FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Intuos4 5ボタンマウス アートペン
0wacotaimag_01.jpg

ワコムさんから、Intuos4用の5ボタンマウス、アートペンを借りることができました。
これが、そのパッケージです。個人的な意見ですが、「エクスプレスパッド」無くて
これらが付属していたほうが嬉しいな^^;もうそろそろペンの回転機能は標準装備して
欲しいところです。せっかくの機能が、別売のアートペンを購入しなくてはならないのは
やはり使われない大きな障害になっていると思います。
 
0wacotaimag_02.jpg

最初にマウスですが、小振りです。左右対称で左、右どちらの手でも使えるように
配慮されているのでしょう。持ち方は左右の端を親指、薬、小指でつまむように
ホールドする感じです。そのような理由から少々指に負担が掛かります。

0wacotaimag_03.jpg

裏返すと、トラッキング用のセンサーは見あたらず、タブレット用のマウスと判ります。
フェルトの様なもので覆われているのでタブレット面を傷つけず移動し易い仕上げです。

0wacotaimag_04.jpg

ボタンは左右と回転部分のボタン、そして回転の上下にあるプラスチック部分の計5つ
ごくごく標準的なボタン構成だと思います。

0wacotaimag_06.jpg

現在メインで使っているMX518と比べると小さいです。慣れの問題かもしれませんが、
持って操作する感じは、やはりMX518の方が安定して使えます。なぜならMX518の方は、
手を乗せフィットした感じで操作できるからです。こういったマウスは、専門メーカーに委託し
使いやすいタブレットマウスを作って欲しいと常々思っているんですが...

0wacotaimag_07.jpg

タブレット内の移動は非常に快適です。しかし範囲を超えれば停止するのは当然ですが、
直ぐにタブレット内に移動しても、瞬間、挙動が不自然になるのが気になりました。また
ペンと同居してしまうと止まってしまいます。いずれも、どちらか一方をタブレットから外せば
問題は、解決することなのですが...

そしてブラック仕上げがテーマ色なのでしょうけど、これが結構汚れが目立つんですよ!
以前のグレー仕上げは、それほど汚れが目立った無かったのに今回は小傷や汚れが
反射の仕方で、とっても目立っています。特に「エクスプレスパッド」回りのクリアー部分。

0wacota_01.jpg

諸設定は、標準的で過不足無しって言うところでしょうか...

0wacotaimag_05.jpg

アートペンの方ですが、見た目には全く変わりはありません。とは言っても、付属ペンには、
ラバーグリップを付けていますので画像は違っています。

0wacota_02.jpg

こちらも付属の標準ペンと設定項目には変化はありません。全く同じです。入力デバイス欄に
マーカーと表示されている程度の違いしかありません。

0wacota_03.jpg

Photoshopを起ち上げて、ブラシの設定をしてみると回転項目が選択できます。
アナログではペンの回転技は、よく使います。設計製図でも回転技は必修なんです。
なので、やはりこの回転機能は、標準ペンに是非、装備していただきたい機能です。

0wacota_04.jpg

判りやすいように長方形のブラシを使って回転させながら横に線を引いてみました。
願わくば、現在回転している角度が逐次表示させられるようにならないものでしょうか?
回転の状態が書かれた画像で後追い認識するのは、やはりアナログ感覚からは
チョット馴染めないものがあります。でも回転するって、とっても良い感じです。

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1389-21c7af14