♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



富士通テン ECLIPSE エクリプス TD508
0td_01.jpg

最近、メインで使っているJBLでは殆ど聞かない...
聞くときは、5.1chを活用するフォーマットぐらい。
通常は、ながら聞きとなってしまうため、iTunes経由となる。
現在まで樽スピーカーで満足していたのですが、
ちょっと気になるスピーカーが手に入ってしまった!
その正体とは、この卵型スピーカーです。
 
0td_02.jpg

確かに体で聴くって言う感じではありませんが、音の粒立ちは
特筆ものです。これって俗に言うスピード感って言うのでしょうか?
立ち上がりが良いんです。そして自分で作った音を聞くと
イメージに近い音場を再現してくれるのにはビックリしました。
そんな、タイムドメイン理論ってのは、こちらを御覧ください。

ちょっと判断しにくい楽器の定位を再現していたのですよ^^;
エコーとリバーブも良い感じに再現しているし...樽スピーカーも
再現力は良かったのですが、それを遙かに凌ぐって感じです。
そりゃ、お値段が全然違うので樽スピーカーのコストパフォーマンスは
素晴らしいって事になりますけど、それとは別次元でした。
最新のECLIPSE TD シリーズは、こちらを御覧ください。

0td_03.jpg

これは、主観ですので全ての方が同じ感想を持つとは思えませんけどね。
ディスクトップでの再生って事を考えると贅沢な音だと思います。
一時はBOSEのM3,M2なんて物色していたのですが、それよりお安く、
この音質は、文句の付けようがありません。型番は、TD508ですが、
小音時の音質は素晴らしいです。奥行きがあって広がりがある。
よく言われる低音の少なさは気になりません。と言うより要求するべきじゃない。

00_AA150_.jpg

ただ、このスタンド、なんとかならなかったのでしょうか!上下のあおりが効かないんです。
なので作業している方向にするために考えないと...ちょっと角度を付けられれば良いのに...
その点、BOSEのMシリーズは、潔く傾斜を付けたデザインとして採り入れていますよね。
こんなのを買って脚にはかせるのは趣味じゃないし、それに高価すぎます。デザインも×

アンプは、おんちゃんさんが作ってくださった真空管アンプに繋げていますが、素晴らしい!
とっても良い感じで鳴っています。小音量で聴く限りにおいて、とても素晴らしく鳴ってくれます。
角度さえ付けられる脚があれば文句の付けようがないのですが...デザインも気に入っています。
この上の型番より、小音量なら勝ると言われているだけにディスクトップでの再生はピカイチです。

って事で、多重録音のミックスモニターとしても十分その役割を果たしてくれそうです。
特に最近では、大型オーディオ装置では聴く人も少ないし、このぐらいのシステムで
ミックスした方がバランス良くできるのでは?と思います。特に低音の扱いは
ミックス時も再生時にも難しいものがありますから...

非常にスピード感の有る音で、自分で作ったも意図としている音場に近い再現していて感激です!
ドラムサンプルで作った小品も、良い感じでした。
聞き直すソースが、全て新鮮で、いやぁ~またしてもスピーカーで、こんなに違うとは...
それも小音での再生装置も奥が深い!そして音の一つ々が鮮明な世界です。
大音量で聴くのとは全く別な世界だと思います。改めて...若いときは大音量で聴いていましたが、
小音量で、聴くのって、微妙な音の変化が良く判るんですよ!

この上のクラスだと、ディスクトップでの扱いには、チョット大きさ的に難しいと思います。
こちらをごらんください。ここまで大型だと無理ですよね^^;
音は良さそうですが...

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