FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



制度改革 責任問題
最近、農業での直販が増えてきている。そして一律ではなく品質で競争って事。
低価格競争ではなく高品質を売りにし、生産者の意識改革が進んでいる。
努力し、着実に成果を挙げられた者が報われるのは、当然の成り行きではないか。
なぜ、今まで社会主義国でもないのに一律な報酬で働かなくてはならなかったか?
 
それに比べ、私達の仕事は、どうなのだろう...一律な査定で糞も味噌も一緒。
創り出す事への敬意など殆ど皆無。美味しい仕事はコネが有る方へ、それ以外は、
少しでも安くできる方へ流れる。特にそんな状態であるから中小の広告代理店の
倒産が相次いでいるようだ。やはり無駄に経費がかかる構造は必要ないのでは?
農産物のように、美味しいかどうか?それぐらいの選択眼が仕事の場に於いて
欠落しているのは明らかにプロではない。企業担当者が多いと言わざるを得ない。

政財界では制度疲労が言われ続けてきたが、根本的な改革は、やっと政権交代に
及んで、徐々に、これまでの膿が出てきてる。結局、根本から変わらないとダメだ!
そこに巣くった病巣は自らを抹殺する事はあり得ない。ならば、良識を持った集団で
一刻も早く治療に着手するしかない。現在は、この過渡期であり、多くの痛みは伴う。
「4500の天下り機関に25000人が天下りして12.1兆円もの国費を投入」って何?

これまで、中枢に巣くっていた団体や個人が、癌のように広がり続けた結果だ。
誰も責任はとらず、常に現政権の批判をすれば良いという時代はとうに終わっている。
これまでの問題は、現政権が引き起こしたのではない。新政権は、その立て直しに必至。
これらが象徴しているように、政権交代前の慣習には数多くの間違、問題、矛盾が有り、
自民党政権崩壊後には、これまで隠された病巣が至る所から噴出しているではないか。

似たような問題は、教育制度にも数多くある。悪しき習慣などと言っていられないのだ。
ありきたりの査定で人を選別してきた歴史では、優秀な人材は評価されることは少なく、
結局、パテント・トロールではないが、人材も海外へ流出するしか無い社会環境となる。
努力し、結果を出しているのに、それを認めないとなれば当然、正当に評価される方へ
流れるのは自然。既得権益集団を守る為、国全体を疲弊させた前政権の責任は重い。

もっと言えば、拉致問題、そして郵政民営化を含め、我が国の主導者は、私腹を肥やす
売国奴が如何に多かったかが、露呈してくるのも時間の問題ではなかろうか!
その時、奴らは責任を取れるのか?既に暴利を貪って他界している場合が殆どだが...
これは、どの業種にも言えること。身近な問題に置き換えて、皆が、それぞれの立ち位置で
戦い、勝ち取らなければならいない事を我々は、もうそろそろ気がつくべきではなかろうか。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1603-88bcc932