♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Xpand!2 Little Plate Soundtoys 無償配布
Little-Plate-free.jpg

プレートリバーブの名機「EMT 140」をエミュレートしたSoundtoys 「Little Plate」が11月22日まで無償配布

通常価格99ドルだそうです!昔、若い頃w Reverbが欲しくて、アキバに言ってSpring・Reverbのユニットを購入して自力でReverbを作って録音した。そんな事をしなければReverbって手軽には使えない時代。リバーブユニットって、こんなの。

img_0_20171111204435f94.jpg


今は、こういう恵まれた時代なのでしょうか!ECHOだってテープ式しか無い時代、Reverbだって殆どがSpring式だった。それが、プレートリバーブの名機「EMT 140」ハードウェアリバーブをエミュレートとは言え使える!しかも期間限定ではあっても無料!貧乏な私はw速攻で手に入れました。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

野外収録 Professionalとは? 35年ほど前の話です。
14086474_1258848384148710_4907956745804611223_o.jpg

集音には欠かせないMicrophone、この世界も、やはり国産より欧米産の製品が主流です。これは野外での収録に欠かせないセット。その昔、Laser・DISCが流通していた頃、アメリカでの収録に行って欲しいと当時、スピリットに在籍していらした田母神氏から頼まれました。そんな流れ、以前から収録を手伝った事も有って協力する事に… その後日、もう一人、同行する人間にもイロイロ教えて欲しいという事に…

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

EL&P TARKUS
tarkus_01.jpg

なんと46年前の曲、そのimageとして使われたTarkusという架空の動物?こういった創作力、当時のROCK曲を比べると、やはり発想と技術力の違いが雲泥の差という事を理解できる。そういった人材が生まれる環境そのものも違う!これはすなわち企業、社会の成り立ちまでも同様の視点で観れば、今の日本が何故、疲弊しつつあるか理解できるはずなのに...

そういった根本、創造という本質を理解できていないのが、この国の基本的な欠陥。振り返って、1971年当時の邦楽を思い出して欲しい。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

ギターシンセサイザー Roland GR-500 GS-500
SYNTHESIZER_001.jpg


1977年の当時、33万円。ギターシンセサイザーRoland GR-500が、ギターコントローラーGS-500と同時に発売されました。Guitarと本体とは24ピンケーブルで接続されますが、そのコネクターもゴツく、ケーブルも太かったw 「POLYENSEMBLE」はジャーって言う感じの音で、それほど良いとは思えませんでした。基本、単音です。外部音源を使うのを想定されているので、本体だけの音色は、それほどVariationは多くないです。



[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

音楽関連 Logic Pro X INTEGRA-7 Editor Ver.2.0.3 for Mac 
studio_01_2017061115183791e.jpg

音楽関連も常にUpdateしておかないと!そして使用方法を理解していないと思うように使えません。なのでコンピュータが絡む道具は逐次、新しい機能やVersionに気を使わないといけない!結構、管理が大変です。新しい機能が増えれば、当然、使い勝手を知らないと有効活用できませんものねw それは当然、PLUGINにも及ぶ事です。なので膨大な量になります。



[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

V Collection 5.3 is now available
arturia_01.jpg

Dear Yukio,

We’re thrilled to announce that after months of tireless planning, coding, and programming, the latest free update to our award-winning V Collection is now available.

I got an e-mail for upgrading.



[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Arturia V Collection 5 Piano V
PianoV_01.jpg

Arturia V Collection 5 を去年の暮にアップグレードしたのですが、Piano V が、PLUGINとして、どうしても読み込まなかった件、 Logic Pro の初期設定から再度、読み込み直してみたら...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Rosetta Vangelis
vangelis_01.jpg

今年、ブログ更新が遅れ気味です。決して仕事が忙しいとか言う理由ではございません。体調が悪いという訳でもありません。単にウダウダしているだけですw AVENTAGE CX-A5100 MX-A5000 による Dolby Atmos 音場による映画三昧というw やはり、その効果は絶大!そんな、こんなで遊びまくっています(笑)。それは三が日に限った事ではありませんがw

海外からやっと到着!前作、映画音楽、アレキサンダーから12年ぶり、オリジナル・アルバムとしては2001年以来の新作「Rosetta」。さて作品ですが... 出音で彼、Vangelis氏と判るのが素晴らしい!音場も相変わらず洗練されています。プログレッシヴ・ロック系のお爺さん連中が新譜を発表していましたが、そういった類の作品とは一線を画す内容です。そこは、やはりソロ活動の強みなのでしょう!


