FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SONY TPS-L2 WM-3 WALKMAN
0walkman_01.jpg

黒い塗装のWALKMANは、ウォークマンデラックスWM-3です。当時メタルテープが
使われ始めて、WALKMANも、それに対応して発売された機器です。左が初代。
初代はカセット扉にはWALKMANと刻印がないのです。
 
0walkman_12.jpg

WALKMANにはヘッドフォン端子が2つあるのですが、その端子には
「GUYS & DOLLS」と彼、彼女用の端子になっていたのです。後になって
HEADPHONES A B となって味気ない?表記になりました。

0walkman_02.jpg

WM-3にはMETALという刻印がメタルテープ対応を謳った機器である事を
物語っています。文字がゴールドってのが高級感を演出しています。

0walkman_03.jpg

丁番が背中に配置されのはTC-1000からです。TPS-L2は1979年になります。
WALKMANの年代別は、こちらを御覧ください。面白いコメントが...
「社内外の声に反して大ヒット」って言うのがポイントですね。

0walkman_04.jpg

ヘッド周りも再生だけなのでTC-50と同様、ヘッドが1つです。ストップボタンが
イジェクトボタンとしても機能するような構造になっていました。

0walkman_05.jpg

電池の入れ替えもTC-50から1000になるにつれて手間が少なくなるよう設計され
電池交換が作業的に素早く変えられるようになっています。

0walkman_06.jpg

フタが簡単に開けることができ、フタが確実に閉まる構造になっています。

0walkman_07.jpg

閉じた状態でもヒンジなどの出っ張りもなく、非常にスマートになりました。

0walkman_08.jpg

操作関連も飛躍的に整理され扱いやすい構造になっています。TC-50から
実に11年の開きがあるので当然の進化と言えるかもしれませんが素晴らしい!

0walkman_09.jpg

SNの場合、相手がプロフェッショナルなので、このようにギリギリの構造です。
基板までも露出してしまうほどの単純な方法で電池交換は行われます。

0walkman_10.jpg

操作は、左にある出っ張りで行います!それだけ!そしてカバーを開けるのは
右にあるようなコインで開けるタイプのネジが本体の周りに3つあります。
プロ機材と言う事で全てに関して性能優先の潔い設計となっています。

0walkman_11.jpg

そのネジを緩めるだけで背面のカバーが外れます。全面のテープ操作にアクセス
するのはラッチを外すだけで簡単にアクセスすることが可能です。このように
民生用マシンとプロ用マシンでは大きな違いがあります。使いやすい事が大切な
民生機器と高い性能、確実性を第一に優先するプロ機材は特化した専門性が命。

機器に対して知識が無くても、とりあえず使える。そう、これがTC-50から11年
経った成果の1つがSONY TPS-L2と言えるでしょう。その後の約10年後には
DATウォークマンが現れました。その前にD-50というCDプレーヤーが出現。
これもメディアとしてのCDです。そのまた約10年後にメディア戦略としてのMD。

思い起こせば、私の中ではCDウォークマンが、ギリギリでMD、DAT関連は全く
縁がありませんでした。そのメディアは全く使わなかったと言うことです。
特に生録ではDATに関しては多少触手が動きましたがMDに関しては興味無し。
メモリースティックさえも、既にSONYの思惑が完全に外れてしまった感じです。

そうそう、スクープマンNT-1ってのもありましたね...このマシンで使われた
デジタルマイクロカセットって、まだ流通しているメディアなのでしょうか?
これもSONY独自の規格で、レコーダー自体は販売が終了してしまっています。
結果、SonyもiPodのような事を考えていたとは到底思えないのですが...

確かにアナログからデジタルに移行する前夜まではSONYは一線で頑張っていました
そして次第にデジタル機器では、楽器メーカーに、その地位を奪われることに...
今ではマイクロフォンもオーティオテクニカや、RODEに完全に食われてしまった。

SONY TPS-L2が現れて22年後に第1世代のiPodが現れたのです。その前にソフトが
2001年1月に音楽再生・管理ソフトとしてiTunesがリリースされているのです。
その当時、SONYはメディアに走ろうとし、メモリースティックウォークマンを発売。
MDに変わるメディア戦略を目指していた事が判ります。もうこの時点で負けています。

何故なら、コンパクトカセット、CD、MD、メモリースティックとメディアとしての
戦略しか辿っていないからです。そこには毎回同じ手法が繰り返されているだけ。
それこそが今の日本を象徴している流れではないでしょうか?だからiPadは、
プレイヤーデバイスとは言えないって事にもつながるんだけれどね...何故って?

そりゃ、既存のメディア戦略ではない発想から成立している商品だからです。
既にiTunesの現れた2001年まで遡る必要がありますが、「iシリーズ」の流れです。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1939-da64e881