♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バイオハザード5 BIOHAZARD5 感想
0baio_01.jpg

ここまで遊ぶゲーマーさん達もいらっしゃる^^;
さて、一応終わりまで遊んでみました...通り一遍しか遊んでいないので
感想を書くのも、おこがましいとは思いつつも...まずは制作者様達、
大変ご苦労様でした。お仕事とはいえ、大変な作業の連続だったと思います。
それにしても、ここまで創るのは大変ですよね...でもあえて...

0baio_02.jpg

どうもゲームの内容がアクションゲームに偏ってしまった感じがします。
バイオハザードっていうより銃撃戦に近い感じです。ホラーじゃないよね。
操作も今回は変わってしまったのですが、それは慣れの問題で良いのですが、
クイックターンが決まるときとダメな時が有りすぎます。またペアでの
行動が基本なんですが、これがどうも困る事が多いのが正直な感想です。

勝手に行動し過ぎる!お前が、もたもたするから死ぬんだ!的な事が多い。
それと弾の無駄遣い!まあ、現実も、それに違い事が多いから仕方ないか...
バイオシリーズは、全て遊ばせて頂きましたが、今回は、ちょっと「?」と
思いました。そう、多くの方が思っている「怖さ」が無くなって、モンスター
退治的な内容になってしまいました。アクション性は高くなったんだけどね。

0baio_03.jpg

映像的には素晴らしいのですが、進行が単調。映像はハリウッド仕込みで凄い!
でも、面白さには半減しているような印象。最後のウェスカー戦が全てを
物語っているかもしれません。これって海外での評価は上がるかもしれませんが、
これまでのシリーズとしては、あまり面白く感じませんでした。それに世界が
狭い。インターフェースに慣れたら、あっと言う間に終わってしまう内容。

アイデアは、マトリックス、T2、SW、エイリアンなどからモロに影響を受け
新しい視点、話しの展開がが無いのが残念に感じました。これが日本人の限界?
なのかもしれません。と言いつつ、映像的な売りはハリウッドに頼っているのが
余計に痛い。ハードソフトの進歩で映像、音場の進歩は良くなるのは必然的流れ...
ファンとしては、それらが、このシリーズの売りである「恐怖」に繋がる内容を
期待しているという事を忘れないで欲しいと思います。

創るのは大変、消費するのは、あっと言う間。批評も簡単なんですが...やはり
最初のアイデア、「ゾンビ」ってのが有ったはず。いくら映像が素晴らしくても
例えゲームであっても、そこには世界観ってのが大切でしょう?初心に帰って
制作スタッフには、何故「バイオハザード」なのか考えて欲しいと思いました。
この内容って映像的には異なりますが、基本はトゥームレイダーっぽいよ^^;
それならトゥームレイダーのアクション性の方がゲームとしては良いと思うから...

そうそう、コスチューム変更も以前は、ムービーでは変更後もスタンダードな
映像でしたが、今回はムービーまでコスチュームの変更が反映されていました。
お楽しみなので、ここでは映像は掲載しませんけど^^;またネットでの楽しみは
時間的に、少々無理なのでパスさせていただきました。

0baio.jpg

初代とGameCubeでの初代リメイク版だってやっていますよ^^
コードベロニカも初代ドリームキャスト版とPS2でもやりました。
バイオハザード / ダークサイド・クロニクルズを楽しみにしていましょう!

そして、こんなのも有りました^^;
DEADRISINGゾンビのいけにえ

テーマ:バイオハザード総合 - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1307-28ed6fc3