FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SHURE 55SH SERIESII
0shure_01.jpg

50年代、60年代を彷佛とさせるクラシカルな定番ダイナミックマイクロフォン。
これまでにモデリングしたことがあるので、本物は必要ないかな?とも思っていた。
でも結局、手に入れてしまった。実物を見ないと判らない事が多いと知る事になる^^;
幸いなことに状態の良い、ほぼ新品の個体を市価の半額程度で入手しました。
 
0shure_02.jpg

写真写りが良いですよね。音は?ダイナミックマイクロフォンです。それはそれ
向き不向きがありますが、声の収録には、個性的な表現として使えると思います^^;
コード入手、全く新品と言って良い状態です。勿論保証書入りです。

0shure_03.jpg

それにしても実物を見ないと細かい所が判らないと、つくづく思いました。
まずは、ボディマティリアルが全然違うじゃない^^;イメージでは
クローム、テカテカの仕上げかとおもっていたら、ヘアライン仕上げじゃん。

0shure_04.jpg

そして、ここの首根っこには傾きを維持するためのスプリングが格納されている。
確かに頭と言うか、ボディは重量があるので傾きを作れば、自重で曲がってくる。
それを、このスプリングで設定された角度の維持に役立たせるんだね。

0shure_05.jpg

そしてボディを分割するネジが、この部分にあるのが確認できるんだよね。
なるほど、知らなかった。写真やイラストでは認識出来ない部分でもあるのだよね。
そうそう、SHUREと言えばマイクですが、インナーフォンも使っています。

0shure_06.jpg

この接続部分も判らなかった所...このコネクター接続と、スタンド接続部分の
間隙は、もう少し離れていないと干渉してしまうだよね...そんな仕様だから仕方ない。
そして、ブームスタンドより卓上スタンドが似合うので調達しないと!自立できない。

0shure_07.jpg

だってケーブルを繋げると、こんな状態になってしまうからです。そうそう所持マイクは
RODE NT4、Audio Technica AT-822、バイノーラルマイク・イヤホン BME-200とかね...
他には、定番のマイクをペアでROAD NT2を2本、同じく宅録の定番の AKG C3000Bを所持。

0shure_08.jpg

先端が3/8” 規格のマイクスタンドに取り付けられるアタッチメントTAMAの マイクホルダー
クイックリリース TQR38
を用意しないと、キッチリ取り付かないようですね。とりあえず...
そして卓上スタンドも必修ですね。そんなわけで一応...

スタンドに取り付けて音を確認。なかなか良い感じじゃないですか?とは言っても私は
ボーカルはしませんけどね^^;音声収録には何処でもNeumann U 87シリーズが使われていますが、
まさに判で押したようだよね^^;スタジオでのマイクも定番は殆ど同じ機器があるけどね^^;
それも海外スタジオからの受け売りを、そのまま継承している場合が多い場合があります。

自宅での録音では、ROADで十分。そして、ダイナミック型も揃えてあれば良いんじゃないかな。
特に、このマイクは存在感があるから撮影小物としても使えるしね。手に入れてヨカッタな。
あっそうそうSHURE SM58も持っていた!けど写真撮るの面倒だから今度用意しておこう!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
スプリングは配線の保護のためのものですよー
【2013/10/14 22:53】 URL | masa #- [ 編集]

はじめまして!
> スプリングは配線の保護のためのものですよー

あは、良く確認したらそうでした^^;デタラメな事を書いて失礼しました^^;首はネジでシッカリ止まりますものね!
【2013/11/07 14:46】 URL | YukioMiyamoto #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1748-c968b84b