FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Euphonix MC Transport 入手
0MC_Trans_01.jpg

購入予定にはなっていたのですが、価格がネックになっていたEuphonix MC Transport
それが、ほぼ希望に近い金額で手に入れる機会に恵まれました。昔、紹介した通りです。
こんなシステムだとSynclavierを完全に超えた!って実感があります^^;
 
0MC_Trans_02.jpg

さっそく、メグチェック入りま~す!新品の臭いです。OKです^^
と言うことでセットアップに突入します。

0MC_Trans_03.jpg

高解像度のジョグホイールとシャトルリング、6つのプログラム可 能なソフトキーは、それぞれ適度な
質感と重量があり、操作感にも高級感があります。左手で操作する場合でも10キーがあるので便利!

0MC_Trans_04.jpg

接続するためには、Ethernetケーブル一本でネットワークに接続、そのままMacに繋がる!
これは、とっても便利です。昔midiケーブルを使っていた時代は、コードの山になるし、
そのmidiコードも結構な金額だったからね...

0MC_Trans_05.jpg

配置は、いろいろ悩んだけど、汎用性のあるコントローラーなので左手元に置くことに!
このコントローラー、なかなかの存在感があるんです。

0MC_Trans_06.jpg

Euphonix MC Control & Mix が既に接続されているので、横一杯に繋げようとおもったけど、
ディスプレイの脚が邪魔になる。ディスプレイは3枚使っているので、どうしても両端の脚が
干渉してしまう。台座を用意しても良いのだけれど、手元で操作したほうが便利なようだ。

0MC_Trans_07.jpg

3台の機器を接続するわけなのだが、Ethernetケーブルでネットワークに接続するだけなんだね。
それだけで、自動的にEuCon Artist ソフトウエア が追加機器を認識してくれる!

0MC_Trans_08.jpg

ファームウェアのバージョンをチェックすると、僅かだがバージョンが上がっているので
すかさず、バージョンアップしておきました。これで最新ファームウェアになりました。

0MC_Trans_09.jpg

画像では75%のアップデートが進行している様子です。完了すると電源が自動的に切れます。
再度、起動すればアップされた状態で使えます。この作業も簡単なんです。

0MC_Trans_10.jpg

機能的に配置されたトランスポートコントロールPhotoshopやiTunesなどのHUIまたは
Mackieコントロール等6つのソフトキーが使用できます。

0MC_Trans_11.jpg

主要なオーディオ・ビデオアプリケーションのために、あらかじめプログラムされた
ソフトキーセットされ直ちに使用しているソフトに適合したサーフェスになるので実用的。
とはいえ、まだ機能的な事が良く判っていない^^;ソフトも同様だけど、手に馴染むまで
少々慣れが必要ですね。使い始めないと良いかどうかも判断できないのは同じだよね!

0tra_01.jpg

ボタンのアサインも、こんな感じで簡単に出来てしまうのはインターフェースが良いから。
直感的に設定できないと、やはり使いこなせませんよね?

0tra_02.jpg

さて、このボタンは?って事だって、自由に設定できるのは良いけれど、機能が何だったか?
それじゃ、どんなに優れた機器でも使いこなせません。こうやって感覚的に判らないと!

0tra_03.jpg

勿論、使うソフトを切り替えたら即座に、対応機能が反映されないと意味ないですよね?
こうやって機能が確認できるのは、とても使いやすい!また設定も既に一通り準備されている。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1757-322dcace