FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Matias Tactile Pro 3 Keyboard Returns to the Alps
0key_001.jpg

MacII時代に使っていたApple Extended Keyboardが今蘇る!そんな素晴らしいキータッチです。
いや、もっと軽快で確実なキー入力を実現しているかもしれません。個人的には、これがベスト!
以前、東プレ Realforce103Uが、良いと評判になって購入しましたが、最初はヨカッタのですが、

次第にショートカットキーでの入力ミスが目立つようになり却下し、SpaceSaver USBに戻した
経緯があります。ただ、このSpaceSaverも少々キーの帰りがもたつく感じがあるんですよね...


0key_000.jpg

そこで知ったのが「Matias Tactile Pro 3 Keyboard Returns to the Alps」の記事です。
調べて、これは大丈夫そうだ!って事で購入に至りました。

0key_002.jpg

「Other World Computing」にて購入しました。日本で購入するより3000円以上お安く購入した。
リブメグチェックが入ります^^;下にあるのが、旧atessaブランド名で売られていた頃のキーボード。
お気に入りのキーボードだったんですが、使用頻度が高く、多くのキーが接触不良になったのでした。
特にスペースバーが死んだのが致命的でした。そんな理由で、このキーボードの復活は嬉しかったです。

0key_003.jpg

そうそう、昔のタイプは電源スイッチがキーボードに有ったんですよね。デザイン的には昔と、ほぼ同じ。

0key_004.jpg

いやぁ~古いキーボードはホントに使い潰しました。並べてみるとデザインが、殆ど変わっていない事を
確認できます。日サイトでは「Matias Tactile Pro Keyboardは、デザインを根底から見直している。」と
書いていますが、並べれば殆ど変わっていないのが一目瞭然です^^:

0key_005.jpg

3-port Hi-Speed USB 2.0 hub.は片側に2つ備わっています。もう片方には1つの計3つになります。
傾斜用の脚も旧タイプと比べると強度的に向上しています。古いタイプは、やわだったからなぁ~

0key_006.jpg

EjectキーとVolumeキーを備えいるので便利です。そして10キーは絶対に無いと困ります。私は...
オリジナルのAlps keyswitchをリファインしたという、洗練されたメカニカルタッチは素晴らしい!
「アンチゴースティング機能」(別名「Nキーロールオーバー」)と呼ばれる優れた機能があり、
素早いタイプにも追従してくれるので非常に気持ち良いです。これが駄目だとイライラの原因。

ハッキリ言って東プレ Realforce103Uは、この辺が弱いようでした。とにかく追従してくれない!
ショットカットキーを多用すると反応しない事が、ちょくちょく起きるのです。それが苛つきます。
ところが、このTactile Pro 3 Keyboard は、軽快に入力されます。キータッチも転がるような感触。

0key_007.jpg

キーに記号がプリントされているため、™ € £ \ ©など覚えにくい記号を見つけることが簡単です。
右下の記号はOptionキーを押しながら、右上の記号はShiftとOptionキーを同時に押しながら入力。
やはりキーボードはUS配列ってのは、MacII時代のApple Extended Keyboardからなので慣れています。

0key_008.jpg

キーにレーザーで焼き付けられているため、旧タイプのように消えることは無いそうです^^;
ご覧のように旧タイプではコマンドキーは殆どのっぺらぼうになってしまっています。使いすぎ?
他にも消えているキートップがあり、無刻印キーボード化しそうな勢いで使っていました。

しかも、ドライバーをダウンロードすると、コマンドキーがAltキーに、OptionキーがWindowsキーに
それぞれ対応してくれるそうなのでBootCanpでの使い勝手も向上するかもしれません。まだ未体験。
って、そのドラバーって何処になるのだろう?と調べたら、ここにありました。早速DLはしておく。

とにかく、東プレ Realforce103Uより数段キータッチは、私好みです。こちらの方が断然に良いです。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント
こんんちは
こんばんは。。

アップル純正でちょうどこの大きさのキーボードって
ありましたよね?iMac初代の頃、キータッチは最悪でしたが、大きさ、デザインは完璧だと思います。電源スイッチもやはり欲しい(と思います)。お写真を拝見するれば、最新式のはやはり省略。。デザイン的に空白で、どうしても所有する気持ちが...

それよりも、浦島太郎的な疑問なんですが、失われた20年前、キーボードのホームポジション???であるキーDとKにボッチの点の突起物があったこ頃...タイピングソフトでブラインドタッチを練習し、記憶してしまって、未だに現在のFとKに馴染めないのは、きっと日本では私ぐらいだと思います。。なんでJとKのボッチになったのでしょうか。。
【2010/09/12 21:50】 URL | mitsuhirock #fxlFCQfE [ 編集]

こんばんは!
このタイプは、グラデーションニットタイプのG4時代でしょうね^^;

> それよりも、浦島太郎的な疑問なんですが、失われた20年前、キーボードのホームポジション???であるキーDとKにボッチの点の突起物があったこ頃...タイピングソフトでブラインドタッチを練習し、記憶してしまって、未だに現在のFとKに馴染めないのは、きっと日本では私ぐらいだと思います。。なんでJとKのボッチになったのでしょうか。

私も中指中心でマスターしましたよ!流石に今となっては人差し指中心になれました。
だって、何時までも、そんな事言っていられません^^;タッチタイピングで
マスターした場合。突起は重要ですよね。確かに変更された直後は困りましたけど(笑)。
【2010/09/12 22:09】 URL | YukioMiyamoto #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/2024-5332f13d