FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



BOSE QuietComfort2 経年劣化
bose_head_01_2017012316575696f.jpg

BOSE、ノイズキャンセリングヘッドフォン QuietComfort2 の経年劣化が始まって既に半年。以前、からプラスチック部分が脆くなってチョットした衝撃や、強い力が加わるとヒビ割れなど起こしやすくなっていた。床に落とそうものなら毎違いなく壊れる程度まで進んでいる。そして今回、コードを引っ掛けて落としてしまった!約4年ほど前に、耳パッドを交換したりして新品を購入してから12年も使っている訳ですw


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Tokyo: The World’s Most Uncomfortable Commute
PPHOTO_01.jpg

Tokyo: The World’s Most Uncomfortable Commute

I would like to hear your honest opinion about this…

日本の大都市に存在する「日常」の実態を、こういった写真で紹介されてしまう自国の状況にウンザリする。赤の他人と密接する異常。「悲惨な生活だ」と言われても仕方ない。我々日本人(都会人は)は、生きる為に我慢するしか無いと刷り込まれている。「もはや戦後ではないといわれた1956年から4年経っていた、そんな時代の映像から...


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Arturia V Collection 5 Piano V
PianoV_01.jpg

Arturia V Collection 5 を去年の暮にアップグレードしたのですが、Piano V が、PLUGINとして、どうしても読み込まなかった件、 Logic Pro の初期設定から再度、読み込み直してみたら...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Rosetta Vangelis
vangelis_01.jpg

今年、ブログ更新が遅れ気味です。決して仕事が忙しいとか言う理由ではございません。体調が悪いという訳でもありません。単にウダウダしているだけですw AVENTAGE CX-A5100 MX-A5000 による Dolby Atmos 音場による映画三昧というw やはり、その効果は絶大!そんな、こんなで遊びまくっています(笑)。それは三が日に限った事ではありませんがw

海外からやっと到着!前作、映画音楽、アレキサンダーから12年ぶり、オリジナル・アルバムとしては2001年以来の新作「Rosetta」。さて作品ですが... 出音で彼、Vangelis氏と判るのが素晴らしい!音場も相変わらず洗練されています。プログレッシヴ・ロック系のお爺さん連中が新譜を発表していましたが、そういった類の作品とは一線を画す内容です。そこは、やはりソロ活動の強みなのでしょう!


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]