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

MiniFilter V Plugin Boutique、SoundSpot 「MSW1」 期間限定で無償配布されました!
holiday_01.jpg

既に終わってしまいましたhがw ブログを更新する時間が無く、遅れてしまいました!そんな機材がDigitalとは言え無料で配布される時代!利用しない手はありません。とは言っても仕事が忙しいと、そうそう音楽制作など趣味的な事は後回しになってしまいます。でも、取り敢えずは使えるようにしておくのは重要(笑)


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Arturia V Collection 5 99,00 €
V_01_20161222130648cb6.jpg

99€ for V Collection5 という連絡が来ていました!今回追加されている音源は...

Synclavier V, B-3 V(Hammond), Stage-73 V (Rhodes), Farfisa V and Piano V 特にPIANOとSynclavier V, B-3 V(Hammond)は、かなり、そそります。以前にバージョンアップの連絡は有ったのですが、グッと我慢していたいのですが... 99€という誘惑...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

昔…「FM 多局化時代を迎える」と言われていた…
joqr_01.jpg

昔…「FM 多局化時代を迎える」と言われていた…

その前に、こんな懐かしい曲が聴けるとはw なんと凄い時代!

しかも世界各国の放送が、簡単に聴けてしまう!正に昔なら夢のような現実!

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Greg Lake, legendary prog rock bassist, dies aged 69
ただただショックです。

As Greg sang at the end of Pictures At An Exhibition, "death is life."

May his soul and the souls of all the departed faithful by God’s mercy rest in peace.



King Crimson w Greg Lake-Cat Food-Top Of The Pops March 1970


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Loud Hailer Jeff Beck
jeff_01.jpg

前作『Emotion & Commotion』も、速攻で購入していますが、今回は又、異なる面を強調してのアルバム。御年72歳、それも伊達にGuitarを続けてる訳じゃない!音を聴くと直ぐ判るほどの色が!まだ聞いて日が浅いので本当の良さは判っていないと思うけれど... それにしても引き出しの多さもさることながら創造への拘りが凄い!OPENING一発目の「The Revolution Will Be Televised」導入部分は期待させるねぇ〜w

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Music CONTEST コンテスト
ENTRY_01.jpg

これまで多くの音楽コンテストに応募し、入賞した経験があります。だからと言って恵まれた環境ではなく、楽器は自腹で購入できるようになるまで手に出来なかった!PIANOは家に有ったけれど、妹の為。私は、遊びでも使うと怒られたw 高校になってバイトが出来るようになって、やっとGuitarを手にするという... だから人より出遅れ。しかも基本が全く無く独学。今では、PIANO、Guitar、Base、Drumsなど特にPIANO、Guitarは、ヘタなりに毎日、練習はしていますがw

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Gizmotron って知ってますか?
GIZMOTRON_01.jpg

Jimmy Page氏が有名ですがw Violinの弓で弾く?のは有りましたが、10CCのKevin Godley氏と Lol Creme氏によって考案されたものです。写真の様なATTACHMENT式で、Guitarの6弦に6個の歯車が接触する小箱をボディーに装着して、回転する歯車により各弦が摩擦により連続音発生するという構造。

20150427_814165.jpg

こんなのが各弦に対して回転しつつ接しているという構造。その摩擦で持続音を発生させる構造が、Gizmotron なのです。詳しくはリンク先を参照してください。欧米のMusicianは、自分の色を出す為の努力を厭いません。国内のような安易な方法は無い厳しい世界です。なので、それを厳しいとは感じない天才肌の人材が出てこられるのです。その辺り、国内は、お坊ちゃま、お嬢様が多いからね...無理。故に世界では通用しない。これは、どの分野でも言える事かもしれませんが...


