♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



BASIS CURSUS Illustrator CS4
0book_01_20091018141625.jpg

海外から荷物が到着していました...さて、何も購入した記憶がありません。
なにかヤバイものだと怖いなぁ~と...どうやら欧州からの配達モノです。
なぜ、そう思ったかと言うと...
 
0book_02_20091018141608.jpg

この表示で、思いますよね^^;益々、欧州からの買い物は殆どしていません。
思い当たる事は何もないので、差出人を確認すると...

0book_03_20091018141618.jpg

ん~これでも、まだ判りませんでした。そこで念のため...
記載してあるURLで確認する事にしました。

0book_04_20091018141555.jpg

安心しました^^;そうそう以前、お仕事のお話を頂いた所でした^^;前の事だったので
すっかり記憶から外れていました。「djoko」さんを御覧ください。

0book_06_20091018141546.jpg

なんと二冊も送って頂けました。アメリカ、書籍でのお仕事は何度か経験済みですが、
欧州での書籍関連のお仕事は、初体験でした。ありがとうございました。

0book_05_20091018141506.jpg

Illustratorの写実描写に関しての記事になります。しかもメッシュを一切使わず、陰影を
表現する方法をメインに御紹介しております。高密度メッシュの必要性は私には全く
感じないからです。何故なら高密度メッシュの方法論は画像変換に他ならないからです。

だからかぁ~なんで欧州からの名指し検索が多いのだろうと疑問に思っていました。
書かれているのはNetherlandsなので主にオランダ王国とthe north part of Belgiumです。
いずれにしても、アメリカ、韓国、台湾、そしてオランダとインターナショナルな感じ嬉しいです。
そうそう、書籍じゃなく、パンフレットですが、ドイツからも届いていましたね^^;

ネット上での御紹介って比較的多いけど、異国の出版物にて御紹介ってのは普通、あり得ない!
やっぱり印刷物で、御紹介して頂けるのは、また格別な喜びがあります。ありがとうございました。
更に、アメリカならず私の好きな欧州からも御紹介していただけるのは、感激の極みでもあります。
特に今回は、私が敬愛するレンブラント・ハルメンス・ファン・レイン
(Rembrandt Harmensz. van Rijn)
誕生の国、オランダでの御紹介ですので感慨深いです。

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1612-a8ebb82f