FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



iPad 到着 セッティング完了 AC-7 Pro control surface Logic FCS
0iipad_01.jpg

午後2時過ぎに荷物が4つも届きました。そりゃ中身は、お待ちかねの例の物ですよ!
面白い事に、荷物が届く前にこれから届ける趣旨の電話連絡がありました。代金
引き替えでは連絡がありますが、単に荷物を届ける為に連絡ってのは始めてです。
さ~てリブ&メグチェック入ります!
 
0iipad_02.jpg

最初にご開帳するのは勿論、iPadからですね^^おもったより小さな箱で、重さがあります。
中にSoftBank Wi-Fiスポットに関しての封書が...確か「なし」にチェックいれたけど^^;
「すべての iPadモデルに適用されます。」って事ですね。それなら「なし」チェック必要ない。

0iipad_03.jpg

いよいよ箱から出すのですが...パルプモールドで囲まれています。これって以前だと
発砲スチロールそして段ボール組の緩衝材が使われていましたよね...ベトナムから?

0iipad_04.jpg

フタを空けると...ただの黒い平面が現れます。そうそう、シールが貼られていますが、これを
外したら即、保護フィルムを貼らないとならないのです。上手く行くかな?ドキドキ...

0iipad_05.jpg

中身の全容です。なんとマニュアルは...殆ど、それらしきモノはありません。パンフレット程度の
説明書きだけです。それこそが進化の証しでしょう。昔のコンピュータって山ほどマニュアルが
付属でありましたよね。おっと!アップルシールも付属ですか(笑)懐かしい。昔からだね♪~

0iipad_06.jpg

それとiPad Dockも一緒に購入しています。後から判明したのですが、このドック必要無かった。
何故なら、iPadをジャケットに入れて使う事にしていた。これは裸の状態じゃないと置けない!
やはり傷とかは、最初のうちはショックだから...使っているうちに裸も大丈夫になると思うけど。

0iipad_07.jpg

そして、このドック。縦置きしか対応しないんだよね^^;まあ、それは良いけど、しばらくは
使わないだろうね。2台になったら片方は家の中専用となるだろうから裸のままになる可能性あり。

0iipad_08.jpg

さてフィルム貼りになります。気泡そして特に注意しないと駄目なのが埃やリブメグの毛です。
慎重に...と言うほどでもなく簡単に綺麗に張り込む事が出来ました。気泡も埃も皆無です。
気泡の除去はプラスチックカードじゃなくて丁度良い厚紙が有ったので、それでやりました。
このような動画を一度観て、どういった所に注意したらいいのか知って始めると良いでしょう。

0iipad_09.jpg

電源を入れてみると...Macに繋げるよう表示が現れます。そうiTunesに接続を促してきます。
そんな所が、また良いのです。次に何をすべきか?判りやすいですよね。それが大切です。

0iipad_10.jpg

これこそがハード、ソフト表裏一体「i」シリーズの証し。このポイントが大切なんですね!
ここんところ、初代iPodが出た当時に気がつかない日本企業。駄目だよね。今更ながら...
それでマーケティングとか言われちゃうとホントウカ?と突っ込みたくなります(笑)

0iipad_11.jpg

次に最初の画面が現れます。そこでホームでのアイコン扱いについての説明がされます。
ちょっとした説明で使えるUIって凄いです。しかもマニュアルらしいモノが無いのです。

0iipad_00.jpg

次に設定の一般にあるBluetoosh設定を表示させKeyboardを認識させるようにします。
要求されたパスキーを入力すれば使えるようになります。あると便利なキーボードです。

0iipad_13.jpg

ジャケットを着せてみました。なかなか快適に使えます。この純正ジャケットって
ゴムっぽいとか毛嫌いする人も多いですが、私は気に入っています。手にしたときに
裸の状態だと落としやすいですが、滑りにくいので持った感じ安定感があります。

0iipad_14.jpg

Wi-Fi設定をして、まず自分のページにアクセスしてチェックします。なかなか早くて快適。
そして、しばらくはiTunes Storeに入り浸りました。欲しいAppが目白押し...困ったな^^;
これで海外TVドラマだってUSのiTunes Storeに登録できれば字幕はないけど観られるんだよね。
実はストアの中で以前から言っていた機能そのものっていうべきAppを幾つか発見しちゃった。

0ac_7_01.jpg

例えば、これです。ac-7 pro control surfaceまさに、こんなAppが欲しかったんですね~!
お値段は1200円です。いやぁ~この値段でフィジカルコントローラーになるなんて夢みたい。
これを待ち望んでいたんです。そしてプラグイン関連もコントロールしたいなぁ~、そうなると
複数iPad使用ってのも視野に入ってくるんだよね。我が家は2台揃う予定だし...

0ac_7_02.jpg

通常使いなら8フェーダーあれば、そこそこ便利に使えますからね!しかもマルチタッチ!
これって、凄い事ですよ!千二百円でフィジカルコントローラーが手に入るんですからぁ~
でもね、きっと、このようなAppは日本では少数の人間しか騒がないんだよね。そこが問題。

創り出す側の人間より圧倒的に消費する方が多いって証拠なんだなぁ~そうなると米国より
日本の方が、iPadの売り上げ台数おおくなるって事かしら?日本じゃ売れないとか言っていた
人達も大勢いるけど...このiPadマルチタッチ機能には、まだまだ潜在能力が有ります。

創り出す人材が少ないってのはオークションでのマイクロフォンの落札価格を観ても判ります。
普通なら海外のオーディオ機器はebayの方が日本の落札価格より安いのが普通ですが、こと
録音関連、それもマイクロフォンとなると逆なんですね~海外の方が高値で取引されている。
あっ!楽器は、日本の方が圧倒的に高いですね。完全に暴利です。なので私は海外で購入

0ac_7_03.jpg

なんと縦横どちらでも表示してくれる。フェーダーストロークも、それなりに有るのでグー!
現在使っているハードのフィジカルコントローラーも素晴らしい機能ですが、これもなかなか。
でも、今は、使っていられないので、仕事が一段落したらのお楽しみとしよう...

Euphonix Mixと同様Propellerhead Record でもつかえるのかな?何故なら、これも使われて
いるのがMackie Controlプロトコルだから多分、同様に使えると思います。これは凄い事です。
きっと、音楽分野のみならず、映像分野のメインソフトお助けコントローラー増殖しそうです。



このように使う側によって単なる閲覧する為のビューワーやプレイヤーデバイスだけではない
マルチタッチを使ったAppも創り出す側の人間にとっては嬉しい機器になるに違い有りません。
そう、そんな所を見誤っているから駄目なんだよね。何が新しいPCですか^^;それを言うのなら
インターフェースの革命って言うべきなのよ!判っていないねぇ~そんな事だから何度も見誤る!

0iipad_15.jpg

と、夕食中に録画を観ていると...昨夜のワールドビジネスサテライト...あれ?観たこと有る!
おおぉ~なんと!知り合いが出ているではありませんか!なるほど、狙ったね^^;おめでとう。

テーマ:iPad - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1907-c144cb5d