FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



実家 アキバ
0zikka_001.jpg

実家へ、スカイツリーも徐々に完成へ...地上デジタル放送切り替えも、もうすぐなのでしょうか?スカイツリーが完成すると電波状況は良くなるのでしょうか?スカイツリーは地震の大きな影響はあったのでしょうか?

0zikka_002.jpg

都知事選、この顔ぶれ...さて何方が都政を担う事になるのでしょう?いずれにしても舵取りは簡単ではないでしょう。柵を越えて、真に都民の真意を汲める人材は、この中にいるのでしょうか?

0zikka_003.jpg

アキバでも震災募金は花盛り。そんなに、あっちこっちへ募金するほど潤沢な稼ぎはありません。

0zikka_004.jpg

「秋葉原無差別殺傷事件」一審東京地裁で死刑判決を受けた元派遣社員加藤智大被告(28)=青森市出身=の弁護側は31日、判決を不服として東京高裁に控訴した。なにが不服だろう?なぶり殺しの刑が良いのか?そうしても殺された人々は生き返りはしない。7人を殺害、10人に重軽傷を負わせている。(2011/4/1 金曜日)

0zikka_005.jpg

被害に遭われた遺族の方が当時献花台にされた場所に同じく献花されていた。もうすぐ3年の月日が経とうとしている。(2008年6月8日)それにしても、あまりに時間が掛かりすぎるのではないだろうか?24日、東京地裁の判決で死刑を言い渡されていたそうだが、一方的に殺された方達の人権は完全に無視され過ぎている。

0zikka_006.jpg

判決にそれほどの時間が必要なのだろうか?裁判官一人当たり1,500件を越えるそうだが、果たしてそれが言い訳になるだろうか?私が体験した民事裁判でも無駄な話し合いや無駄な延長繰り越しが多かった。ごく当たり前の判決すら時間を掛けすぎる嫌いがある。彼等は仕事を故意に増やしてはいまいか?そう感じた。それ以前に民事に於いて裁判に進む前の調停って儀式が全く意味をなさない。そして調停委員ってのも非常にいい加減な存在だった(ハッキリ言って専門知識の欠如)。そんな無駄な人材や事に税金を使って欲しく無いと強く思った。建前論が多い割に現実的な決断がなされない。明確に判断出来る案件でも曖昧。なにかと示談で終わらせようとする傾向がある。その前に、意味の無い儀式は不要。そんな無能な人材に税金を使って欲しく無い。

ちなみに1日に1回の調停の場合は、8650円,複数の場合は1日に1万7250円を上限として支給される。調停は普通2時間なので時給は4000円以上となるが、それだけの内容とは、とても思えない。それより意味の無い調停自体、不要。となればそれに関わる経費も必要無くなる。他にも書きたい事は沢山あるが、単に判決に時間が掛かる原因は、抱えている事案の数だけが問題ではないと思っている。結構いい加減な事が多かったが、その話は又別の機会にでも...









テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2246-b68fd5aa