♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Reason 5 & Record 1.5発表!
0record_01_20100605022737.jpg

Reason 5 & Record 1.5になったんだぁ~早いモノで、去年の9月発売でしたね。
ただ、今回はタイミングが悪いよ!iPad、2台そしてabobe関連と物いりですからね~
しかも少々忙しい時なので遊んでいられないから、もう少し後になりそうです。
 
0record_02_20100605022730.jpg

バージョンアップ代が、もう少し安いと嬉しいのですけどね~ぇ
確かに楽しそうな内容になっています。それは判ります!
それにしても、数多くのソフトのバージョンアップ代も馬鹿にならない。
それなりに回収できる仕事絡みだと自分に言い訳できるけど、それが
ままならないと、そうそうホイホイとバージョンアップできないんですよ!

夏が過ぎた頃にでも考えようかな...それとも次まで待っちゃうとか^^;
euphonix Mixを Propellerhead Record で使えるからご機嫌なんですけどね。
というリンク先の使い方を観て海外からの質問。日本語じゃ~判らないよね。やりたいんですよね?
でも操作方法を説明しようとしても、正直、図を見て判断して!としか言えないんだよね。ビデオでも
たいした事喋っていないし^^;Euphonix さんに、Propellerhead Recordでも使える事を、もっと
アピールしたほうが良いですよ!ってメールはしたんですけど、どうやら積極的には扱いたくないみたい。

boy I wish I could hear/read what your saying...I'd love to see how i can get this to work.

説明って言っても、図を見れば推測つくでしょ?説明するほどじゃないんですよね~って書いた^^;
残念ながら英語版を使っていないから英語版でのメニュー知らないし^^;こんな所が面倒ですよね...
だから、日本語を扱うソフト以外なら英語版でも良いんですけどね~その分ローカライズ料が安ければ!
海外への操作説明って、やはり英語版が好ましい。急いでいる時は日本語のままでやるしかないけど...
大凡、同バージョンなら、メニュー位置的には、ほぼ同じだと思ってますが...

音楽ソフトは同じでも受け入れられる音楽は、国によって違います。アジアを含めた日本の音楽は...
どうも世界では通用しないんですね~それもそのはず、海外には本物がいて、その真似事が多いからです。
それでは世界のマーケットには食い込めません。なぜ、そんな人材が現れないか?それは幼い頃か
耳にしている音楽の幅が狭い。それに尽きます。そして邦楽独特の売れ線が、昔から変わっていない。

これは、音楽に限りません。仕事の世界でも同様な事が見受けられます。個を認めず、食い物にする。
契約社会と言いつつ、それは社会的強者の都合よい契約が多い。アメリカでもその傾向がありますが、
日本のそれは、もっと曖昧でいい加減です。そこで自分の存在感を出す?まあ、無理な相談ですね。
それなら個人で戦った方が実力を試すことができます。起業?それも内容によりけり、個々の目的にも
よりますが例えば社会的に株式会社としての機能がまともに働いていることが大前提って事でしょう?

多少語弊があることを覚悟です。だって未だにホンダ、ソニーじゃないと思います。Google,Yahoo!
Appleといった世界的に大きな若い起業が、日本にどれほど生まれていると言うのでしょう?殆ど
未だに戦後育った大企業です。そりゃ、中小では若い企業はありますが、世界規模の企業と言ったら
どうなんでしょう?既にアメリカではデジタル系の企業がアナログ企業を駆逐している現状があります。
何故でしょう?そこにもう少し注力しないと、体質的に改善されないと思うのですが?如何でしょう?

テーマ:DTM - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1915-2123f0ef