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Zampler//RX
Zampler_00.jpg

Free Diva sound bank for Zampler//RX
って言う事で、早速、手に入れた。
この所、無料の音源が沢山、揃ったw

インストールして起動、ファイル等、手動でいれないとダメみたいだけれど、説明書が付いているので大丈夫w 音源ばかり増えても使わないと意味ないからね...

暇を見つけて曲を創ろう!久しぶりに...

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

「OB-Xd」
discodsp-ob-xd.jpg

「OB-Xd」が無償配布されているとの情報を得たので早速、ダウンロード!インストール!当時、この機種も高価で買えませんでしたw それが今の時代、PLUGINとは言え無料!凄い時代です。普通に起動させると現行Versionの画像が使われます。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

u-heが開発したFM/PDモジュラー・シンセ「BeatZille」
BeatZilla_01.jpg

独Beat誌、u-heが開発したFM/PDモジュラー・シンセ「BeatZille」を無償配布中! Mac/Windows両対応、VST/AU/AAXをサポート こちらから情報を頂きました!期間限定の無償配布のようです。手に入れたい方は、早めのダウンロードを...

という事で、早速、ダウンロード

無料という事で、それほど期待はしていなかったのですが!「Bazille」の129ドルという有料版。ライト・エディションとは言え、基本機能はそのまま、各モジュールの数やポリ数が限定されているそうですが、なかなか楽しめます。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

McPherson Guitar MG-5.0XP
McPherson_01.jpg

生ギターと言えば!多くの方は、MARTINでしょうね!私も、憧れは D-45 これは年代により相当な実売価格の開きがあるようでw そこまで拘るほどの腕前ではないので関係有りませんがw それでも中古でさ、30,40万は下らないという高価な楽器になります。今回、手に入れた(大分前ですがw)のは、McPherson!ハード・ケースから、只者ではない漢字がします。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Pink Floyd Special Stamps
PINK_01.jpg

ピンク・フロイド、英国で記念切手発売!

UKの郵便事業会社Royal Mailが7月、彼らのアルバムのジャケ写やライブ写真をモチーフにした記念切手を発売しておりました!どうしようか悩んでいましちゃが、やはり昔から好きなバンドです。記念切手だしw 直接、Royal Mailで購入しちゃいました。やはり手に入れない訳にはいかないでしょ!私の場合は特にw

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Apple Music(アップルミュージック)
music_04_20160710152004a65.jpg

少々、古い話。2015年7月1日より提供が開始された、Appleが提供する定額の音楽配信サービスのお試しをやってみました。当然、自動更新をオフにして初めていますw 3千万曲以上聴き放題と言っても、洋楽だけでなく、邦楽も含まれているそうですが邦楽は絶対に聞かないので関係ないですが... 知らない曲など気に入って曲が見つかるでしょうか?

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

BOSS Tuner App
boss_04.jpg

BOSS Tuner App をダウンロードしました。ハードで購入とかも可能です。これ、BOSS ボス CHROMATIC TUNER クロマチック・チューナー TU-3 など!でも価格: ¥ 9,720もします。このアプリの方が携帯も楽だし何時でも何処でも使えます。しかも本格的な使い方も可能なのです。それが無料!?そりゃ使わない手はないです。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

冨田勲氏が5月5月に逝去 享年84歳
0tomita.jpg


東京都立広尾病院で逝去されたとのこと。所属レコード会社である日本コロムビアから関係者に訃報が送られました。享年84歳。

Roland・シンセサイザー・テープ・コンテストで入賞して以降、何度かお会いするチャンスに恵まれました。その都度、貴重なお話を聞かせて頂きました。氏の考案された高さが加わった音場、ピラミッド・サウンドにて最新作品を聴かせて頂いた事は今でも鮮烈な体験として覚えております。

その後、多くの関連、コンテストにも入賞し、巨匠とお会いする機会を幾度か得ることが出来ました。一時は、この業界に足を踏み入れましたが...  初めてお会いした時、若気の至りで、生意気な事を言ってしまったのに、とても丁寧な対応をしてくださったのを思い出しました...

