FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



下請け 孫請け 実は 縁の下の力持ち
0sita.jpg

この度の被災で、これまで大手企業の下請けとか孫請け企業、工場での部品供給が滞っているため「日系自動車メーカー、海外での減産広がる 部品調達に不安」に陥っているそうです。これまで下請け企業をコストの面で虐めていたのに思わぬ集団被災って事でストライキでは無かったものの新規受注を取りやめや部品調達問題の影響が大きくクローズアップされています。これはとても重要な事が露呈してしまったと言う事でしょう!関連の様々な企業間の関わりも見え隠れしました。

大手車産業ですら部品調達がおぼつかない状況になれば二進も三進も行かない事になるのです。これまで下請け関連会社は団結する事が少なかった為、大手の言いなり。奇しくも天災により一斉に部品調達不能に陥った御蔭で、如何に頼られているか証明されたようなものです。しかし...このような事も言われています。「【経済】トヨタ・日産、韓国製部品を本格調達へ 国内企業を見殺しか ...」やはり大企業は己らの存続至上主義なのです。残念ながら、これが昔からのやり方です。確かに親カメこければ子亀もこける、けどこの親は、こける前に子を見捨てるんだよね。

逆に、これを良い機会として安い賃金に流れを変えたいと思っているのも事実かも知れない。「トヨタ・日産とも韓国部品本格採用決定・537万人の雇用喪失拡大か ...」これが実態。そこから学ぶには力関係を普段から対等にさせるために自らを守る必要性を感じ行動しなければならない。大企業は中小下請けには家族のように扱うようなふりはするが、その実は冷徹。これまで日本の基幹産業を支えてきた中小を何故、こういった時に国も真剣に援助しようとしないのだろう?まずは自力再建の為の助けが必要。国の再建は、機能しないから見殺しにしていたら、いずれは己に帰っているから自動車産業自体が斜陽の一途に...

0JP-WORKER.jpg
写真はこちらからNYtimes

日本の再建を唱えるなら、これまでの歪んだ社会構造(雇用関係)を見直していくべきじゃないだろうか?下請け、孫請けのような関係ではなく対等な関係。まさに今回の天災で下請け、孫請け企業が被災してしまえば大企業とて部品の調達に支障が出れば大打撃を受ける。ビジネス上、対等の立場で接するべきだった。天災から人災になってしまった原発事故も同じような下請け、孫請け体質は同じ。2009年4月~2010年3月末までに福島第一原発で働いた1万303人の内、89%が派遣・日雇い労働者。現在現場で作業する約300人中45人が派遣労働者。こちらは健康と命まで差し出させられている。しかも何の保障もされないまま...

そんな日雇い労働者、派遣労働者のまたの名を「Fukushima's Bio-Robots」って揶揄されている。世界の目は節穴じゃない。こうやって日本の本質を見抜かれていく。人的資源をどれだけ軽く考えているか丸わかり。人命をどれだけ軽く考えているか...社団法人ACジャパンの広告が空しく感じる。日本人ということをとても誇りに思えない。戦中から同じだよね。そしてこれこそが日本の本質だから悲しくなる。「無線ロボットより開発費に費用のかからない使い捨てバイオロボットを使って原発事故処理している日本。」技術立国が聞いて呆れる。世界には、そう写っている。

いろんなブログで復興への提言がされているだろうが、一番の問題は日本のこういった体質改革にあるのではないでしょうか?福島第一原発事故は、この体質が招いた結果。そこにはこれまで判っていながら放置されていた天下り、談合、下請け、孫請け問題。はたまた相撲賭博のような触れてはならない世界を放置してきた積み重ねに過ぎないのではないでしょうか?社会的構造疲労と言われて久しいけど、この天災から引きずり出された人災に多くを学ばないと本当の意味でこの国の再建はあり得ない。昨夜の余震で六ヶ所再処理工場の外部電源途絶、現在非常用のディーゼル発電で冷却と。女川原発の冷却系も現在3系統のうち1系統のみ。福島のみならず、殆どの原発関連施設がこの有馬様。地震国で原発推進を唱え、安全は担保されていると言い切っていたはず。その裏では金のなる木として存在していた事実が隠蔽されていた。

災害時の時に略奪、強奪が殆ど無いとか、人々が整然としているって日本って事だけど、それはそれで羊ってことかな?完全に調教されている面が出ているだけ。倫理的に他の国民より優れているって事にはなっていない。海外映画では殆ど同じ行動しか出来ない日本人イメージを必ず目にする。下世話な話し買いだめに突っ走る人に美味しい話しが舞い込んだら間違いなく食らいつく。その立場になった時、自分は正しいと思う行動をとれるのだろうか?そこで必要なのが信仰心なのか?いずれにしても教育って事なんだけど、本音と建て前が子供の頃から多いからな~ぁ他人の目が無ければって人は多い。。甘い汁が吸える立場に自分がなったら果たして断れる?それを自問自答したい。



コスモ石油燃料タンク爆発により石油製品にも多くの影響がでてくるのは必至。地震大国に於いてやはりこういった災害時の対策がどれだけ用意されていたか改めて検証して於く必要があります。大事故になった原因が全て想定外の天災と言ってしまえば安全対策など意味を持ちません。石油関連商品ってガソリン、重油、軽油などの燃料系のみならず様々な製品に影響が出て来ます。例えば「丸善石油化学、新聞用インキ原材料DIB(ジイソブチレン)の生産工場復旧に「最低でも1年間は必要」」となると更に印刷業界には打撃です。独占企業ってのもあったんですね...インクのみならず被災した製紙大手も数多くあり紙供給の不安定も当分続きそうです。今後、電子出版への生き残りを視野にいれつつ紙場慣れは一層加速されていくのでしょうか?これまでの出版関連業界の利害関係や既得権益とは別に新しいビジネスモデルが市場からの要求に応えつつ確立されていけるかが重要になるのでしょう。災い転じて多くの業態で健全な変革に繋がることを切に祈るものです。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2252-51841158