FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



PCM 私 歴史
0pcm_01.jpg

SONY PCM-1 PCM AUDIO UNIT

まずは、1977年に民生用として始めて現れたデジタル録音機PCM-1
お値段は48万円もしたんです。デザインは当時のSONYの
オーディオ製品に共通するノブやスイッチが使われています。
いえね、これだけでは録音はできませんでした!

そうなんです、当時はVTRデッキを記録装置に使って記録していました。
このユニットはPCM(Pulse Code Modulation)プロセッサーって事になっています。
思い出します。今では、ごく普通の会話にも出てくる?PCM。しかし当時は、珍しく。
SONYの入社試験の論文テーマとして出てきました。知っていただけに喜び勇んで
回答欄の裏面までびっしり書いた記憶があります。
 
0pcm_02.jpg

実は、世界初の実用PCM録音機としては、DENON「デンオン」日本コロムビア株式会社
PCM録音機DN-023Rになるわけですが、「デンオン」が正式な読み方だったのですが、
海外では「デノン」と呼ばれていたそうです。「電音」が「デンオン」だったんですね。
それが現在では「デノン」が正式名称になっています。

0pcm_03.jpg

但し、リンク先にもありますように、とっても一般的に扱えるような代物ではありませんでした。
そんな中、このデジタル録音機PCM-1は、当時プロの間で使われることになります。
なんたって、これだけ扱いやすくコンパクト?になったのですから!!、まあ、これが日本の
いや、Sonyのお家芸だったのですが...既存技術の小型化ってことです。素晴らしい事です。
アナログ時代は、この技術が世界的にも非常に有効でした。

0pcm_04.jpg

そして私がコンテストの入賞金の一部を使って購入したPCM-F1って事になるのですが、
この機器でも当時25万円しました。しかも、これもまだプロセッサーですから同シリーズ
ビデオのF1というコンパクトビデオとのセットで使っていました。ビデオは、どの機種でも
良いのですが、このシリーズは、ズーッと愛用してきたのでデザインを揃えられました。

c0068424_23431441.jpg

c0068424_1755358.jpg

写真は、その後の機種で、たしかB5サイズのポータブルビデオにビクターのカメラを
接続して使っていました。ビデオコンテストも幾度か入賞経験ありますけど、当時の編集は
ダビングと同じですから劣化との戦いでした。しかも最低デッキは2台必要でカット繋ぎのみ。
DATは、スルーしてミニ・ディスクは完全無視しております。この時代は建築設計をしていました。

c0068424_2127101_20090727160343.jpg

プロの世界でも、こんな機材がありました。STUDER Digital Multi Recorder D820 48-track
これは明らかにデジタルマルチ録音の過渡期になる機材とナルのでしょう。それが一気に
変わってしまうのがデジタルルネッサンスの凄いところだと思います。まだオモチャ程度の
オーディオメディアが産声をあげたのも、この時代でした。そして今では主流になりました。

0PCM_06.jpg

現在は、EDIROL R-09 を経て、KORGのMR-1 1-Bit MOBILE RECORDERを使っております。
しかも、現在は、生録音に、それほど投資はできませんので中古にて本体、そしてペアマイク
併せてなんと2万円程度で揃えました。これが、とても素晴らしいのです。その昔、何十万と
費やした機材を考えると...これは多重録音に関しても同様です。昔は、こんな機材を使っていた。
シンセもアナログ、しかも単音です。まあ音声はVCOを3~4ほど用意してありますが...

0PCM_06.jpg

それが現在では、素晴らしいソフトの御蔭で、これだけのスペースで済んでいます。
キーボードだって88鍵のハンマーアクションタイプで音も良いですから!
ピアノの音も、十分それっぽく出ています!しかもシンセにも変身できるのですから...

0PCM_06.jpg

ミックスだって、このEuphonix MC controlを使えば昔のニーカム以上のコンピュミックスが可能。
完全トータルリコールですしね!手間いらず。いやぁ~それが、これだけの費用で実現できてしまう。
出来ることが雲泥の差です。だって昔は、アマチュアは4チャンネルどんなに頑張っても8チャンネル。
それが今は...とか書いていたら、なんとLogic Stuidoもアップグレードしていました^^;

テーマ:DTM - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1475-651c0643