♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ヤン・チヒョルト展 2013年11月 DNP銀座ビルggg
0JAN_01.jpg

Jan Tschicholdの頭文字の「T」が、今回、再び話題になっている。それにしても暇がないほどに盗作証拠が出てくるものだと感心する。詳しくは。「佐野研二郎エンブレム原案はヤン・チョルト展からパクったことが判明!同時に佐野研二郎が展覧会に行っていた証拠も見つかった!」を御覧ください。何度も書いていますが、音楽と同様、偶然の一致など有り得ません。単純なアルファベット故にデザイン的に簡略化?象形化を施せば似てしまう可能性も有るというのは詭弁。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

佐野さんの件について思うこと
佐野さんの件について思うこと
こういう事をダラダラ要点もまとめずにタレ流し的に書く奴とか…

広告関連の仕事をしてるFBの知り合いから流れてきた...こんなリンク何故するか?理解に苦しむ。程度が低すぎる!反吐が出る!

名実ともにProfessionalなら、盗作はしないよ。何年、あの仕事をして来たんだよ奴は?そんなガキみたいな言い訳が通用するか?冗談じゃない!それだけの仕事を受けた時点で覚悟を持ってやるべきだろう?それまでの経歴も含め... そうじゃなければ、それほど大仕事は回ってこないよな?普通...
[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

佐野研二郎 氏 その 相関図 50億円も使って公募 その50億円の行方は?
7f652d33.jpg

画像をクリックすると多少大きく表示されます。

クリエイティブの根幹に関わる重大問題でしょうね!結局、昔から、この土壌は、なんら変わっていない。しかも、こういった関係が明らかになって、それ以前に謝罪はしたと言えるのか?とても「謝罪」言えるような内容ではありませんでした。とは言え、「謝罪」とは...ここにも書かれているように...「儀式であって問題の解決でない」 更に、こういった関係が有っての仕事の流れ...他人ごと?とんでもございません。これこそ、この業界の悪しき習慣がネットにより暴露されたに過ぎません。そもそも一般人には縁もゆかりも無い事です。

東京五輪エンブレム選考委員では50億円も使って公募していますが実は、審査員が元部下だったという結果になりっています。この国は、本音と建前の文化ですから、公募とは名ばかり。結局、身内デザイナーが賞を受賞、さて、50億円の行方は?そりゃ美味しいですよね?笑い事ではありません。我々の血税ですから!

その上で、このような構図を、一般人の我々に、どう説明がつくというのでしょう?正に金の成る木、既得権益層的な錬金術とでも言うのですかね?これだから、やめられないよね!こんなに短期間で、億の単位を稼げるってどんな仕事?パックリ・アッサリと稼げるのは一般人では、まず有り得ません。この様な金の流れも徹底的に追求する必要が有ります。公金ですから!

【佐野研二郎】博報堂の利権とコネなどの疑惑まとめ【オリンピック審査委員メンバー】
こういった内輪で仕事や受賞者を回しているという実態。まともにやっている人達が、とてもじゃないけれど、やっていられないような現実ではないでしょうか?オリンピックロゴデザイナー達のほとんどが博報堂の関係のデザイナーで固められているのは完全に独占状態でしょ?それで、まともな競争社会とでも言うのでしょうか?

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実
4号機が爆発した本当の原因と東電がそれを隠す理由/フランス・ドイツ共同の国営放送局 ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」(日本語字幕)


フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 投稿者 IAppealToYou

一人でも多くの方に観て頂きたい。こういった実態とかけ離れた報道を信じ、福島原発事故は収束していると勘違いしている。それどころか最初から大惨事。しかも収束するどころか被害は拡大しているという実態が、ここに映しだされている。

まさに戦時下や戒厳令下などにおいて、報道の内容が政府もしくは軍部によって統制される「報道管制」が敷かれた状態。全くの嘘を流している。北朝鮮となんら変わることが無い、この国の現状を欧米の関係者は直ちに理解しただろう。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Go Stomu Yamashta
0go_01.jpg

1976年ですから、もうすぐ40年も前のアルバムになります。面子が凄い!スティーヴウインウッド、クラウスシュルツ、マイケルシュリーヴ、アルディメオラ、パットスロール、ロスコージー。邦楽は殆ど聞かないというより一切、聞かない私ですが、こういったアルバムは絶対に聴いていました。当時ですから当然、LPレコードで購入しています。長い間、CD での発売がありませんでした...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Apple Watch band
A_watch_01.jpg

Gold Plate your Apple Watch にしたので、バンドも変えてみました。あまり成金趣味じゃないタイプ。これだと軽くて良い感じです。白のバンドだと全体的に弱い感じですが、これだと色合いもゴールドに合っているのでお気に入り。 でも!やはり金となれば...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

普遍的なDesignとは?
8a2f4686-s.jpg

普遍的なDesignとは?
音楽でも同じような事が日常茶飯事に起きる日本。

既にFacebookでは先月に書いたネタだが...その、まとめとして。

いずれの場合も、観た、聴いた瞬間に...「あれっ!」って大元を知っていると即、感じるもの。よく馬鹿なカタカナ英語が好きな業界人や馬鹿ガキがリスペクトとか言うけれど、それはカタカナ英語で少しでも醜さを覆い隠す何時もの日本人が好きな手法。幼稚な誤魔化しに過ぎない。全くのゼロからの創造という事は無いのだけれど、創造というからには、ある一定の品質というのが問われるのは当然の事。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

多重録音 TASCAM
0_80_00.jpg

今の宅録環境は、コンピュータに依って随分、素晴らしい環境が用意出来るようになりましたが、ハードも、なかなか素晴らしい機器が出ています。例えば、この機材「TASCAM DP-32SD」。8トラック同時録音、32トラック同時再生というもの。パソコンなしでレコーディング、音源制作を実現したMTR環境です。しかも、リバーブをはじめとした空間系エフェクトまで備わっている!夢の様な機材です。何故なら...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]