FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ProTrack Handheld Stereo Recorder for iPod
protrack_01.jpg

XYステレオマイクが、なかなか格好いいじゃないですか!
と言っても、私が持っているのは、iPodTouchなんで使えません。
スペックなどは、リンク先を御覧ください。
16-bit, 44.1kHz or 22kHz stereoで録音できるそうです。
XLR-1/4" inputs装備だし、なかなか良さそうです。

生録と言えば、新デジタル世代になってEDIROL R-09 を持っていましたが...
アナログでは、長時間録音をしようとすると、10号リールが精々...
デジタルって、凄いんですけど、その恩恵ってどれほど有るのかな?
今の世情を考えると、あまり豊かになっているとは思えませんね...

protrack_02.jpg

また、デジタルになって、小型ってキーワードもガラッと様変わりしました。
SONYなど、以前なら枯れた技術を小さくする技術で一世を風靡しましたが、
デジタルになって、今まで、これらの小型録音機を製造販売する会社が
楽器メーカーが担うようになってしまいましたね...

現在は、このR-09 も手元にありません。昔ほど生録音をする機会が無いし、
SEも豊富に用意されているので、あえて録音して使うって事も少なくなりました。
そう、昔は、音効さんとか商売も、随分替わってしまったのでしょうね...
デジタルになって、進歩した事は数多く有りますが、それによって恩恵は?

なぜ新デジタル世代と言ったかと申しますと、初代デジタル世代の機材と言えば
SONYのPCM-F1を語らなくてはならないからです^^;この機材は、音楽コンテスト入賞賞金で
購入したんです。当時は、デジタル録音とえばビデオデッキと、このプロセッサーがセット!
この機材は、随分活躍してくれました。

そうそう、民製用ポータブルビデオと言えば、昔は、カメラとビデオは離ればなれだった^^;
そう、こんな大きな機材一式を担いで撮影したものです。ビデオ本体は、雨風にも負けない
プロテクトケースなんてもの有ったんです。これは、その昔の機材をアナログ写真で取った物。
それをフィルムスキャナでスキャンした画像です。

プロ用録音機材も、昔から日本製ではなくSTELLAVOX SP-7NAGRAなんですね。
スタジオマルチも、アナログ機材は、StuderA-800MK1&MK3 24トラック-アナログマルチ
だったりしました。今ではスタジオ機材メーカーもガラッと変わってしまいました。

黎明期のデジタル世代では、STUDERもSONYも頑張っていたんですけどね...
新世代になって、全ての業界で、大変革が起きてしまったようです。デジタルって...

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/1174-08f209eb