FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ILLUSTRATOR PHOTOSHOP BOOK
PHOTO5_01.gif

手前味噌ですが、既に廃盤になったスーパーガイドをオークションなどで見かけると
落札しようとするのですが、運悪く高くなってしまう場合が多いのです。
中には、もっと安値で落札出来る場合もあるのでしょうけど、この時も開始価格が
100円だったのでチェックしていたんです。ところが土壇場でアッという間に
この金額・・・送料もあわせると定価に近くなってしまいます。


BOOK_0001.gif

そこで、アマゾンで調べてみると・・・
あらら、既に絶版になっている書籍は軒並み定価より高い値段が付いてます。
見本で頂いても営業に使ってしまって手持ちが無くなっている書籍を少しでも安く
手に入れようとしているのですが、なかなか買えません^^;
著者としては、とても嬉しい事なんですけど、こうなるとオークションで
頑張って落札したほうが安く手に入れられそうです。

テーマ:古本 - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント
コレはちょっと問題ありですねぇ。
小説なら文庫本サイズで再販なんてのもありますが、う~ん、どう解決するのが良いのでしょう??しかし著者に落札されるとどんな気分なんでしょう??
【2006/05/19 17:27】 URL | (=゚ω゚)ノ!! #BEdSOiGg [ 編集]

秀和曰く絶版になった書籍は裁断して処分する?らしいのですが・・・
毎回数字が合わないのが気になります^^;それはそれで不思議。
しかし、秀和の担当が変わったイラレ9以降、増刷しなかったのが痛かったと思っています。
それにしても、本当の所はどうなのか?世の中判らない事が多いですよね。

落札した時、言ってきた出品者様は、今のところいらっしゃいません^^;
ご存じだったかも、あえて触れていないので不明です。
【2006/05/19 18:26】 URL | Yukio #- [ 編集]

「うめぼしの謎」と言う2巻で不人気打ち切りになった三流4コマ漫画があるのですが、これが一部マニアにオオウケでして、オークションで定価の10倍以上の高値になったのを見た作者・ファンが出版社に掛け合って再刷させたという話があります。(たのみこむだったような…) 作者さんとしてはオークションの値段がとても歯痒かった様でして、いやいや不思議なものですね。(観賞用と保存用に2冊買った僕ww)
【2006/05/21 23:26】 URL | くじ #- [ 編集]

世の中不思議な事がありますよね。それにしても定価の10倍は凄いですね。
私も三流扱いだったのかしら^^;あっオークションで10倍もいかないから
三流以下かもしれませんが・・・
【2006/05/21 23:58】 URL | Yukio #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/134-ef6201c2