FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



巨匠 猪本義弘 先生 Mr. Inomoto
inomoto_01.jpg

夢のような事がありました。
なんと、あのテクニカルイラストレーターの巨匠猪本先生と
お会いできたのです!こちらのイラストはアナログで描かれた
作品です!先生は単にテクニカルイラストレーターの範疇には
収まりません!自動車産業の歴史をリアルタイムに歩まれ
常に最先端の知識と技術を身につけていらっしゃいます。


inomoto_02.jpg

なぜか?それは先生の作品が雄弁に語っているのです!
驚くことに内部メカニックの資料が無くても作成する。
そんな状況など私には考えられない事なのですが、
実際に自動車設計にも携わっていらっしゃったので大凡の見当と、
自らの経験に基づいて解析し、内部構造を描かれるのです!?
しかも見せたい部分を強調しつつ絶妙な感覚で
全体のバランスを調整されるのです。これは驚異です。

inomoto_03.jpg

並々ならぬ車への愛情と多くの先進的なアイデアに裏付けた
膨大な知識と情熱が、あればこそなし得た事です。
とても残念な事は、私の車に対する知識の無さでした。
世界に誇る素晴らしい才能を、もっと日本人は認めるべきです。
見せかけや虚仮威し、権威に振り回されるのは、ごめんです。

inomoto_04.jpg

右から猪本義弘先生そして作家の高斉氏(高、斉は難しい方の字です。)
小さな子ども達への教育にも熱心です。個人的には、もっと大人の
美大生に生きた勉強を教えて欲しいと思います。
先生は、独学でマスターされているのです・・・それは私も同じですが、
今日では様々な書籍があるので独学も可能ですが、先生は自ら考え
先人達の絵から学びとっている凄さがあります。

優秀な人材とは?日本の土壌で先生は希有な存在です。
真に世界が認めるそんな人材を日本人が大切にし、誇りにすべきです。
単にテクニカルイラストレーターの範疇で語ることはできません。
先生のような方が教壇に立つべきです。似非アーティストは願い下げ!
日本人は本当の本物をを見抜く力を身につけるべきです。
猪本先生に関する話は、これから少しづつしていくつもりです。
こちらのページをご覧ください。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント
>>内部メカニックの資料が無くても作成する。
凄い!の一言です。
このような技術が、日本国内では認められないというのは・・・
日本は特許もそうですが、ソフトに対する考え方は、基本的に昔と余り変わっていないような気がします。
優秀な技術者がみんな海外へ流出していくのは何とももったいない!
これでいいのか、ニッポンという感じですね。
【2006/08/18 01:27】 URL | なんちゃってフォトグラファー #- [ 編集]

通常は資料があって作成する場合が多いのですが、
先生の場合、メカニックの知識に裏付けされているので
頭の中にイメージが創られると思われます^^;
絵を描く写実技術は当然のように修得されていらっしゃいます。

具体的ではないイメージをイラストで、しっかり表現されているのです!
そう、これこそが写実描写の神髄です!人間でしか出来ない事です。
3Dでモデリングなど不可能ですが、先生は知識を基に解析しながら映像を
頭の中で整理し描き上げます。そして絵として重要な個性が生まれるのです。

多くのデッサンをし頭の中でメカニックの様子が組み立てられるのでしょう。
これは今のデジタル作家には到底、及びもつかない奇跡的なテクニックです。
何故、資料がないのでしょう?
それは現在活躍中のF1マシンなら当然企業秘密になりますので非公開です。
また、非常に希少なマシンの場合、資料が殆ど無い!と言うことが起こります。
そう完全に資料自体が失われてしまっている最悪の事態もあります。

先生が題材として採り上げるマシンを注意深く観察すると単に
テクニカルイラストレーターの範疇で捉えられていないことに気が付きます。
マシンが有名だったり、デザインが優れているという観点ではなく
車の長い歴史と中で、特に重要な位置にあるマシンを選択しているのです。
先生とお会いし、車の知識が無い!自分に悔しい思いをしました;;
【2006/08/18 10:13】 URL | Yukio #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/213-663cbc36