FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Oculus Go Standalone Virtual Reality Headset - 64GB
VR_01_201904302019357f0.jpg

I purchased it directly. There is a sense of reality, but there is also a sense of obstruction. Experience is necessary to know future possibilities.

こればかりは体験しないと判りません。既にVRは、PlayStation®VR で体験済みです。こちらはバイザーだけで他の機器に接続するコード類は全く必要ありません。ソニーのはコードだらけで結構、使い勝手が面倒です。遊ぶための用意が大変w


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Reason 10.3 CX-A5100 最新ファームウェア(Ver.2.65)
reason_00_201904201933094db.jpg

Reason10既存ユーザーは無料でアップデートできます。Reason 10を起動するだけで10.3に自動更新されます。なので、ここでは敢えてリンクはしていません。Reason 10を起動すればアップデートの注意が現れます。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

1/144 2001 Discovery メビウス 1/144 2001年宇宙の旅 ディスカバリー号
2001_11.jpg

メビウス 1/144 2001年宇宙の旅 ディスカバリー号、国内だと、Amazonで価格: ¥ 23,542
メビウス 2001年宇宙の旅 スペースポッド 1/8スケールは、¥ 35,973となっています。

店に依って変動は有るものの結構な値段です。他のネット通販では、それ以上の価格で販売しているのはザラです。スペースポッド 1/8の方は、まだ、22,630円ほどで手に入りそうです。1968年に公開され、映画史にその名を残す名作「2001年宇宙の旅」そこに登場した宇宙船と、その中に有ったEVAポッド。プラモデルは中学時代に父親に全て破壊されてから本格的に創るのは久しぶりw このシリーズは入手しない分けにはいきません。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Internet starter kit for Macintosh
net_00.jpg

この書籍をご存知の方は少ないでしょう!画像をクリックすると、当時を偲ぶ記事を PDF にて読むことができます。この書籍は1994年に出版され既に、 Second Edition です。私は初版を読んでいます。そして当時からネット接続を果たした人はどれだけ居ることでしょう。当時、日本でも、やっとインターネットマガジンが登場しています。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]