FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



AC-7 Core v2.0 released and XT
0AC_7_01_20110416175646.jpg

AC-7 Coreは、iPad発売時に既に御紹介済み。様々なDAWのトラックレベルのコントロール、パン、録音、ソロ、ミュートからエフェクト調整などハードフィジカルインターフェース顔負けの機能満載。対応ソフトは多く、Propellerhead Reason/RecordでXTを併用すれば16チャンネルコントロールも可能ってことでしょうか?それにしても2台iPadがあれば16チャンネル用意できソフトだけなら1500円ってのも驚きです。

0AC_7_02_20110416175635.jpg

外観も新しいメタリックシルバータイプが追加されているようですが、増設チャンネル用のAC-7 Core XTは旧タイプのブラックしかないのかな?今時、懐かしがって4チャンでもないでしょうね。最近ではiPad、楽器本体に標準装備って扱いにもなっています。確かに使い勝手はプレイヤーデバイスの枠に収まるような技術ではないですね。その証拠に1年経って、これほどまでにフィジカルインターフェースとして浸透しているのですから...そして今年、iPad2が登場しましたが、画面サイズは同じ。それでいて高解像度になっています。なんと読みの甘いこと。感覚が古いのか新しい発想の欠如なのでしょう。これでは新しい発想の製品が登場出来る訳がありません。こういう人材が幅を利かせているようでは、日本人に出来る事と言えば枯れた技術の修練ってことでしょうか?しかし本当のプロ用の機材は日本製では無いに等しいのです。民生用では日本製が一見素晴らしく見えますが、プロの世界は別物です。



特に創り出すツールがデジタル時代に入っても純日本製って少ないですよね?こういった趣味的な道具でさえも殆ど無いのが現状です。残念な事ですが、iPadのような斬新な道具は、まず生まれる事は殆ど無いです。例えば、こんな話しがあります。あえて誤訳のないよう原文にて...

PLAYBOY: What about Epson and some of the Japanese computer makers?

JOBS: I've said it before: The Japanese have hit the shores like dead fish. They're just like dead fish washing up on the shores. The Epson has been a failure in this market place.

PLAYBOY: Like computers, the automobile industry was an American industry that we almost lost to the Japanese. There is a lot of talk about American semiconductor companies' losing ground to Japanese. How will you keep the edge?


これは土壌の問題で批判、批評しても改革は難しい問題です。要求される仕事の本質が違うから仕方無いのです。新しい発想を大切にされない、要求されない世界では、仕事の内容が異なります。良い悪いではなく求められる内容が異なるので鍛えられるレベルが違うのは仕方無い事です。それに染まれば評価は高くなるのは当然。反対に、その基準から逸脱すれば無用の人材となります。そう言った意味から日本では枯れた技術の修練では素晴らしい結果を残していますが、新しい発想を要求されません。故に、このような製品しか作れない事に...これは音楽関連にも言える事です。

要求される本質を考えれば、日本の中で成功するある種の方法は見えてきます。人は要求される内容により鍛えられる内容が決定されてしまいます。既に決められ用意された範囲内でなら素晴らしい結果を出すことはできても全く新しい分野への挑戦には力を発揮できないのは、土壌が決定した事です。日本の国は、今までは、その力で枯れた技術を再構築して牽引して来れましたが、デジタル世代になって要求される内容がガラッと変わってしまったからなのです。残ったのは官僚的(形式的で独善的)ある日は権威主義な考え方で、新しい発想を生かす土壌と言い難い社会になってしまいました。未来を託すはずの教育分野もしかり...

ついでと言っては語弊がありますが、こんなAppも出て来ています。「eyoControl」日本国内では、この分野の要求度は低いですが欧米では支持されているようですね。こういった土壌の違いが創り出す心を慈しむのでしょう。iPadを最初に観て消費型アイテムだと決めてかかるような土壌では無理なんでしょうね。「eyoControl for the iPad 」に関しての動画はこちらにあります。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2262-e4684174