FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



creating hair in Modo 501
suk_02.jpg

髪の毛の細かい設定を丁寧にしなかったので黒つぶれ^^:仕事の合間の息抜きに、やってみました。modo 501にして、大きなトラブルは今のところ無いですが、おや?って事がチョコチョコあるんですよね。もう少しバグ出しを、しっかりして欲しかった。特にファイルをダブルクリックで開かないのは面倒。一度開けば最近使ったファイルから開けるけど...まずは基本。ファイルクリエータをシッカリ確認させて欲しいよね。「modo/modoを終了」って意味あるの?機能しないよ。Itemsで新規Meshも右クリックで作れない。トリプルディスプレイで作業しているんですが、それにも不可解なトラブルあるし...それは置いておいて、「A quick workflow demo of creating hair in Modo 501. 」を観て、やってみました。

Hair Workflow from Chris Hague on Vimeo.



これテキストで説明しているもんだから読むのが遅いので、やっぱり音声で説明して欲しい。まあ最近インド系等英語圏以外の方の音声だと辛い場合がありますけど^^;私が英語で説明したら、やっぱり聞き取りにくいって言われるんだろうなぁ~(笑)。

suk_01.jpg

髪の毛をマイケルジャクソンさん風にしたら、なんとなく彼のスカルっぽく見えてきた^^;ゴメンナサイ!マイケルさん!悪気はありませんので、ご勘弁を!そうそう、このキャラの名前はスカルから、スカール君と言います。以後、お見知りおきを!書籍でも登場していおりますので...

suk_03.jpg

さすがに64bitモードになったせいかヘアー使用でもレンダリングが早いのは嬉しいです。ブラシを使ったヘアーコントロールは知っていましたが、こんな制御の仕方もあるんですね。って知らなかったのは私ぐらいかもしれません。でも、こうやってやってみる事が大切なんですよね!それにしても設定項目が沢山あるなぁ~再び3Dを初めてから2年。まだまだ知らない事が天こ盛り!

suk_04.jpg

ほお骨部分が出っ張っていて空間があるんですよね。そんな所を誇張して作成してあります。さて27日締め切りの仕事を進めないと!それにイギリスのお仕事2つが続く...先方様の御連絡があれば一気に5作続けて作成する事になる可能性あるけど幸い先方様はクリスマス休暇に入っているので当分安心^^;でも気は抜けません。作業を続けていないと!単に忙しがっているのは馬鹿みたいですものね。余裕でやっています。首から肩そして腕にかけての痛みも随分緩和されたので大丈夫!

いるんですよね。なにかと忙しがっている人って。そんなに忙しいなら忙しいなんて言っている暇すら無いはず^^;そんな人に限って段取りが悪かったり仕事率が悪いんですよね。昔、建築設計や土木設計をやっていた時も忙しがっている人達がいたけど、俺は出来高で働いていたので軽く、そんな人達の3倍から5倍の結果を出していたけどなぁ~手を動かしながら常に目的達成レベルを想定しつつ先の行程を考へ黙々と仕事をしていた。忙しいっていうより想定している仕上がりに一刻も早く到達する事しか考えていないから忙しいとは思わない。与えられた時間内で最高の結果を出す為にしか頭を使わないよね?

建築業界も徹夜している人が多かったなぁ~私は絶対、徹夜はしません。そうそう残業すらしなかった。どうしてもって事で頼まれても3時間が限度。9時から5時まで集中して仕事したら残業する気力など残りません。集中していられる時間も3~4時間が限度。実際に人の3~5倍の仕事量をこなした経験から言えます。特に一部上場企業だと同年配以上の人達からの厳しい査定が常にあるので半端じゃなかった。30歳そこそこで重役クラスの報酬を取っているなんて話しは社内で何故か直ぐに広まる。仕事での辛辣な虐めもあった^^;男の嫉妬は嫌ってほど体験した。

でも福利厚生なんて無いのだから社員の3倍以上を狙うのは当然。それも理解しないサラリーマンが多い。24、5年前は特にフリーランスの立場なんてそんなもの。それでいて効率性を上げる為に常に臨機応変に対応するって事が求められる。ルーチンワークしか知らない人には理解できないでしょう。また、自分にこなせる仕事量も理解していないとね!それを超える仕事を抱えるのも愚の骨頂。品質を落とすことになる。それはお客様に対して失礼。

って、30~40までは、そんな事していた。だから芸術関連には縁はなかった。そんな事をしていられなかった。でもMacを手に入れてから次第にグラフィック関連の仕事が増えていった。その後、バブルが弾けて土建業界が悪くなり、グラフィック関連の仕事が増えていった。そんな流れ。学生時代は土木工学。本来は芸術関連に進みたかったのに...それだけの結果も出していたんだけどね~あっ!そうそう難関?の就職試験を経て某スタジオにも行ったことがあったね!そこで日本の録音現状を嫌ってほど思い知らされた...あれじゃぁ~世界レベルで戦えないのは当然。リミックススタジオのニーカムが可哀相な使われ方してた。道具は使う人によって生かされるのにね...要求されて生まれた土壌が違うから仕方無い。

学生の身では進路すら自分で決める事が出来ない。そんな環境だった。だから美大に行けた人達が羨ましい。若い時代にできることってあるからね。それを良く理解していたから余計に悔しい。親との諍いから自腹で学費を払っていたし^^;結局、音楽関連もしかり。やりたい事は全て独学。まあ過ぎてしまった事は仕方無いけどね。音楽、グラフィック関連は正規の教育は受けていなくとも多くの受賞歴はある。人生に「もし」が使え、ごく普通のチャンスがあれば、もっと多くの成果が手に入っただろうに...恵まれている人達は、それすら理解していない。子供は無力だものね...この歳になって、この手の仕事をされている方達の、道程を知るにつけ、自分の置かれた状況を客観的に見ることができるようになってからだよ。子供時代は他の家庭環境なんて知るよしもない。

これも知っていると思うけど...確認のために載っけておこう。後で確認しようっと!

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2140-00510103