FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FREE
0free_01.jpg

ネットやデジタル化により既存の価値観、流通、経営が随分変わってきた。
最近、ソフトでもパッケージ購入はせず、DLってのが当たり前になった。
そして、音楽も、メディアを買うことが少なくなってきている...
業界的に、どうなんでしょう...FREEって...近視眼的に言えば困るよね^^;
 
0free_02.jpg

この結果を観ても、基本的に、無料って事が支持されている。既に昔なら
無料って事が考えられなかった事の多くが無料化って事も多い...
特にネット関連にはブラックを含むグレーのものまで無料が溢れている。
勿論、健全に無料を謳ったものも数多くある。デジタルってのは凄い...

0free_03.jpg

そこで、無料なら^^;と言う事で、覗いてみた...今は、まだ仕事の真っ直中!最終段階!
ちゃんと読んでいる時間が無いのでザッと目を通した...確かに今までの考えとは
明らかに違う視点が必要なのは理解できるけど、それだけの体力と魅力のある
中身が重要って事は、昔と同じ。そしてモノの見方にもバリエーションが要求される。
そう、我々日本人が不得意な閃き、アイデア、人と異なる視点ってのが肝心なんだな。

でも、よく考察したものだ...その考えは、なかなか面白い。即、役立つという内容ではないけど
興味深い視点がある、そして自分の知らない業界の流れも見られて、面白そう...
って事で、興味の有る方は是非御覧ください。私は、もう少し後で読もうかなと...
これもPDF、こういった手法を考え出すのは大方、欧米発ってのも不愉快かつ悔しいが...
こんな事も含め日本の教育に大きな問題があるって事を早く気がついて欲しいもだ。

だって、これって心理学的要素が満載じゃないですか!さすがにこの分野でも日本は
相変わらず後進国。そんな観点から観ても、日本教育は明らかに時代遅れだと感じる。
そして、そんな道筋は、プレゼンテーションを含む手法にも反映されるわけですね...
ジョブス氏のプレゼンもそうであるようにアップルの宣伝、戦略、そして製品にも反映されている。
そこんところが、日本企業、日本人に欠けている部分だよね。それって似非社会主義国からは
生まれないだろう?と思いません?私は、ず~っと言っている事なんですけどね...

ただ、うさんくさいと感じるのは、NHK出版だからなのだろうか^^;
と言いつつ、ネットゲームは無料が、当たり前...でもね、創る道具だって
今時、製作側だって道具も、いまや無料ってのは驚きだろう...

0udk01.jpg

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1648-9060df74