ありがとうございました。謹んで哀悼の意を表します。

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Sound Devices 702 Portable, High-Resolution Audio Recorder
DEVICES_01.jpg

このネタも随分前の話ですが... やはり本格的な野外録音機器となると、このSound Devices 702 という選択になってしまいます。ちょい聞き程度なら国産の機材でも十分だとは思いますがw やはりProfessional品質を狙うと、このクラスになってしまうという事でしょうか?

Sound Devices社は、1998年にアメリカのウィスコンシン州に創立された会社。その製品群には、映画、放送局、ポストプロダクション製作会社など高品質で高い耐久性を求める多くのProfessionalから絶大なる信頼を得ています。そう、やはり世界には相応の企業が有るのです。専門分野では昔から決して日本企業が一番な訳ではないのです。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

TASCAM コンパクトフラッシュポータブルレコーダー
HD_P2_001.jpg

TASCAM HD-P2 をブログに紹介したのは...なんと10年以上も前の話になってしまいました。HD-P2は、コンパクトフラッシュ・カードを記録メディアとした、ポータブル・ステレオ・オーディオ・レコーダー。サンプリング周波数は44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHzに対応し、記録量子化ビット数は16ビットと24ビットを選択可能。タイムコード・スレーブ機能とビデオ・リファレンス入力に対応し、タイムコードを必要とするENG用途に対応しているという優れもの!


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Gibson Les Paul Recording 1970
Recording_001.jpg

ボディトップ:マホガニー
ボディ:マホガニー
ネック:マホガニー
指板:ローズウッド
ネックジョイント:セットネック
ネックスケール:ミディアム
ピックアップタイプ:パッシブ
フレット数:21
色:キャメル
ナット幅:43mm
スケール:620mm
弦高:可変式
重量:約4.7kg
[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

1970 Gibson Les Paul Professional
Professional_01.jpg


Les Paul Recordingの前身モデル,Gibson Les Paul Professional 1970年製。'69〜'71頃まで生産されていた希少なモデル。「シカゴ」のテリー・キャスの他、ジミー・ペイジがレコーディングで愛用していたそうです。何故このモデルかと言いますと、最初に購入したエレキギターが、このコピーGuitar、GRECO PE-520 レスポールプロフェッショナルモデルだったんです。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Steinberger Klein GK4T Black Headless Guitar.
Klein_01.jpg

Headless Guitar と言えば、この Steinberger Klein を外す事は出来ません。今では入手困難なスタインバーガー・トランストレム・ギター弦です。そうなんです。弦も、このGuitar専用の弦が必要なのです。TransTrem トレモロ・ブリッジ機構が使われアーミング奏法時に、音程をそろえたままコードをなめらかに移調できます。とはいえ、それほど広まったわけでは有りませんがw ベアリング等の材質経年劣化により初期性能を維持する為の保守管理は必要なんですが...もう、部品も見つけられないかも;;





[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

The Teuffel Birdfish Guitar
birdfish_01.jpg

連日ネタにしている HEAD-less Guitar series この、The Teuffel Birdfish Guitar を忘れはしません!新宿にある楽器店で展示されていた、このGuitarを指をくわえて観ていたのですが、ある日、近くにある系列楽器店で展示されているのです。そんな理由でチョクチョク覗いていたら、なんとバーゲン・セールという時期に、格安販売されるべく展示準備が進んでいました。何か運命的な出会いを感じたので即、店長にご相談w

[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]

Yamaha G10 G10C Midi Guitar and Converter
Yma_01.jpg

なんと、この Yamaha G10 G10C Midi Guitar and Converter のセットを殆ど新品状態で手に入れる事が出来ました。ギター・シンセサイザー関連は黎明期の頃から手に入れていましたが、このモデルは手を出しませんでした。購入したのは、これ、Roland GR 500 Guitar Synthesizer でした。現在は、Roland MIDI Guitar Contoroller GC-10 も持っています。こちらは通常のピックアップは無く、完全に、 GR 専用です。


[to be continue 話の続きが有るよ!ここをクリック!]