg

ZBrush4を起動して、モデルを用意します。SubToolによりオブジェクトを分けている場合、全て、もしくは見えているオブジェクトだけとか選択する事ができます。


0goz_002.jpg

作業が終わったらZBrushを起動しPreferences palette >> GoZ そして Update applications pathsボタンをクリックします。それぞれのターゲットアプリケーションを見つけたら、必要なコンポーネットをインストールします。

0goz_008.jpg

これまでのようにツールにあるGoZボタンの右端にあるボタンをクリックし、ターゲットアプリケーションをしてします。

0goz_007.jpg

Photoshopに受け渡す為にはオブジェクトに対してUVを設定しておかなければいけません。適当にテクスチャを設定してからGoZボタンをクリックします。最初は、このような注意書きが現れます。「Don't show again」ボタンを押せば以後は現れません。

0goz01.jpg

試しにPhotoshopに書き出してみました。これがPhotoshopに移動した直後、正面に向かせた状態です。そのままブラシも使えますがテキストもラスタライズすれば使えます。CS4、5で使用できるはずですが...

0GoZ_000.jpg

当初、CS5でも出来たと思ったら!ZBrush4.0からPhotoshopは行けるのですが片道切符でZBrush4.0に戻ることが出来ませんでした。CS4では問題なく往復可能です。CS5で往復出来るようにするには32ビットモードで起動させる必要があるります。なんじゃそりゃ!CS4で出来たから良いやと思ったのですが...そんな落とし穴がありました。ZBrushに戻れなければ意味ないですものね...

0GoZ_001_20110423212708.jpg

なので当分は旧PhotoshopCS4は削除できません。何故かMac版は、このような扱いですね...

0goz02.jpg


戻すにはCS4を使うかCS5では32ビットに切り替えて使う必要があります。さて、テキスト入力は、みかちゃんフォントを使ってみます。一見ブラシで手描き風ですが、テキスト入力をラスタライズして使っています。

0goz_012.jpg

PhotoshopからZBruhsへ戻るには上図のように「ファイル/自動処理/GoZPlugIn...」を選択します。

0goz_010.jpg

ZBrushに戻せば反映されていることを確認できます。それを、そのまま今度はmodo 501へ書き出してみました。

0goz_011.jpg

modoでも問題ありません。どうやらMayaは2009までのようです。2008ではテクスチャ表示がでません。でもレンダリングすると表示されています。なんか設定変えたっけ?←俺...忘れている^^;2009以上なら問題なさそう。




テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2265-b68fc19e