♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



BIOHAZARD DEGENERATION 感想
ゲームをしている方にとっては、楽しめる内容にはなっていましたが、
どうも展開が、ありきたりというか、細かい所には、整合性を求めて
シナリオを作られたようなのですが、映画という観点から見ると
やはり、面白さ、意外性、なによりキーワードとしての恐怖が、
感じられないのが残念でした。
 
3D/CG全編にわたったリアル系映画には、「ベオウルフ(Beowulf)
が、ありましたが、同映画もモーションキャプチャを、ふんだんに使って
人間の全体の動きは素晴らしいのですが、結局サンプリングポイントが
少ないので洋服の動きや細かい所が、不自然なんですよね^^;
それは、サンプリングの精度とclothなどの機能アップが問題を
解決するとは思いますが、物語だけは、そうはいきません。

biohazardシリーズの終盤戦は、毎度この手の展開なんですが、
物語という観点から制作して欲しかった、具体的に言うと...
Night of the Living Deadを踏襲しつつ、3Dならではの視点があると
楽しかったと思います。なんか最後は怪獣映画っぽくて^^;ゲームなら
許せても映画としては面白さが、半減と言うか、またしても...って感じになります。

確かに人物の表情など、拘って作っているのは、判るのですが...
だからと言って、3Dで作るから凄いって事にはならないと思うのです。
合成技術をフルに生かして、人物などは、生身の人間で他は全てCG!
って行き方も、ありだったと思うのです...なにより脚本に力を入れて
映画としての完成度を上げ、映画作品として真っ向勝負して欲しかった...

と言いつつ、biohazard5の映像は、そそるものがありました。
格段にカットや映像がレベルアップしています。って事は、ゲームに沿った
映画に拘るなら、話しの内容に重点を置いて、biohazardシリーズ最初
のゲームをベースにし、そこにゲームでは表現しきれない、怖い物語を
織り込んで、より物語として深い内容って手法の方が正解だったのでは?
それならゲーマーも、そんな世界観が有ったんだと納得したり、感心したり
より深く楽しめると思うのですが、如何でしょう?

どうも日本のSFアニメっぽくて、やたらと能書きや、世界観を演出している
つもりの説明的な内容に固執して、物語として、映画としての表現を見失っている
そんな、感じがします。世界観を表現するのなら、やはり映像や物語の進展で
語らせるべきで、どうとでも解釈できる能書きは必要ないと思います。
最初に3D/CGありきより、ゲームも映画と同じと感じさせる、説得力が欲しい!
これって、一時、裁判で争ったキーワードでもありますよね...

人物が描き切れていないから、感情移入が出来ない。って面もあります。
これは、特に日本人脚本家の最も弱い所。っていうかストーリーの流れも
複数平行に、もしくは時間を超えつつ展開していく方法を採用すべきです。

多人数で、議論を交わして物語りを組み立てるのではなく才能のある少数の
人間で濃密な物語を構築すべき。民主的な制作方法は非常に日本的です。
やはり、能力のある人材を登用し、絶対的な権限を与えた少人数で
物語りは制作すべきです。それが出来ない日本固有の問題も垣間見られます。

結果が出せなかったら責任を負わされるかもしれませんが、それは末端の事。
やはり、結果が出せれば、世界的パイになるのですから、そう言った優れた
才能の有る方を認めて積極的に登用していくべきではないでしょうか?
そして、それなりの待遇ってのが保証されるべきです。皆同じってのは幻想。
能力そして、その結果こそが評価される土壌が必要なのではないでしょうか?
やはり牽引できるのは優れた才能以外あり得ません。音楽やデザインを含む
創作する世界では民主主義は堕落の道と肝に銘じるべきだと思います。

民主主義と言いましたが、似非が付いています。そうもっと言えば社会主義では
駄目!なんです。そして既得権益ばかりを行使していは世界から取り残される。
ブログを御覧頂いている方から、ゲーム中のムービー関連はハリウッド産らしい...
私は、全て国産で頑張っているものと思っていたんですが...悔しいです。

それにつけても主役級のキャラは、どなたも美形。それも日本人好みの美形ですよね...
そして、陳腐な恋愛など必要ないでしょう?女性も異常に胸が大きい^^;
なんか、やっぱりその辺が、幼いんだよね。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1186-f9c9d17a